『君と歩く世界』 2013年3月26日 丸ノ内ピカデリー

March 26 [Tue], 2013, 23:52
君と歩く世界』 を試写会で鑑賞しました。

予定ではマリオン・コティヤールだけだったんですが、ジャック・オディアール監督と
中谷美紀がゲストで登壇しました。
美女2人にダンディな監督でした。
中谷美紀は監督にディスカウントといって売りこんでいたけど、如何に(笑)

【ストーリー】
 南仏の観光施設でシャチの調教師をしているステファニー(マリオン・コティヤール)は、ショーの最中に事故に遭い、両脚の膝から下を失ってしまう。失意の彼女を支えたのは、不器用なシングルファーザーのアリ(マティアス・スーナールツ)だった。粗野だが哀れみの目を向けずフランクに接してくる彼と交流を重ねるうちに、ステファニーは次第に生きる希望を取り戻していく。

ジャック・オディアール監督の映画は初めてですが、監督の作風なのか
カメラワークが巧みすぎて、、、固定カメラが少なく、殆ど手ぶれで
カット割りも細かすぎてせわしない映画だった。
たまたま前の方だったこともあり、見ているのが辛かった。

冒頭に書いたとおり、マリオン・コティヤールはベッピンで、
ノーメイクな感じでも十分良さが表れていた。
彼女がなぜあの男に惚れてしまうのか、何となくわかるなと、、、
何かにすがりたいときに、たまたま、居た人が自分には居心地のいい人だったってあるよね
でも、廻りからは良く見られない。実際は駄目な人間なんだけど、
どこかに光るところがあり、それが気に入ってしまったってことでしょうかね
もちろん、S●Xの相性もあるんでしょうし、そんな自分を快く受け入れてくれる人だったのも
あるんでしょう。

個人的には良い作品なんだけど、もっと、じっくりと観たいので、
固定カメラでしっかりと表現して欲しかったなと思いました。
なんとも勿体ない映画な気がします。


 ↓良かったら押してください
blogram投票ボタン



  • URL:https://yaplog.jp/yutarou/archive/1110
Trackback
Trackback URL


マリオン・コティヤール主演。
シャチ調教師のヒロインが不幸な事故で両足を失うも、シングルファーザーのアリと出会い、生きる喜びを取り戻していく…。
そうか、足がなくても人間泳げるんだ。アリが何気なくいった言葉でひきこもりだったステファニーも海で泳ぐ気持ちになる。気がつくとなぜか共にいた二人。何でも無頓着で勝手なアリとの新しい数々の体験。でもこれ感動作って感じじゃなかったよね^;
生々しい、セックス、闇格闘、欲望。ダンスホールで周りの女性のミニスカートをみて、何気なくはおっていた服を足にかかける繊細な気持ちは共感できるところですが。
結局従業員を見張る機材を取り付けていたことがばれてアリの姉の仕事がクビになってしまう。全てを置いて一人出て行ったアリだが、数ヶ月ぶりに息子と再会、氷上で遊ぶも…予想通り、息子は氷下に落ちて拳で氷を割ってアリは拳を骨折してしまう。拳の骨って一度折ると元には戻らないんですね。
これ、ステファニーが主人公というよりはアリが主人公であり、生きる喜びを見いだすのもアリのほうではないのか?と最後に思った作品でした。いまひとつ何が言いたいのか伝わってこなかったかな。...
いやいやえん  January 01 [Wed], 2014, 21:28
12-32.君と歩く世界■原題:De Rouille Et D'os(英題:Rust And Bone)■製作年、国:2012年、フランス・ベルギー■上映時間:122分■観賞日:4月14日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円□監督・脚本:ジャック・オディアール□脚本:トーマス・ビデガ...
kintyre's Diary 新館  October 06 [Sun], 2013, 14:30
君と歩く世界 Rust and Bone (De rouille et d'os) ★★★★ 「錆と骨」から【生】を知る 生々しくも躍動するフィジカルな世界 <ネタバレありますので、鑑賞前の方はご注意ください> マリオン・コティアール主演、 不慮の事故で両脚を失った、シャチの調教師をする女性の、再生と希望の物語… ということで ちょっぴりアンニュイな雰囲気を
Healing   May 16 [Thu], 2013, 16:20
 『君と歩く世界』を新宿ピカデリーで見ました。

(1)ウディ・アレン監督の『ミッドナイト・イン・パリ』に出演して魅力的だったマリオン・コティヤールの主演映画というので映画館に出かけました。

 舞台は、南フランスのリゾート地・アンティーブ(コート・ダジュー...
映画的・絵画的・音楽的  April 22 [Mon], 2013, 21:31
生きる本能を感じる辛くて苦いラブストーリー公式サイト http://www.kimito-aruku-sekai.com原作: 君と歩く世界 (クレイグ・ディヴィッドソン著/集英社文庫)監督: ジャッ
風に吹かれて  April 22 [Mon], 2013, 16:25
 私の住む広島市の隣にある廿日市市。この廿日市市にある廿日市フットボールクラブが、J3参入を目指し久保竜彦氏を始めとする元サンフレッチェの選手3人の加入を発表しました
マリオン・コティヤールの演技が良かった。
だらだら無気力ブログ!  April 13 [Sat], 2013, 23:20
両脚を失った女性の再生と希望を描いた映画『君と歩く世界』が、現在全国で公開されている。フランスの名匠として日本でもファンが多いジャック・オディアール監督に、作品プロモーションで来日した際にお話を伺った。【Page1/2】2013年4月6日(土)より、新宿ピカデリー他にて全国公開中/ 4月16日(金)〜26日(金)、早稲田松竹にてオディアール監督特集上映開催
INTRO  April 12 [Fri], 2013, 20:41
原題の『De rouille et d'os』は、英語だと“Rust and Bone”。日本語では、“錆と骨”なんていう、何とも色気のないタイトルなんですよね。それが、邦題だと『君と歩く世界』となる不思議。まぁ、脚を失った女性が出ているので、判らなくはないです。

「両脚を失った女...
勝手に映画評  April 09 [Tue], 2013, 9:07
君と歩く世界@ブロードメディアスタジオ試写室
あーうぃ だにぇっと  April 06 [Sat], 2013, 8:01
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutarou
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
最近は年甲斐もなく映画にはまっています
2013年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
blogram投票ボタン
最新コメント