『トイ・ストーリー4』 2019年7月14日 TOHOシネマズ錦糸町

July 14 [Sun], 2019, 18:58
トイ・ストーリー4』 を鑑賞しました。

オリジナルはトム・ハンクスが声優だ。この声は聞いててわかるな。

【ストーリー】
 ある日ボニーは、幼稚園の工作で作ったお手製のオモチャのフォーキーを家に持って帰る。カウボーイ人形のウッディが、オモチャの仲間たちにフォーキーを現在のボニーの一番のお気に入りだと紹介。だが、自分をゴミだと思ってしまったフォーキーはゴミ箱が似合いの場所だと部屋から逃亡し、ウッディは後を追い掛ける。

Disneyのストーリーは毎回感心する。
大人が見ても全くもんだないく、飽きさせない。
今作は唐沢寿明がやたらとネタバレっぽい感じのコメントをDisneyもCMで流していた。
これのせいで見ていてだいたいの察しはついてしまう。
それは残念である。
とはいえ最大の見どころでもあるので、きっとシリーズをすべて見ている人は感慨深いものがあるのかな
私は全部見てないのでそれほどでもなかったw
最後の最後のPixarロゴまで楽しめるよ!


『ペット2』 2019年7月11日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

July 11 [Thu], 2019, 22:20
ペット2』 を試写会で鑑賞しました。

これは落ちたw

【ストーリー】
 ニューヨーク、マンハッタン。テリア犬のマックスは、相棒の大型犬デュークと共に飼い主のケイティのもとで暮らしていた。赤ちゃんのリアムが生まれたことでより一層にぎやかな日々を送る中、全員で旅行に行くことになる。そこで出会った真面目で堂々とした農場犬ルースターから大切なものを守ることを学び、リアムとの絆を育んでいくマックス。一方ニューヨークでは、ポメラニアンのギジェットがマックスから預かったおもちゃをなくし、ウサギのスノーボールはシーズー犬のデイジーに頼まれてホワイトタイガーの赤ちゃんを救い出そうとしていた。

90分弱なんだけど長く感じたな...
やっぱり子供向けなのかな。。。
それでも笑える部分は多々あった。
ただストーリーはところどころ落ちて頭に入らず、、、

『ザ・ファブル』 2019年7月11日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

July 11 [Thu], 2019, 22:13
ザ・ファブル』 を鑑賞しました。

これはシリーズ化でいいんじゃない!?

【ストーリー】
 標的を6秒以内に仕留める圧倒的な腕前から裏社会で恐れられる殺し屋、通称ファブル(岡田准一)は、ボス(佐藤浩市)から「殺し屋を1年間休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る」というミッションを命じられる。1人でも殺したら処分されるという条件のもと、佐藤アキラという偽名を使い相棒のヨウコ(木村文乃)と兄と妹という設定で、生まれて初めて普通の生活をすることになる。

伝説の殺し屋は、岡田君結構ハマリ役だね。
それに木村文乃が面白い味付けで応える。
このコンビいいかもw
岡田君のアクションもGood!
テンポも良くて楽しめましたよ~


『おいしい家族』 2019年7月8日 ヒューマントラストシネマ渋谷

July 08 [Mon], 2019, 22:27
おいしい家族』 を試写会で鑑賞しました。

上映後にふくだももこ監督が登壇しました。舞台挨拶あるの知らなかったわw

【ストーリー】
 

監督の人柄が作品に現れている。
上映後に監督は自身のことを語り、養子として育ったこと
そして周りの方に感謝している思いを話してくれた。
映画を見て正直主人公の松本穂香にしか感情移入はできなかった。
しかし見ていくうちにだんだんと思いが変わっていく。
それは松本穂香のようだ。
多様性や様々なことを受け入れていく世の中に適合するのは
難しいかもしれない。
日本文化や海外の異文化、考え方の相違なんて大したことない
とは頭で思いつつも違う自分がいる。
いろんなことを考えさせてくれる作品だった。

『Diner ダイナー』 2019年7月7日 イオンシネマ市川妙典

July 07 [Sun], 2019, 18:48
Diner ダイナー』 を鑑賞しました。

舞台のような演出した映画だった。舞台映えするんじゃないの?

【ストーリー】
 孤独な女性オオバカナコは、怪しいサイトのアルバイトに手を染めたことでどん底に陥り、とあるダイナーにウエイトレスとして売られてしまう。重い鉄の扉を開けると強烈な色彩が広がるその店の店主は、以前は殺し屋だった天才シェフのボンベロ(藤原竜也)。そこは、凶悪な殺し屋たちが次から次へと現れる、殺し屋専用のダイナーだった。


内容は面白かった。
このような作品になるとしっかりと演技できる人でないと厳しい。
玉城ティナに尽きる。
他の役者と力量が違うね。
それでも頑張っていた。
真矢ミキもどこから見ても真矢ミキだった。
あとは奥田瑛二。
ちょっと違う人をキャスティングしたら完璧な作品になるんじゃないと思った。
それでも興味深く見れたよ。

『ダンスウィズミー』 2019年7月3日 イオンシネマ市川妙典

July 03 [Wed], 2019, 21:09
ダンスウィズミー』 を試写会で鑑賞しました。

三吉彩花はこんなに美人だったか! 兎にも角にも魅力全開

【ストーリー】
 一流商社に勤務する鈴木静香(三吉彩花)は、曲が流れた途端に歌って踊らずにはいられなくなるという催眠を催眠術師にかけられる。翌日から静香は、テレビから流れる音、携帯電話の着信音、駅の発車メロディーなど、ちまたにあふれる音楽に体が勝手に反応してしまう。なんとか術を解いてもらおうとするが、催眠術師はどこにもいなかった。

矢口監督にして笑いは控えめな感じだった。
それでもテンポ良く、三吉彩花がグイグイ主役で引っ張る。
歌に踊りに三吉彩花に魅力がすべてな作品だった!

楽しめることは間違いなし。

『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』 2019年6月29日 新宿ピカデリー

June 30 [Sun], 2019, 11:58
スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』 を鑑賞しました。

今日は珍しく新ピカで!

【ストーリー】
 高校生のピーター・パーカー(トム・ホランド)は夏休みを迎え、親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)やMJ(ゼンデイヤ)たちとヨーロッパへ旅行に行く。ところが、ピーターの前にS.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が現れ、彼にある任務を与える。

MJがキュート!
これは惚れるでしょ 笑

内容は語れない。
話したらすべてがネタバレになる。
私もSNSあまり見ないようにしてたけど、よくネタバレ踏まなかったな。と感心。
ネタバレ観る前に見るべし・

『パラダイス・ネクスト』 2019年6月26日 スペースFS汐留

June 26 [Wed], 2019, 22:03
パラダイス・ネクスト』 を完成披露試写会で鑑賞しました。

日本では資金が集まらず台湾資金で製作したとのこと。
監督、主演、プロデューサー以外は台湾の人たちばかりなので意欲的な作品であるが、、、

【ストーリー】
 台北でひっそりと暮らす島(豊川悦司)の前に、牧野(妻夫木聡)という妙になれなれしい男が現れる。牧野が何者かに命を狙われていることを知ると、島は追手から逃れるため牧野を連れて台湾東部の花蓮へ向かう。そこで二人はシャオエン(ニッキー・シェ)と出会う。

上映前に妻夫木聡、豊川悦司、半野喜弘監督の舞台挨拶があった。
そこで資金の話や最初の苦労話など面白い話が聞けた。
映画はその話とは裏腹で間の撮り方がうまくない。
というか妙に長い間合いで見てて疲れる。というか飽きてくる。
ストーリーが面白いだけに勿体ない。
もっと間合いを詰めて尺を短くしてでも退屈でないように編集しなおした方が良いのにな。
と思ってた。
悪い話を書いてしまったが、内容が良いだけに勿体ない。

『パピヨン』 2019年6月22日 TOHOシネマズ市川

June 22 [Sat], 2019, 16:45
パピヨン』 を鑑賞しました

予告は素晴らしく面白そうだったが、、、

【ストーリー】
 胸にチョウの入れ墨があることから「パピヨン」と呼ばれる金庫破りの男(チャーリー・ハナム)は、身に覚えのない殺人罪で終身刑を宣告され、南米ギアナの絶海の孤島にある監獄に入れられる。厳しい強制労働と看守たちの暴虐に、脱獄を決意したパピヨンは、紙幣偽造で逮捕されたドガ(ラミ・マレック)に目をつけ、ドガの身を守ることを条件に逃亡費用を稼ごうとする。

見ていると暗くて陰鬱な気分になる作品だった。(悪く言っているつもりは無い!)
爽快な脱出劇を想像していたから、こんな辛い囚人を描くとは思ってなかった。
それでいてオリジナルは多分見てないし、実話だというのは信じられない。
そこまで生きさせた原動力は何だろうとか、独房生活を2年、5年と耐えるのは
どんなことなのかと考えても、そんな経験があるわけないからわからない。
見応えある作品でした。


『X-MEN ダーク・フェニックス』 2019年6月17日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

June 17 [Mon], 2019, 23:00
X-MEN ダーク・フェニックス』 を試写会で鑑賞しました。

本日の3本目。体力的にはかなりキツイが3本とも寝なかった。それは食事を控えめにしたこと。

【ストーリー】
 サイコキネシスとテレパシーの使い手ジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)の活躍で、X-MENはすさまじいパワーを持つミュータントのアポカリプスを倒した。それから10年後、宇宙でのミッションで発生した事故によってジーンが封じ込めていた邪悪な別人格ダーク・フェニックスが解き放たれる。やがて彼女は制御不能に陥り、世界は滅亡の危機に直面する。

これはいろいろとネタバレはできない。
それなりに面白かったが、手放しには褒められない。
でも悪くは言いたくないので、、、という感じの作品だった。
大味だし、何でもありだし、楽しんだもん勝ちだよ! という人は良いでしょう 笑

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yutarou
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
読者になる
最近は年甲斐もなく映画にはまっています
2019年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
blogram投票ボタン
最新コメント