機動戦士ガンダム00 4話感想

2007年10月28日(日) 1時21分
機動戦士ガンダム00 第4話「対外折衝」

おっ、・・おそくなりました(汗)ガンダム004話感想です〜。

セイロン島での紛争への介入行為により、人革連の兵士の命が多数失われた。そのことで、人革連はソレスタルビーイングの行為を「テロ」とみなし、断固戦っていく姿勢を明らかにした。
プトレマイオスのグリーフィングルームでも、クルー達がその映像を見ていた。このままでは人革連の武装体制が強化されるのではと心配するクルーに、ティエリアはそれでも武力介入を進めるだけだと言う。「戦争の根絶」こそが、ソレスタルビーイングの本懐である。

アザティスタンの王宮から町を見下ろすマリナはシーリン・パフティヤールと話していた。都市部にまでテロ行為が波及して来ている。アザティスタンは化石燃料の産出国であるが、現在化石燃料は輸出制限をされており国庫は枯渇。その状態を打破するためにも、太陽光発電システムを持つ国家群に援助を要請しなくてはならない。
そして、その目的のために議会はマリナを国の代表として担ぎだしたのだ。やることは一つだけと言い切るマリナにシーリンは、このまま国が荒れればソレスタルビーイングがやって来ると告げる。それを聞き、マリナの表情は暗くなった。

孤島のガンダム収容施設では、ロックオンとアレルヤが会話していた。リアルIRAの活動休止声明のことを。しかしそれは一時的なものに過ぎないとロックオンは言う。アレルヤも、自分たちがいなくなれば再び行動を起こすだろうと見ている。紛争はそう簡単にはなくならない。
だから、休める時に休んでおけ、とロックオンはアレルヤに声をかけた。

人革連ではセルゲイ中佐が総司令部に呼び出されていた。ガンダムの性能に、今現在勝てる機体は恐らく存在しないとセルゲイは言う。それを聞き、司令はセルゲイに任務を与える「ガンダムを手に入れろ」と。そのための専任部隊が作られることになったが、そこに一人の少女が推挙された。
ソーマ・ピーリス少尉。人革連が押し進めていた計画により出来た子だと言う。その若さに、セルゲイは驚きを隠せなかった。

公園でホットドッグを食べている刹那は、日本の人々の幸せぼけした顔に嫌気を覚えていた。もし、ここに爆弾が投下されたら・・・。そう考えているとき、ルイスとデート中の沙慈に会う。

グラハムは約束通りにグレードアップされたフラッグを見て喜んだ。出来る限り最新鋭の装備を取り入れる代わり、全速旋回時には12Gもの負荷が体にかかることになる。しかし、それすらグラハムにとっては望むところだった。
そこに、新たに対ガンダム組織に加わるフラッグファイターが現れる。少しずつ、ユニオンの対ガンダム組織が形作られていく。

アメリカ大統領府に届けられるタリビア声明発表のニュース。
スメラギもプトレマイオス内で次回作戦行動を予測しているところに報せが届けられる。タリビアに動きがあるだろうことは、予想にあった。
ミッションが始まる。

ユニオンを離脱し、反アメリカ体勢を強く打ち出していくと主張するタリビア。これに対しアメリカはユニオンに軍の発動を要請した。
場所はタリビア。孤島施設から出撃するデュナメスとキュリオス。そして海底施設からエクシアが発射される。
タリビア主要都市に配置されるユニオンフラッグ、及びタリビア軍陸上用MS。海上にもユニオンの戦艦が連なる中、エクシア、デュナメス、キュリオスがタリビアに向かう。
誰もがソレスタルビーイングはユニオンとアメリカ軍を敵に回すと思っていた。
しかし、ガンダムが攻撃をしかけたのはタリビア軍にだった。
最初の声明において、ソレスタルビーイングは戦争を幇助する国にも武力介入すると予告していた。ソレスタルビーイングはタリビアを戦争幇助国とみなしたのである。
地上から接近戦をしかけるエクシア。空中から機動性を活かし攻撃するキュリオス、命中率を活かし攻撃するデュナメス。

自分たちに刃が突きつけられたと知ったタリビアは、アメリカ大統領に連絡。ユニオンを離脱しないことを約束し、助力を請うことに成功した。それもスメラギの予想範囲内だったため、ガンダムはタリビアから離れていく。
しかし、エクシアにその2倍のスピードで近づいて来る機体があった。グラハムのカスタムフラッグだ。以前と比べ格段に上がった機動性、攻撃力をもつフラッグにエクシアは、海中に逃げることを余儀なくされた。

ソレスタルビーイングがタリビアを攻撃したと聞き驚きを隠せないマリナ。シーリンはアメリカとタリビアが手を組んでいたのだろうと言う。

沙慈はこのニュースに怒りを露にした。ソレスタルビーイングは紛争を発生させている。それを聞いた絹江は苦笑する。世界はそう簡単じゃない。

以下感想。
ええ、まあね。ヤプログに対する怒りとかはここに書いても仕方ないのでね、また今度書くことにしますよ。ええ。

やっと本格登場、マリナ&ソーマ。ソーマは強化人間というような扱いですかね。
マリナは担ぎ上げられたお姫様。自分に権力は無いとわかっていても、理念は崇高な人、という感じですかね。どっかで見たようなキャラだなぁ・・・。

来週はどうやらアレルヤ&ティエリアの話みたいですね。やっとマイスターが出番を見せてくれるのか!?
正直ここまで、グラハムの方が余程いっぱいくっちゃべってますからね。うん(^^;)
  • URL:https://yaplog.jp/yumemiko-neo/archive/199
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール。
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠馬
  • アイコン画像 誕生日:8月22日
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
オタク女。いわゆる腐女子

至上、最愛の人は誰がなんと言おうともアスラン・ザラ


ネオロマンサー。ヒノエは「旦那」月森蓮は「永遠の恋人」アシュヴィンは「夫」

ジャンプ=リボーン。ツナが受けなら何でもおk。特に雲雀さんと骸。この三人と武とプリーモとスパナ熱愛中。

くくちへいすけくん?俺の嫁だよ^^?

殿?殿なら俺の隣で寝てるよ^^?

ひ......ひかるっ!


有名どころ好きCP(順不同)
ヒバツナ・ムクツナ・スパツナ・リボツナ・ディノツナ・獄ツナ・山ツナ・髑ツナ・ジノスザ・ハマイズ・準利・アベミハ・カノミハ・タジハナタジ・水栄・古キョン・ダテサナ・佐幸・ビリハム・ロクティエ・タカくく・竹くく・花主花・主×女の子・ガイルク・ジェイルク・青殿・緑殿・金殿・十殿・とりあえず光受けetc...
2007年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31