チベット関連ニュースが消えている!??? 

2008年03月19日(水) 23時35分

































3/19 産経//
中国当局は国内でテレビ、インターネット、電話などを一部遮断するなど、情報封殺に躍起になっている。
北京にある産経新聞中国総局の衛星テレビには14日ごろから、電波障害が起きるようになった。
CNNやNHKなどの外国のチャンネルをつけていると、チベット関連のニュースが始まった途端、画面が消え音声も消える。次のニュースが始まるまでこの状態が続く。こうした現象は中国全土で発生しているという。
 ネットでは、チベット騒乱と関連するキーワードが検索不可能となり、米国を本拠地に置く動画投稿サイト「ユーチューブ」も利用できなくなった。チベット自治区ラサへ電話をかけても、寺院などは「回線故障中」との録音が流れ、不通になっているところが多い。
 中国当局は騒乱を、「一部の暴徒の仕業」と印象づける情報戦略も始めている。チベット人と思われる若者が放火するなど暴れる映像や、ラサ入りした国営中央テレビの記者による親族を失った漢族被害者へのインタビューなどを繰り返し放映している。
 中国当局が情報封鎖のため、外国人のチベット入りを禁止した措置は、外国メディアから厳しく批判されている。17日夜の外務省の会見では、「記者の安全を守るという理由なら、なぜ中央テレビを許可したのか、不公平ではないか」といった抗議が殺到した。国のイメージを守ろうとして中国当局が必死に行っている情報統制は、逆効果となっているようだ。


デマを流した者は容赦なく厳罰!
四川省成都市の公安当局者は市民に対し、チベット問題をめぐる治安当局とデモ隊の衝突などについて「うわさ、デマを流した場合は容赦なく厳罰に処する」と地元メディアなどを通じ警告した。公安当局は「一部の人物が悪だくみを図り、(チベット問題について)騒ぎ立てたり、事実をでっち上げてデマを広めている」と指摘。「どこで爆発があったとか、銃撃戦があったとか、何の根拠もないデマだ」と断じた。 

チベット支援団体に電話やメールの嫌がらせ

2008年03月19日(水) 22時56分

私も 現在議論が活発している youtubeの 「チベットは中国の一部だ!」 という映像に free tibet の旨のコメントを書き込んだところ、早速中国人から 「 fuck jap !!! お前等 jap はアメリカ人に占領されて fuck されて喜んでろ!」 ・・・・・といったメールが送られてきた・・・・・ 


●中国当局の治安部隊に射殺されたとする住民の写真が公開された。遺体には明確な銃創が残り、発砲を否定した中国当局の発表と食い違っている。↓

http//★リンク//中国治安部隊に殺害されたとみられる、チベット人デモ参加者の遺体写真。


/////【3月19日 AFP】
チベットでの暴力行為に関する目撃証言を求めて、連絡を取ろうとしていた各国の人権団体は、発信者不明の大量の電話やウイルス感染した電子メールによる活動妨害を受けたことを明らかにした。
■コンピューター・ウイルス送りつける例も- ニューヨーク本部を置く学生組織「Students for a Free Tibet」幹部のところにも同じような電話があった。相手は中国語で罵倒してきたという。さらに、電子メールでコンピューター・ウイルスが送られてきた。電子メールは、功名に書かれた感情の込もった表現で、画像を開くよう求めている」。
■AFPにもウイルス攻撃- 送信者はデンマーク在住と称する人物で、メールには中国軍に撃たれたチベット人の画像だというファイルが添付されていたが、開くとウイルス警告が現れた。

////3月19日22時0分配信  【北京19日時事】
中国の甘粛省や四川省でチベット人の新たな抗議デモが起きたと伝えた。チベット自治区の周辺地域では、ラサ暴動に刺激された騒乱が相次いでいる。 甘粛省甘南チベット族自治州の合作市で18日、僧侶と市民ら数百人が地元政府庁舎にデモ行進。武力鎮圧の中止を求めるとともに「チベット独立」などのスローガンを叫んだ。同州の夏河県、瑪曲(マチュ)県、碌曲県でも抗議デモ発生が伝えられている。 

////3/19 読売 成都=加藤隆則】
四川省の省都・成都で、チベット人への恐怖心をあおる流言が流布、社会不安が広がっている。
市内全域に「銀行がチベット人に襲われた」「バスで爆発があった」などのデマも飛び交い、「外出禁止」を命じる外資系企業も。

●----世界の反応--------------/////3/19 産経
フランスのクシュネル外相は18日、騒乱が続けば、EUは北京五輪開会式への不参加を検討すべきだとしたほか、台湾の最大野党、中国国民党の馬英九・次期総裁候補も当選後、五輪ボイコットを排除しないとの声明を発表した。選手の間でもボイコットを検討する動きが出始めている。
//////3月19日22時29分配信 産経新聞
 ブラウン英首相は 中国の温家宝首相と同日朝に電話会談し「双方の対話でチベットでの暴力を止めなければならない」と求めたことを明らかにした。また、今年5月に訪英するダライ・ラマ14世と会談する考えを表明した。チベットなどで騒乱が拡大してからダライ・ラマと会談する考えを示した主要国首脳は初めて。
///// ロシア外務省は、チベットの騒乱が中国の内政問題であるとの立場を明確に示し、混乱を武力で鎮圧する中国政府を支持する姿勢を表明した。さらに、北京五輪をボイコットする動きにも、徹底的に反対する姿勢を示した。 ロシアでは、チェチェン共和国など分離・独立を試みる動きが依然くすぶっている。「中国のチェチェン」とも呼ばれるチベットや新彊ウイグルといった「分離主義者」たちとの戦いで中国の立場を支持することで、同じ問題を抱える中露の蜜月ぶりを示した形だ。 さらに、ロシアは、1980年夏のモスクワ五輪を、アフガニスタンへのソ連軍侵攻を非難する西側諸国にボイコットされた苦い経験がある。2014年には、悲願のソチ冬季五輪開催を予定する。(モスクワ 内藤泰朗)
●−−−− 日本の反応ーーーー高村外相は 「(ボイコットは)ないでしょう。日本政府として北京五輪は成功裏にやってもらいたい」と述べ、騒乱と五輪参加とは結びつけない考えを示した。
 一方、国連などによる調査を中国側が拒否したことについて、「人権問題は国際社会が関心を持つのも当然。中国のためにも、なるべくオープンに透明にした方がいい」と語った。