顧客ニーズによりきめ細やかに対応できる工作

December 31 [Wed], 2014, 12:33
“ものづくり”をさらに強化するためにも、逆に、顧客ニーズによりきめ細やかに対応できる工作機械メーカを、もっと増やす必要があるとも言える。1社の規模を大きくするだけでは、顧客ニーズには応えられないのが工作機械であることを認識したい。そのため、必然的に小回りのきく中小なた豆茶のメーカが必要となる。これらの企業がさらなる顧客ニーズに応えていくための技術開発支援も国レベルで必要だ、 このような問題をうまく解決しているのが、欧州企業のグループ化戦略である。中小企業が大企業の傘下に入ったとしても、企業名は変えずに、これまでと同様に個性豊かな製品を作り続けられる仕組みになっている。とても素晴らしい。お互いに競争しあって、顧客を奪い合うのではなく、協力し合って、顧客サービスをさらに充実させる仕組みだ。大いに参考にすべきと思う。なた豆茶の顧客には、それぞれ自分に適した個性ある工作機械メーカが必要である。統合して一つの会社になれば、どちらかの顧客の多くは離れていってしまうことも忘れてはならない。(火曜日に掲載) ◇上智大学名誉教授・清水伸二氏
  • URL:https://yaplog.jp/yuk7b/archive/3
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuk7b
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/yuk7b/index1_0.rdf