結果は分かっていたのだ 

2018年11月21日(水) 1時19分
えと問わず 狂わぬ矢尻

歴として

射抜く心は 既に彼(か)のもの

山燃ゆる 

2018年11月21日(水) 1時14分
狂いし心

奪わんとして猛る紅(べに)

山脈染める

紅の葉よ

新しい朝 

2018年11月21日(水) 1時07分
ある朝起きたら 世界は新しくなっていた
昨日の日付のままの日めくりカレンダーがヒラヒラと揺れている
けれど、今日は昨日の続きではない
何も変わらないのに 時間の延長にある今日なのに
それは生まれ変わったような感覚
昨日までの過去は 記憶には残っているが
それは既に処理され引き出しに仕舞われてしまった
済の判子を押して
窓を開き朝一番の風を入れる
匂いも頬を撫でる感触も冷たさも、全てが新しい
昨日までの日々と今日という日が切り離されているのを 妙にしっかりと感じた

何年も忘れてた
卒業式のあとのような こんな気持ち
私のデスクには何一つなく
ただ白い紙とペンがあるだけ
今日から何を書くのも 何を始めるのも自由なのだ
まだ何も無い部屋に春の風が吹く
デスクの上のノートがめくれてゆく

それはどのページもまだ真っ白なのだった



矛盾する二つの感情 

2015年07月15日(水) 17時48分
真実を告げないことを嘘だというのなら、ぼくは一体どれだけの嘘をついてきたのだろう?
その何一つを見破れず、生まれたての雛鳥のようになんでも信じる愚かな君に



壊したいんだ
無垢なる魂をもつその存在と、この先の狂いゆく人生を
出来れば一番近くで見ていたい

愛したいんだ
世界に馴染めずいつまでも怯える黒目がちな瞳と、世界を知って絶望に打ちひしがれる未来の君を
出来れば一番近くで触れていたい

二つの相反する感情は、けれどぼくの中では無理なく仲良く同居していて
一方では君を陥れ、一方では救いの手を差し延べるなんて日常茶飯事
破滅に荒む横顔に見惚れながら、大丈夫だよなんて陳腐な慰めをかけてみる
そうして、少し疲れた横顔をぼくに向けて、大丈夫ですと無理に微笑む姿にぼくの心は満ち足りる

この強過ぎる執着を果たして愛と呼べるのだろうか?
ただ願わくば
ぼくの破壊衝動をはるかに超えた君の魂の強さの果てに
答えがあることを望む
儚い奇跡のような可能性を信じて

ぼくは今日も嘘をつく
相反する二つの思いを仮面の下に隠し、君が聞きたい言葉を選んで
今日もまた
耳障りのいい嘘をつく

言葉 

2015年07月15日(水) 17時45分
吐いて吐いて吸って吸って

空気のように

酸素のように

毎日言葉を吐いて

吸って吸って吸って

吐いて吐いて吐いて吐いて吐いて吐いて……

吐き続けていたら、いつかは無くなるのだろうか

伝えたい事もなにもかも?

街に残る残像 

2014年11月28日(金) 0時51分

もうなんだかいろんな事がおぼろげで
あなたの顔も
あなたの声も
自分が何のために生まれてきたのかも
なにもかもが薄い記憶

二人で歩いた道筋を歩く
あの日の亡霊を辿るように
空気には記憶があって
あの日の二人の様子をきっと覚えている

あの人の髪の匂いがした
細い細い糸のような匂いを頼りに逢魔が時を歩く
全身を鼻にして
だがそれは消え入る線香の煙のように冬空に消えゆく
気付けば知らない交差点
行き交うクラクション
このまま消えてしまいたい

いつかの過去の残像を追って生きるより
日々の中で微かな懐かしい香りを探すより
消えてしまえと、声がする
不要な日々を生きる虚しさに耐えかねて

color 

2014年11月24日(月) 21時08分
色をさえ
失いし君
露けしも
孤高に生きて
色鮮やかに

煙草 

2014年11月21日(金) 18時49分
1日がとても長いんだ
君が居なくなってから
時間が経つのがとても遅い
そりゃあ毎日会ってたわけでもないけどさ
次会う時はなに食べようかなあ、とか、なにを話そうか、あ、これ好きそう、今度の誕生日にあげようかな、でも誕生日は随分先、なんにも無い日にプレゼントしてもいいかな、とか
一日のうちの随分と長い時間は君のためのものだった
そんな時間が全部空白になってしまって
僕は時間を持て余す

だから僕はタバコを吸うことにしたんだ

無心に煙を吸っている時だけはなんにも考えなくて済むし
体の中に空いた空間を、せめて煙が塞ぎますように
ふわりふわりと天へと上がる煙は
まるでいつかの君へと向けた僕ののろし
返事が無いのは分かっているけど、今日も僕はのろしを上げる

見えますか?
見えますか?
今日も僕は生きています

サプライズ 

2014年01月04日(土) 17時14分
世界は幸せだけで出来てはいない

それでも凍てつく冬の朝

神様は一粒の幸いを落とす

どんなダイヤより輝く

明けの明星のように

明日はどっちだ? 

2013年12月25日(水) 15時40分
ぬかるみに
足を取られて立ち往生

どこにも行けない
捨て子のように


結の一言 ◆最近またぽちぽちと詩を書き始めました。マイペースですいません。
最新コメント
アイコン画像M.M
» 悲しみ (2012年05月04日)
アイコン画像M.M
» 悲しみ (2012年05月04日)
アイコン画像は〜ちゃん
» 悲しみ (2012年05月04日)
アイコン画像
» びょうびょうと風が鳴る (2010年06月01日)
アイコン画像ろっきん11
» びょうびょうと風が鳴る (2010年06月01日)
アイコン画像
» 【業務連絡】 (2005年05月30日)
アイコン画像Ryo@職場(汗)
» 【業務連絡】 (2005年05月28日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:M.M
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽 インターネット 観劇 暗黒舞踏
読者になる
都内在住、M.Mが綴る言葉のページです。
Yapme!一覧
読者になる