散歩に遭遇_ 900字_作文網

May 11 [Mon], 2015, 4:13

作文網が無断転載|ない特別

|夕食後、ママと一緒に散歩。いっしょに瀋黙して、往来の通行人に私の身の回りから歩いたことがあって、誰も私を見て目が多い。突然、私の心は良いのが変に考え:将来のある日、私はこの道で、往来の通行人に私を尊重した目。と考えて、思わず笑って空を眺めていた。あいにく母に発見して、そこで彼女は私に叱られた一言「歩くことはゆっくり歩いて、わけのわからない何を笑ってるの?」いいでしょうが、私は好きじゃない、単純で、ジョギングを鍛えるために歩く。私は好きで漫遊しながら運動一匹狼の想像の中で。いっしょに行ってらっしゃい、行き来した人々の中はいつもお母さんの知人が現れて、私はどのみち彼らの目を引きつける。その時、私の唯一の作用はお母さんに聞いて、一言:XXがいい。そしてそれらは私は聞き飽きたの賛辞。彼女たちは誇張して私にほかならない背が高い、長得俊など。私はいつもこの賛美おかしい:顔は、親に、何を誇るのですか?まして私はどこにあれらの人を誇るのそんなに美しい!道の両側にぼんやり見つめてとても親切なキャンパスで、私とお母さんが無理に話題をこしらえ話し。私の心の中では思っています:あとはいつ私に戻って可愛いのキャンパス?しかし心で思っているだけに、黙って歩いたことがあって、私の幼稚園、中学校、小学校。私たちは通りすがり少年宮、夜に包まれた道路自動車が止まっている。それは目立たない、銀灰色の殻が入った夜。は母が言った一言、私はほとんど気づかなかったここはまだ自動車が止まっている。母「えっ、これはあなた達は体育教師の車ですか」薄暗い照明の下、見えない私だけそうナンバー、車体に似ている。かかわらずかどうか、私も信じていたい彼女の車、彼女はこの近くに。私達は用意して家へ歩いているとき、はるかに見える私たちの先生から離れて少年宮、ただ道を、「もし私は叫ぶ、彼女はきっと聞こえる。」私は。しかし私も最後はこのようにして。それは私の一貫したスタイルで、それに私の身の回りあるお母さん。お母さんは私の日記を見て、彼女は知っている私は日記に多くの体育の授業のエピソードも知っている体育の先生は私の好きな先生の一つ。私は私を恐れてこの叫んで、お母さんが噴き出して何かへんてこなのかもしれないと来て、たとえば「誰が生まれ育ったあなたか?先生はあなたに良いことができるか?」そこで、私たちは静かに歩くのが遠くなりました。彼女は知らないが、闇の中である学生、尊重した目で彼女を送って立ち去る。あたかも私の冒頭の。それでも、人だかりのこの見私の知人は、依然として嬉しい。私の知人、少なすぎて、少なすぎました。一度会っていないのは偶然、楽しいですまた物寂しい。おや、平凡な人の快楽。十分に。|





|中3:ステルスの慧眼

タオバオ代行専門店

  • URL:https://yaplog.jp/yugkjguk/archive/30