初二の800字の作文:私の先生

April 22 [Wed], 2015, 20:48

夜が更けて、私は独りでに座って、浴衣にこの深夜の夜空を眺めて、これはよく私に思いをはせるの景色を引き起こす.


は今、私は全然興味がない感じ.思うのは施設先生がややにこにこ顔.筆ペン先といえば、紙にジャンプして、喜んで霊感駆け出して、書いた作文今日の――《夸夸私の先生.


施先生の目に値するでしょ、この明るい瞳は、話して、信じないのは、ほら!

授業のベルp> <につれ、儚い差し迫った響き、施設は先生が教室に入ってきた.ちょうど二歩にまたがって、立ち止まった彼女の目をじっと見つめているように何かが、眉間皺してみましたが、私は好奇心の首を伸ばし、を眺めてみると、よ、それは人に足を踏まれ割れのチョーク?こまった、今日は私の当番で、意外にも気づかなかったこの目立つ白点、私は頭を下げて、教師に苦しむの批判を待っている.すると先生が書いてある日直に交代で表の隅に行って、目は落ちました私の身で、私のような頭を低く垂れて感電ようになり、顔とひとしきりがひりひりする.思いがけず、施設は先生は厳しく叱責する.だけ深く理解不能な視線を走らクラスは、クラスメイトたちから顔に何かを見つける.教室は静かに珍しい.このような瀋黙に対峙して1分まるまる.



施先生の口が褒められ、二つに割れて唇にうごめくべらべらに湧出知識のみなもと.


古今東西、天文、下から地理、彼女も口々には孔子、魯迅、マルクス主義からレーニン、甚だしきに至っては今流行の音楽、施設も先生もとうとうと話しながら.本当に人に彼女に対して風変わりな弁舌、心服する.だけでなく、教室の上で彼女は多弁、放課後、さらには口が達者.時には、本当に彼女のように私たちの大きい友達.


施先生の普通教育方法は、称賛に値する.


彼女が引き継いで私たちのクラスは、私たちの作文の成績、たとえばゴマ開花――を喰う.あなたは先生が宿題の配置が多く、それもない.新字、語彙と基礎知識を求めて、先生は丸暗記で彼女のスローガンは品質を求めて、求めない字量.私達はもちろん;「理解万歳.


で施先生のご指導の下で、私達のクラスの国語の成績をもとのビリ登った年段第一、これは本当に感謝施先生.覚えてるある曲成長した後に、私はあなたに知っていて、それを支える粉画数の虹、こぼれた滴は汗……


歌声夜空に一高一低.夜は深く、ひとしきり寒風、引き延ばして私にゆっくりと思い.言う人がいて、先生のように庭師で、勤勉にはぐくまれて祖国の未来の花.私が先生のよう杜浦『春の喜び」


taobao代行

  • URL:https://yaplog.jp/yugkjguk/archive/29