運河クルーズ・・・・の巻

May 13 [Mon], 2013, 16:42


遅ればせながら、運河クルーズ乗船の巻じゃ!
今回は特別に、オーナーの菊地さんにガイドをしていただいたのじゃ。
菊地さんはアメリカズカップにも出場した世界的なヨットマンじゃ。
大型商船の乗り組み員としても、世界各国を巡り、船による観光に精通している人じゃ。
ボートによる小樽運河観光には、当初、様々な反対意見も多かったようじゃ。しかし、一つひとつ説得し、解決していったそうじゃ。
ようやく、昨年から運航開始。まずまずのスタートをきったようじゃ。
そして今年は連休前からスタートしたのじゃが、ご存じの通りの悪天候の毎日。
それでも、段々と認知され予約も多くなってきたそうじゃ。



わしも、初めて乗船したが水面からみる景観もグッドじゃ!
手前の石垣と、その向こうに見える倉庫群は地上からでは味わえないな。



それと月見橋から港内に出て、旭橋から運河へ入るが、橋の真下を見ることは普段はないので、これはいいぞっ!
途中、国立海上技術学校の少年たちのカッターボートに出合ったが、少年たちは皆、菊地さんに挨拶してたな。海の男同士の世界じゃ。



運河クルーズのボートは、このカッターボートをベースに設計されているそうで、エンジンの燃料は菜種油を使っているそうじゃ。だから、排気の匂いは香ばしい香りでお腹がすいてくるのじゃ。
エコにも配慮したボートなのじゃ。
菊地さんのガイドの中で印象的だったのは、景観に配慮しつつも小樽らしい新たな仕掛けを考えていることじゃった。
何か実現しそうな構想じゃ。
面白いぞっ!
楽しみしてろ!

じゃあ〜な〜。
ホッホ〜!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:ゆう福
読者になる
小樽の歴史に詳しいうんちくおじいさん。
仲間の『小樽運がっぱ』の仲間達の面倒見役。でも、話が長くて呆れられることもしばしば。
口癖は「ほー」
健康志向で実は羽根突きが得意。
Yapme!一覧
読者になる