『ヤン&エヴァ シュバンクマイエル展』

2007年09月13日(木) 8時02分
もう昨日終わってしまった「ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展」なのですが、感想を。

戦闘するシュルレアリストと称されるチェコの映像作家シュヴァンクマイエル氏
オテサーネクやアリスという作品を生み出す彼の内部を、ちょこっとだけ覗いてきました。
ラフォーレ原宿6Fの会場はなかなかの混雑で、オサレな若い女性が大半でした、ついでオサレな若い男性。
美術や映像を学んだりクリエイチブなオシゴトの人という印象です。
10ものセクションに別れ、見ごたえのある展示会だったのですが、わたしを一番ひきつけたのは「触覚の椅子」という作品。
椅子の背もたれにおろし金とファー、坐面にはブラシとゴム手袋の指がニョキニョキ。チーズ卸やら画鋲やら痛そうなものと柔らかなそうなものが、わたしの好奇心を誘います。
試していいものならほんっと、座ってみたかった!
つ・・・・・作っちゃおうカナ(;・∀・)


実際に手で触れる作品が2点あり、黒い袋で覆われてそこに恐る恐る手を差し入れて探るのですが・・・・ついつい中を覗くと、丸まった靴下が@@
これ、ヤン氏が履いた靴下かなぁ?それとも奥様のエヴァさん?
グロテスクな作品も多いけど、お茶目でホッとしました。


他のセクションでは作品の原点であろう数々の絵やコラージュ、粘土の造形
実際に映画で使われたファウストの操り人形や、オテーサーネクの丸太人形、アリスのあの不気味なウサギなどをみることができ、もうウキャー(゜▽゜*)♪・・・という感じ。




今回の展示会での作品をひとつにまとめた公式図録が売られていました。
開場で販売されていたのと同じものですが、家でじっくりみるにはいいですね。
ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展(公式図録)
関連作品


実はシュヴァンクマイエルの作品は動画サイトでかなりの数を見ることができます。
興味の方は検索してみてはいかがでしょうか。


プロフィール

<HN>よよ
人生の中で映画三昧の日々があってもきっとイイ!
コメント&トラバ大歓迎です

にほんブログ村 映画ブログへ

TB People






BlogList
ブログパーツ


https://yaplog.jp/yoyoyonn/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる
2007年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30