『ローズ・イン・タイドランド』

2007年09月08日(土) 9時26分

レンタル開始日: 2007/01/26
製作年: 2005年
製作国: カナダ/イギリス
収録時間: 120分
出演者: ジョデル・フェルランド ジェフ・ブリッジス ジャネット・マクティア ブレンダン・フレッチャー ジェニファー・ティリー
監督: テリー・ギリアム
製作: ジェレミー・トーマス
脚本: テリー・ギリアム トニー・グリゾーニ
詳細: 原作:ミッチ・カリン

『不思議の国のアリス』がモチーフ。元ロックスターのパパと自分勝手なママをもつジェライザ=ローズ。ある日ママが急死し、残されたふたりは荒野に建つ今は亡きおばあちゃん家に辿りつく。ジェライザ=ローズが一人寂しく遊んでいると、怪しい黒ずくめの幽霊女とウェットスーツを着たディケンズに遭遇。友達になれるかもとふたりに近づいていくのだが、その時、階下で眠るパパに大変なことが起きていた!!


「ことぶき」
干潟のローズ。ストーリーは少しもアリスじゃないけれど、このフシギな居心地は確かに現代版アリスなのかも。
フツーの人も、フツーのシチュエイションも皆無なんだものね。
クビだけのバービー人形が喋ったり、人間が腐ったりするので、子供とみてはいけませんよー


わたしの大好きな2作品もあわせておすすめします
テリー・ギリアム監督 未来世紀ブラジル

ヤン・シュヴァンクマイエル監督  アリス

『ラッキーナンバー7』

2007年08月27日(月) 10時01分

レンタル開始日: 2007/06/22
製作年: 2005年
製作国: アメリカ
収録時間: 111分
出演者: ジョシュ・ハートネット スタンリー・トゥッチ ダニー・アイエロ ブルース・ウィリス モーガン・フリーマン ルーシー・リュー ベン・キングズレー ミケルティ・ウィリアムソン サム・ジェーガー
監督: ポール・マクギガン
製作: キア・ジャム アンディ・グロッシュ クリストファー・エバーツ タイラー・ミ ロバート・S・クラヴィス
脚本: ジェイソン・スマイロヴィック

仕事はクビ、彼女の浮気、事件でアパートが閉鎖、と史上最悪な1日を過ごしたスレヴン。友人ニックの家を間借りすることにした彼は、借金の取立てにやってきたギャングにニックと勘違いされ、マフィアの“ボス”の元に連れて行かれる。さらに“ボス”と敵対するマフィアのトップ“ラビ”にも目を付けられ…!?度重なる“偶然”の不運。しかしそれは何者かに仕組まれた完璧なる計画だった…!?

「狙われてるぞ」
見てよこのゴージャスな顔ぶれ
だけど単なるカッコイイ映画とは違うの
ん〜衝撃を受けたので、ここではお話しないことにします。


でもこんな可愛いルーシー・リューははじめてみました
彼女も恋をするのねぇ
ダサかわいファッションも意外と似合ってて新発見です。

『六月の蛇』

2007年07月19日(木) 23時33分

レンタル開始日: 2003/12/21
製作年: 2002年
製作国: 日本
収録時間: 77分
出演者: 黒沢あすか 神足裕司 塚本晋也 寺島進 田口トモロヲ
監督: 塚本晋也






りん子はサラリーマンで潔癖性の夫・重彦と、セックスレスだがそれなりにゆとりある生活を送っていた。ある日りん子は、勤め先の「心の健康センター」電話相談室で自殺予告を受ける。彼女は電話の男を懸命に励まし、自殺を踏みとどまらせた。その翌朝、りん子のもとへ1通の封書が。中身は彼女の自慰行為を盗撮した写真数枚。それは自殺予告の電話を掛けてきた男・道郎が送ってきたものだった。やがて道郎は写真をネタに彼女を脅迫し、恥辱に満ちた性的行為をするよう次々と要求していくのだった…。

「DANNA NI NAISYO」
塚本監督は実は苦手と感じているのだけれど、黒沢あすかさんだしね♪観なきゃ。
タイトルに六月、とあるように今の梅雨の時期に見るにはピッタリかも。
青い世界にザーザーと雨が降り続く。上から下へ落ちてくる雨が肌触りこそ柔らかいもののなんとなく圧力を感じた。これが私にはりん子さんと夫との関係のようにも思える。
凝った映像の全てが意味を持つような気がして、ちょっと疲れたけれど。


鬱積した心を晴らし、本来の自分がやりたいことをする。それはいいことだとおもうけど、あそこまで開放しちゃったら、自分を保てなくなるんじゃないかと思う。
やっちゃえばもう怖いものナシ!あとはもうスッキリ!という感じなのかも・・・
うぅ〜ん、わたしやっぱりわかってないな。


丸いもの。シンクやお風呂場の排水溝やカメラのレンズなどが画面でなにやら主張していたけれど、あれはどんな意味だったのだろう。
夫が一心不乱にシンクやお風呂掃除をする場面があって、りん子さんが「あたしやるからぁぁ」と慌てるのだけれど、気持ちがすっごくわかる。イヤだよねーあれ
ありがたいとは思うけどさー、あれは焦る

『ロング・キス・グッドナイト』

2007年05月18日(金) 11時43分


レンタル開始日: 2004/04/09
製作年: 1996年
製作国: アメリカ
収録時間: 121分
出演者: ジーナ・デイヴィス サミュエル・L・ジャクソン クレイグ・ビアーコ パトリック・マラハイド ブライアン・コックス
監督: レニー・ハーリン




小学校教師のサマンサは、夫や娘との生活に満足していたが、八年以上前の記憶がないことに不安を覚えていた。そこで私立探偵を雇って、自分の過去を調べさせていた彼女。ところがある日、殺し屋が襲ってきた。それをきっかけにして、サマンサは私立探偵ヘネシーと共に、自分の過去を探す旅に出た…


かっこぃぃぃぃ〜ジーナ・デイヴィス
確かに若くはないし、美人かと言われればよくわからないけど、そうじゃないところがいいの!
そうね・・・日本人だと木の実ナナかなぁ。
この映画が撮影された当時、監督のレニー・ハーリンとは夫婦だったようです。
パートナー役のサミュエル・L・ジャクソンもかっこいいのに顔が時々パグ犬に見えるからラブリー
ハードボイルドなシーンでも振り返るとまん丸おめめのパグ犬がいるんだもんっ


記憶喪失によって普通の主婦として暮らしていたサマンサが自分の真の姿を知ったときの変貌のしようが身震いするほどイイ
ヘアスタイルを変えて実際に変身するんだけど、それ以前ふっと本来の自分に戻る場面がいくつかあって、顔つきが変わる。覚悟のある顔。まるで二重人格みたいに表情が変わる。
生粋の殺し屋って感じで、身を守る術がカラダに染み付いているから、考えるより先に手が出る足がでる。
もう爽快っ!

『レディ・イン・ザ・ウォーター』

2007年05月13日(日) 0時01分


レンタル開始日: 2007/01/26
製作年: 2006年
製作国: アメリカ
収録時間: 109分
出演者: ポール・ジアマッティ ジェフリー・ライト ボブ・バラバン サリタ・チョウドリー ブライス・ダラス・ハワード フレディ・ロドリゲス
監督: M・ナイト・シャマラン
製作: サム・マーサー M・ナイト・シャマラン
脚本: M・ナイト・シャマラン

公式サイト:レディ・イン・ザ・ウォーター



彼女の名前は、ストーリー。出会った瞬間、何かが変わる―。多種多様な人々が集まるフィラデルフィアのアパート。日々仕事をこなすだけの人生を送るアパートの管理人クリーブランドは、ある日突然プールに現れたひとりのレディを発見する。彼女はどこから来て、何を伝えに来たのか?記号論者・守護者・職人・治癒者。鍵を握る人々は、このアパートの中にいる―。



使命をもって地上に上がってきた海の精、ストーリー。
彼女を助けるためにアパートの住民が集結する場面は、見ていてワクワクしました。
大のオトナが揃ってなにやってんダ?という気がしないでもないけど、映像的にはとても地味なのでまとまりがでているのかも。
私としてはストーリーが人魚のように泳ぐ場面とか、女王らしい装いをしたとことか、見てみたかったなぁ。
ハッピーエンドでよかったけれど、犬に噛まれちゃったファーバーさんの安否が心配w


ストーリー役のブライス・ダラス・ハワードは、シャマラン監督のヴィレッジに出ていた女の子なのですね!成長ぶりにビックリです。
彼女、体温が低そうな・・・地球の生命体でないようなフシギな雰囲気があります。
現在公開中のスパーダーマン3にも出ているようなので、チェックしたいと思います。

『隣人13号 ディレクターズ・カット』

2007年04月05日(木) 10時08分



かつていじめられっ子だった村崎十三は、一見穏やかな青年に成長していた。だが、彼のカラダには怒りと共に顔を出す凶悪な別人格“13号”が巣食っていた。とあるボロアパートに引っ越した十三。少年時代、自分をいじめた赤井トールへ、10年越しの壮絶な復讐を仕掛ける“13号”。増していく凶暴性に、事の重大さを気付いた十三は、何とか“13号”を抑えようとするが…。



凶暴な13号を演じる中村獅童。
「いま会いにいきます」なんかの役よりも、こっちのほうが素なんじゃないの?と思えてすごく怖い。
十三役の小栗旬も「あん、ああん;;」とか言うのが軟弱でヤダー

内容は衝撃的で、え?なになに?どうなっちゃうの?なにヤッちゃうの?と思いながら楽しんだけれど、ラストはどうなってるのかわからずに終わってしまいました。
コリャ原作読まなきゃダメだ!と思って、中古のコミックを買って来て読みましたが、映画では理解できなかったことの背景が描かれていて、読んでよかったです。
といっても全3巻のうち、1巻と2巻しか売ってなかったので今度ゼッタイ買います
そうじゃないと、ラストが解明されないもん。
読み終わったあとで、もう一度レンタルしてしまうかも知れない(汗



DMM月額レンタル:隣人13号 ディレクターズ・カット
DMM単品レンタル:隣人13号 ディレクターズ・カット
DMMコミック:隣人13号1〜3

『ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション』

2007年02月17日(土) 14時25分



魔王に連れ去られた弟を捜す少女の冒険を描くファンタジー!人気絶頂期のデヴィッド・ボウイの歌に乗せたミュージカル風メルヘン!製作総指揮には、あのジョージ・ルーカス!


小さいころにテレビで見た映画のワンシーンが心に残っていることってありませんか?
一体いつどこでみたなんの映画なのかわからないけれど、幼心に強烈な印象を残すもの。
この作品はまさしくそんな映画ではないでしょうか。
不思議な迷路、奇妙な姿のゴブリンたち、歌いだす魔王、だまし絵のような世界。

子供たちも夢中になってみていたけれど、大人になったときふと思い出してくれたらいいなぁ。
そして「こんな映画なんだった?」と聞かれたときに私も答えてあげられるといいのだけれど・・・・
このブログ、そんなときに読み返して役に立つかもしれないですね。



*この作品はトラさんに教えていただきました

『るにん』

2007年01月24日(水) 16時06分
るにん

小学生の社会の時間に島流しについて聞いたときも衝撃を受けましたが、この映画にもかなりの衝撃をうけました。
厳しい環境の佐渡島、故郷に帰ることを諦めて暮らしている人もいるけど、たいがいは「故郷に帰りたい、おっかさんに会いたい」と赦免になる日を夢見たり、不可能といわれる「島抜け」を考える人もいます。
そりゃそうですよ、帰りたいですよ。
干し魚一枚と引き換えにカラダを売るような生活はしたくないはずです。
松坂慶子演じる豊菊は15の時に火付けをして流刑になった花魁なのだけれど、赦免を夢見て役人に密告をしたりカラダを売ったりして長いこと暮らしています。
「故郷に帰りたいよぉ」と泣くシーンはかわいいのですが、一方で神々しいほどの寛容さと強さをみせてくれるかっこいい女でもあるわけです。

島抜けがテーマの、流行の脱獄ものかというと主に描かれているのはそうではなくて、うずくような命と性、みんなそれぞれなんとも切ないのです。

監督の奥田瑛二が自ら出演している、鬼気迫るシーンがあります。
R-15禁の衝撃シーン、エロ(敢えてエロと呼びたい)シーンがあるので、これから観る人は覚悟してみたほうがいいかもです。

『ロッキーホラーショー』

2006年10月18日(水) 23時07分

ロッキーホラーショー

一度は見ておかなくちゃというほど有名な作品なのだけど、ちょっと意図がわからなかった。
そもそも意図など求めるほうがナンセンスなのだろう。
キャラクターは斬新で、当時はかなりショッキングだったろうなぁと思う。

「ただ見て楽しむ」という大切なことを忘れていたことを反省。
あ!でもそんなことを言いながら、音楽がアタマをよぎるhhh


*この作品はトラさんに教えていただきました

「ロスト イン トランスレーション」

2006年07月29日(土) 1時06分


トーキョーの空気感がよくでていると思います
湿度や匂い、喧騒や空虚
慣れないトーキョーで出会った二人の大人の物語です

私の働くレストランには出張中の外国のお客様がたくさんみえます
彼らからみた日本、どんな感じなのかなー?
私が知らない間に、いろんな物語が生まれているかも・・・と想像すると楽しいですね
ハリウッド俳優はまだ来たことがありませんケド(´∀`)ゞ
プロフィール

<HN>よよ
人生の中で映画三昧の日々があってもきっとイイ!
コメント&トラバ大歓迎です

にほんブログ村 映画ブログへ

TB People






BlogList
ブログパーツ


https://yaplog.jp/yoyoyonn/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる
2007年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30