ナミヤ雑貨店の奇跡 東野圭吾

October 20 [Sat], 2012, 10:30
悩みの相談にのってくれる雑貨店を巡る心温まる物語。
ちょっとした疑問から深刻な悩みまで、相談の手紙を出した人々に適切な返事をくれる雑貨店店主。
彼がくれる返答の温かさに、人々は癒され、また、励まされ、生きる支えの如く、手紙を宝物ように想い生きてゆく。
相談の手紙のやりとりは、以前ブームになった「生協の白石さん」が、思い出され、心が和らぐよう。
物語は、時空を超え、多数の登場人物とシンクロし、壮大なスケールの空間へと展開。
結末は、まるでパズルの最後の一ピースがピタリとはまったような幸福感が味わえた作品だった。
ラストに記された座右の銘に価するような人生観もまた、素晴らし。
(角川書店)★★★★☆
  • URL:https://yaplog.jp/you_1102/archive/932
2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31