ストーリー・セラー 有川浩

November 08 [Mon], 2010, 19:57
方や、妻が病に臥し、方や夫が病に・・・。妻が作家で、夫が最高の読者であるという二組の夫婦の二つの愛情物語。
『作家である妻と、最高の読者である夫の物語』という、本好きにとってはたまらない夢のような設定であったが、あまりにも身勝手な展開に乗り切れず、ママゴトのような夫婦の甘い会話がただただ恥ずかしくて仕方なかった。
そして、作家としての立場や心情には、共感できるものがあったが、やはり安っぽい少女漫画にもないような展開には勝てず、最後に残ったのは、この本の設定が二重の入れ子構造になっているのではないのか?という疑問くらいで、後味の悪い読後感が後をひいた作品だった。
(新潮社)★★☆☆☆
  • URL:https://yaplog.jp/you_1102/archive/844
2010年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30