天国はまだ遠く 瀬尾まいこ

October 16 [Sat], 2004, 22:03
仕事や人間関係に疲れ自殺を図ろうと旅にでた山田千鶴。
結局未遂に終わるが、宿泊していた民宿の宿主や、そこで出会った村の人々の素朴なぬくもりに触れ、少しずつ自己を取り戻していく。
山村の人里離れた情景が目に浮かぶようで心地よく読み終えることができた。
無理なく立ち直っていく姿にわざとらしさがない。
自然や人とのふれあいの温かさがとても心に染みた。
久しぶりにいい作品に出会えてうれしくなった秀作。
(新潮社)★★★★★

  • URL:https://yaplog.jp/you_1102/archive/83
2004年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31