ちょいな人々 荻原浩

June 11 [Thu], 2009, 21:10
若い女性社員に翻弄される上司達を描いた表題作をはじめ、客の一言にうろたえる占い師や、いじめられっ子の相談に気炎を揚げる女相談員など、どうにも憎めない人々の姿をユーモラスに描いた7編。
こんな人が本当にいるわけじゃないけど、わかるわかる!と共感したくなるような人々の人間模様が、毒づきながらも愛情を持って描かれていて、久しぶりに本を読んで大声で笑ってしまった。
そして、とことん主人公を弄りながらも、最後にはほっとした温かさが感じられ、一編読み終えるごとににんまりと幸せな気持ちになれた。
「占い師」や「相談員」、果ては「犬猫語完全翻訳機」と、言葉自体をモチーフにして巧みに操り、ウイットに富んだ文章へと紡がれていく様には、ある種の美学さえ感じられた作品だった。
(文藝春秋)★★★★☆
  • URL:https://yaplog.jp/you_1102/archive/729
2009年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30