田村はまだか 朝倉かすみ

September 11 [Thu], 2008, 9:14
小学校の同窓会に出席できなかった男“田村”を、深夜のバーでひたすら待ち続ける同窓生5人を鮮やかに描く長編。
いくら待てどもやってこない“田村”を待ち続け、昔話に花を咲かせる同窓生達の会話と、流れ行く待ち時間がとてもリアルに感じられ、かつてない斬新な設定にどっぷりと浸れ、心から楽しめた。
なんとなく浮世離れした田村の存在も、登場もしていないのに同窓生達の会話だけで伝わってきて、いくつか語られる同窓生それぞれの過去のエピソードも、皆が40歳という歳相応の味があり、しみじみとさせられるものがあった。
更に、静かに始まり静かに終わるのかと思っていたのに、とんでもない結末も用意されていて、最後まで読書の楽しさを堪能できた。
『田村はまだか』、『田村はまだか』と、本当にそんな声が聞こえてきそうな作品だった。
(光文社)★★★★☆
  • URL:https://yaplog.jp/you_1102/archive/661
2008年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30