スコーレNo.4 宮下奈都

May 07 [Mon], 2007, 22:26
三人姉妹の長女として生まれ、古道具屋を営む家で育った麻子の中学生から大人になるまでの物語。
愛らしく要領のいい妹への嫉妬感や、容姿や性格に対するコンプレックスなど、日常の出来事を丁寧に描写し積み重ねることで、主人公・麻子の心情が見事に表現されていた。
そして、瑞々しく繊細な文章が、心の中に流れ込んでくるようでとても心地よかった。
また、挫折感を味わいながらも、年を重ねるごとに少しずつ自分の殻を破り、自信を持って歩んでいく麻子の姿には、心からの拍手を送りたくなった。
読後は、晴々と爽快この上ない気持ちになれた。
(光文社)★★★★☆

  • URL:https://yaplog.jp/you_1102/archive/510
2007年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31