朝日のようにさわやかに 恩田陸

May 02 [Wed], 2007, 8:33
表題作「朝日のようにさわやかに」をはじめとして、ショートショート、ミステリー、ホラーなど、バラエティに富んだ作品を集めた短編14編。
どの作品を読んでも、読者をなんとなく不安な気持ちにさせるという、恩田ワールドならではの感覚が味わえた。
そして、ジャンルを問わずともその感覚が堪能でき、その書き分けが見事だと感心させられた。
結末は、ほとんどが読者に委ねられた形で結ばれ、更に不安が掻き立てられるという手法にはまってしまったような感覚を覚え、読後は、一人取り残されてしまったようでスッキリしなかった。
願わくば、“朝日のようにさわやかに”終わる結末を用意していただきたい。
(新潮社)★★★☆☆
  • URL:https://yaplog.jp/you_1102/archive/508
2007年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31