その街の今は 柴崎友香

February 06 [Tue], 2007, 19:00
大阪の街を舞台に、28歳・女性の日常の断片をリアルに描く。
コンパ、不倫、淡い恋心・・・と、独身女性の等身大の姿がリアルに描かれ、大阪弁の会話に心が和まされた。
ストーリー全体に流れる緩やかな空気は、描かれている街の喧騒さえもかき消しているようで、とても心地よかった。
モノトーンの昔の大阪の写真を通して主人公が感じた、「今を生きているという実感」がとても印象的で共感を覚えた。
大きな出来事や、感動はなかったが、明るい未来を予感させるような前向きな余韻を残し、読後は、とても爽やかで清々しい気持ちになれた。
(新潮社)★★★☆☆
  • URL:https://yaplog.jp/you_1102/archive/464
2007年02月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28