ハードボイルド・エッグ 荻原浩

January 17 [Wed], 2007, 9:24
探偵業を営む俊平。けれど、捜索を依頼されるのは動物ばかり・・・。
そんな折、秘書を募集、やってきたのは何と80歳を過ぎたお婆さんだった・・・。
この奇妙なコンビが、動物の捜索をしている最中に、殺人事件に遭遇するコメディを絡めたミステリー。
主人公の勘違いや、お婆さんの動向など、至るところに笑いを誘うネタが用意されていて、楽しみながらサラサラと一気に読み上げた。
しかし、殺人事件の真相は、予想以上に深刻なものであり、笑うに笑えない心境にもなってしまった。
ラストは、感動的な事実で締めくくられ、気持ちのよい余韻が残った。
ミステリーだけではない、色々な楽しさが味わえた作品だった。
(双葉文庫)★★★☆☆

【関連作品】
『サニーサイドエッグ』
  • URL:https://yaplog.jp/you_1102/archive/453
2007年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31