強運の持ち主 瀬尾まいこ

June 28 [Wed], 2006, 10:00
上司と喧嘩をして会社を辞めたOLが売れっ子占い師に転身、悩める人々の未来を占い、助言する連作短編4編。
ルイーズ・吉田という名前の由来や占いの仕方、話の展開が、なんとなく面白おかしくて、テンポよく楽しく読めた。
中盤で登場する大学生や、あまり占いには向かないであろうアシスタントの女性など、存在自体がコミカルで、ほのぼのとした雰囲気が終始漂っていた。
しかし、瀬尾さんならではの温かさはあったものの、過去の作品で感じた、はっとするような予想外の展開や手応えは感じられなかった事が残念だった。
(文藝春秋)★★★☆☆
  • URL:https://yaplog.jp/you_1102/archive/363
2006年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30