もしも、私があなただったら 白石一文

May 17 [Wed], 2006, 21:12
仕事を辞め、福岡でバー店を営む藤川啓吾のもとに、会社時代の同僚の妻であった神代美奈が突然訪ねてきた。
再会をきっかけに、再燃していく中年男性の最後の恋を描いた長編。
テンポよく話は展開していったが、魅力的に思える人物が登場せず、ストーリー展開に必要とは思えない濃厚な性描写や、およそ台詞とは思えない理屈ばかり並べた会話に興ざめしてしまった。
しかし、男性が喜びそうな女性のしぐさや、シチュエーションが至る所に散りばめられていて、男性が読んだら違った印象を受けるだろうなと、その事が何度も頭を擡げた。
(光文社)★★★☆☆

  • URL:https://yaplog.jp/you_1102/archive/346
2006年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31