町長選挙 奥田英朗

May 10 [Wed], 2006, 21:30
プロ野球チームのオーナー、IT企業の社長、カリスマ女優など、精神疾患のある患者を独自の方法で治療していく精神科医・伊良部先生シリーズの第三弾。
今回は、特定の実在する人物をモデルに置き、それ揶揄した形で描くという、第一弾第二弾にはなかった斬新さはあったが、ここまで皮肉っていいもんだろうか?と笑うに笑えない複雑な気持ちを抱えながら読んだ。
更に、伊良部先生よりも、患者の変貌ぶりにスポットが当てられていて、治療していく過程での目新しさには欠けた気がした。
しかし、どれもが悪意のない結末で、読後は、爽快さと共に妙な感動が味わえた。
(文藝春秋)★★★☆☆
  • URL:https://yaplog.jp/you_1102/archive/341
2006年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31