夜のピクニック 恩田陸

February 10 [Thu], 2005, 23:23
高校生活の最後を飾る「北高鍛錬歩行祭」。
80キロの道のりを夜通し歩き通すという、伝統的記念行事で繰り広げられた青春の一コマを鮮やかに描く。
わだかまりのある関係が続いていた融と貴子だが、この歩行祭を通してかけがえのない絆を見出す事が出来た。
生徒達の若さ、熱気、青臭さ、そしてまだ、初々しさが残る恋愛感情と友人関係・・・と、どれもこれもが、見事に描かれとても羨ましく感じられた。
そして、自分も一員になったかのような連帯感や一体感も味わえた。
融と貴子のわだかまりが解けたあたりから心の霧がすうっと晴れ、ゴールした時には一緒に喜んで抱き合いたくなってしまった。
(新潮社)★★★★☆

  • URL:https://yaplog.jp/you_1102/archive/149
2005年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28