受け継いでいくこと

November 13 [Mon], 2006, 2:13
先日後輩のTくんのお母様が亡くなられた。
もともと体を悪くされていて、そのせいもあってTくんは結婚も急ぎ、
嫁さんとともにお母様の闘病を支えていた。
もう長くないことはうすうす感じながらも、
何一つ弱音を吐かずに仕事をやり通していたTくんの強さには感服した。

亡くなられたのが連休中ということもあって、
弊社の中での連絡がとりきれなかったところ、
そして誰一人としてそのお通夜や告別式の準備に加わることがなかったところに
今の僕らの限界があると、後日弊社の顧問から言われた。
わりとこれは後ろからハンマーで殴られたような衝撃だった。
うちの会社の人事のトップのお母さんのお通夜に
誰も手伝えていない。。。。

僕らは仕事にかまけて本当に大事な何かを忘れてきたようだ。
今からでも遅くはないと顧問は言ってくれたが、
Tくんのお母様のお通夜は二度とない。
彼が歯を食いしばって仕事とお母様の闘病の支えとをしていたことを
どれだけねぎらい、どれだけ僕らが支えてこれたか?
世間は絶対に見ている、といった顧問の言葉を忘れず、
これからにつなげたいと思った。

押し寄せる大波

November 07 [Tue], 2006, 23:55
いろいろなことが一度に、それも荒れ狂いながら押し寄せてきている。
某大百貨店との店舗存続に関する交渉。
某大手テーマパークとのコラボレーション。
通販向けのオリジナル商材作りこみ。
専門店向けブランドの立ち上げ。
SC向けブランド構築の調整。
顧客名簿の管理運用のシステム化。
社内インフラとしてのシステムの整備。
あー・・・・
パンクしてるが逃げられない。
どこまで戦えるか。前のめりで走るだけ。
2006年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yoshihiro1027
読者になる
Yapme!一覧
読者になる