ホームタウン 小路幸也

2005年12月25日(日) 5時16分
オンライン書店ビーケーワン:ホームタウン

柾人は幼い頃の両親の死がトラウマとなって生きている。たった一人の妹、木実が失踪した。そして木実の婚約者も行方不明に。デパートの「特別室」に勤務する柾人が二人の行方を調査する中から、浮かび上がる事実とは…。

この作品は快作といっていいでしょう。作品自体はこじんまりとまとまって、読み終わった後も結構、爽快感がもてます。

悲惨な殺人で家族を失った兄と妹が時間がたった今、新しい家族と共に暮らしているというところが本作品の大きなツボ。その家族も血が繋がったものではなく、特殊な仕事の中から追い込んでしまった家族と同居しているのです。祖父と高校生の女の子という家族。
そして妹も婚約者という新しい家族をもって、これからの人生を過ごしていくという、ありきたりの話ではありません。家族を追い求めてなぜ妹は失踪したのかが大きな謎なのです。

そして、二度と帰ることの無いと思っていた故郷、旭川に帰ることになります。初めて過去と対峙することになるのです。その旭川で育ててもらった人たちが癖がありつつ、実にいい。「特別室」のかくさんという人物も謎めいていていい味出しています。

話立ては実に面白い。さくさく読めますが、いかんせん話が小粒の感は否めません。そこらあたりが不満なのですが、この作家、いつか代表作を書くのではないかという予感あり。

「家族は、できあがるものではなく、つくっていくもの」
この言葉が心に響きます。 家族をテーマにし、謎を追う特殊員。シリーズものの予感も。シリーズ化されたら当然読みます。またこの作者の次回作も注目です。

家族を感じさせる快作も
  • URL:https://yaplog.jp/yoshi-book0923/archive/288
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
よし
>ななさん、chiekoaさん
こんばんは。ぜひシリーズ化をお願いしたいです。
chiekoaさんのブログにはご本人さんからシリーズ化はしないと書いてありますねー。
そこを何とかお願いしたいです。

しかし、ご本人からコメントなんてすごい。
アンド少し怖いです。好き勝手なこと書いているので、その筋の方に申し訳ない気持ちも少々。



2005年12月26日(月) 21時30分
chiekoa
ほんと、シリーズ化してほしいですよねぇ!
でもその予定はないそうですが…しょんぼり…。
2005年12月26日(月) 12時47分
私もこの話好きだったのですが、兄弟の心の傷になっている「両親の死」が殺し合いってところがどうも納得いかなくて…
続編ですが、どなたかのブログにご本人が登場して「続編はありません」ってコメントを残していたような気がします。私も続編があったら読みたいって思ってるんですけどね。
2005年12月26日(月) 0時42分
2005年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
H N :よし
血液型:A型
誕生日:9月23日
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yoshi-book0923
読者になる
Yapme!一覧
読者になる