最後の願い 光原百合

2005年05月15日(日) 7時34分
最後の願い
4334924522光原 百合

光文社 2005-02-23
売り上げランキング : 46,977

おすすめ平均
starいいなあ・・・劇団Φ
star期待が大きかっただけに・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
光原百合さんはわたしの地元広島県の出身です。
前から読もう読もうと思っていましたが、噂にたがわずとっても良い作品でした。
7編からなる連作短編集。短編が集まって最後の「…そして、開幕」に収斂されていきます。
どの短編も温かい視線で語られます。
劇団Φ(ファイ)のメンバーにまた会いたいなー。ぜひ、続編を。
劇団Φを立ち上げるため、奔走する度会と風見。
劇団を構成する人たちの「謎」を解決すると同時に、かかわる人たちを次々とその気にさせ、劇団の一員に。そして幕は開けてゆく。それぞれの思いをこめて。

まず、日常の謎を解決してゆく二人がなんともかっこいい。
そして、そんな二人の下に集まる劇団構成員の個性豊かなこと。

わたしは「花をちぎれないほど…」と「彼が求めたものは…」が好きです。
役者ならではのあざやかな解決。度会が謎を解くところではなぜか役者になっている。
この二人可笑しいんです。冒頭から噴出してしまいました。
それぞれの短編がそれぞれの味があります。笑いと涙。そうこれこそ劇団と役者を意識して書かれています。特に「彼が求めたものは…」はいいな。涙です。

劇団を作るため、仲間を探すうちに謎が。この構成も素晴らしく、読ませる。
「…そして、開幕」そうラストにちゃんと繋がっている。
残念なのは連休に読んだため集中できなかった。いつか再読しなくては。そんな作品でした。短編レヴューしたい作品集でした。
間違いなく今年のミステリーの収穫。光原さんの視線がわたしは好きです。
それにしても劇団Φにまた会いたい。絶対、絶対、続編を期待します。

一重にわたしの集中力のなさ、そんなレヴューになってしまいました。でも良いものは良いんですから。
満点でも決して不思議でない、一重に読み手のわたしのせい★★★★☆
  • URL:https://yaplog.jp/yoshi-book0923/archive/177
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
最初のうち、構成がわからなくておろおろしちゃったんですが、なじんでからはがぜんおもしろかったです。
続編、いいですね!私も期待してます!
2005年08月12日(金) 22時57分
よし
>ゆこりんさん、MICHI☆みすずさん
こんばんは。本当に良かったです。
続編、続編、期待ですよね。
光原さんお願いしますという、気持ちです。
また劇団Φに会いたいです。
2005年05月15日(日) 21時26分
よしさん、こんばんは。
TBどうもありがとうございました。
当方からもTBさせていただきました。

私も続編期待してます(^^)
2005年05月15日(日) 18時23分
ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう
とってもよかったですよね♪劇団Φ、サイコー(⌒∇⌒)
私も続編を望んでます(o^-^o)
2005年05月15日(日) 9時26分
2005年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
H N :よし
血液型:A型
誕生日:9月23日
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yoshi-book0923
読者になる
Yapme!一覧
読者になる