体験で、コバルトブルーのグラスが作れます!

January 23 [Thu], 2014, 17:09
コバルトブルーのグラスがつくれます!

青色の鮮やかなグラスを体験で作ってみませんか?

工房では年に2回ほど、熔解炉に青色などのガラスを熔かしています。
いま2月中旬までなら、普段とひと味違うコバルトブルーのステキなグラスに挑戦できます。
お気軽に工房までお尋ねください。

教室生徒さんの作られた作品の一例です。


工房前の桜も満開です!

April 07 [Sat], 2012, 17:38
吹きガラス工房前の公園では、いま桜が満開です。
1日中、桜の花見を楽しみながらの吹きガラス作業になっています。
連日、満開の桜同様、工房では教室に通う生徒さんや吹きガラス体験の皆さんで賑わっています。
吹きガラスを気軽に体験できます。
興味のお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。






体験取材がありました。

May 02 [Mon], 2011, 14:25
静岡ガスの広報誌「Saika」春夏号に、2家族の吹きガラス体験の様子が記事になりました。
小学生2人と中学生、お父さんの計4人が奮闘してくれました。
その広報誌と、そのときの1コマです。




体験中のスナップ









パックン・マックンとの記念撮影!

December 24 [Wed], 2008, 16:23
みんなで記念撮影しました!

先日、テレビ放映された「道ぶら」で、パックン・マックンが
工房体験をしたあと、協力してくれた生徒の皆さんやスタッフの
皆さん全員が集まって、記念撮影をしました。
そのときの写真を手に入れることができました。
慌しくも、楽しい時間でした。

そのときの写真です。

パックン・マックンが吹きガラス体験!

November 17 [Mon], 2008, 18:43
パックン・マックンが吹きガラス体験!

11月10日(月)、パックン・マックンが、当米澤吹きガラス工房
吹きガラスを体験しました。

SBSテレビで放送されている「みちブラ!」の取材で、
パックンとマックンが当工房にやってきて、
それぞれ吹きガラスに挑戦する様子が、テレビに収録されました。

ほんとうにぶっつけ本番で、説明もそこそこに、いきなり体験で
しかも少し面倒なグラスを作ることとなり、
彼らを相手に、怪我があってはいけないし、悪戦苦闘(?)の時間に
なりました。
まじめに取り組んではくれましたが、職業意識(?)の高い彼らは、
さすがに笑いを取りに走ろうとするし、教える側としては、
怪我や失敗があってはと、ヒヤヒヤの冷や汗ものでした。

何とか無事に、2人とも作品を完成することができました。
まさに、嵐のような収録が終わったあと、
ホッとするとともに、どっと疲れが出た1日でした。
とはいえ、彼らのお笑いタレントとしての職業意識と、とても真摯で
まじめな人柄も垣間見られ、良い刺激とともに、
楽しい時間を過ごすことができました。

この放送予定は、
12月13日(土)の昼12時から、
SBSテレビ「みちブラ!」のなかで放送されます。

どんなふうに放送されるのか、
いまから楽しみです。
ぜひ、ご覧になってみてください。


真剣な表情で説明を聞く、パックン・マックン。




道具の使い方を、


教室風景を、

テレビで放送されます!

November 07 [Fri], 2008, 0:43
11月12日(水)、17:00からテレビで放映されます!

この11月6日、7日に、静岡朝日テレビの工房取材がありました。
レポーターの女性が、吹きガラス体験で、グラスづくりに挑戦した
シーンを中心に、教室や工房の紹介が放送されます。

静岡大学の学園祭の紹介に関連して、大学の周辺地区の紹介に
当工房がとり上げられました。
楽しいシーンが期待できると思いますので、ぜひご覧ください。

放送の予定日は、11月12日(水)、夕方の「とびっきり静岡」のなかで、
午後5時頃からの番組のなかで放送されるそうです。

おわら風の盆

September 04 [Thu], 2008, 0:41
普段は、まったく気に留めることのない風。
その風が、人生の様ざまな局面で、それぞれの記憶のなかに
深い陰影をもたらしてくれる。

日々の生活のなかで、風は、様ざまな表情を見せてくれる。
あるときは、人の命まで奪ってしまう激烈な姿で迫ってくるかと思えば、
あるときは、季節ごとの香りを乗せて、やさしく頬をなでてくれる。
あるときは、様ざまな便りを運んでくれる。
人は、風に、たくさんの想いを託す。千の…、いや、想う人の数だけの表情を
風は語りかけてくれる気がする。

そんな風をテーマに、これまで、いくつかの作品づくりに挑戦してきました。

風のイメージを膨らませていくなかで、
いつも心にひっかかっていたのが、“おわら風の盆”でした。
富山県の八尾で、毎年9月1日から3日間行われるこの行事は、
その言葉の響きとともに、知れば知るほど、
ますます興味深いものになっていました。
また、「風の盆恋歌」の小説は、ますます憧憬の気持ちを増幅させてくれました。

三味線、胡弓、そして地歌のゆったりした音色に合わせ、
男と女が舞う姿は、幽玄の世界に誘ってくれます。
ともに深編み笠で、しっかりした線を描く男の舞と、
対照的に色っぽい浴衣姿の女性が柔らかな曲線で描き出す世界は、
どこまでもぼくを別次元の世界に酔わせてくれます。

ずっと以前から、いつかは訪れてみたいと思っていましたが、
なかなかその夢を実現できないでいました。
それが今年、なんとかやりくりがつき、
ゼロ泊2日の強行軍でしたが、ついに行ってきました。
いまや、全国区のこのお祭りには、3日間で30万人が押し寄せるという
すさまじい世界に変わってしまっていて、
小説のなかで垣間見た幽玄の世界は望むべくもなくなってしまっていますが、
そこで観た踊りと音曲の世界は、わずかな慌しい時間にもかかわらず、
十分に堪能させて、心を充足感で満たしてくれました。

今回は、予備情報の旅。次は、あらためて、じっくり“おわら風の盆”と
付き合う旅をしてみたいと思っています。















雨にもめげず、

June 23 [Mon], 2008, 23:18
雨、雨、雨・・・・・雨ですね。
いま、隣りの岡部町のギャラリー「未来」で、私の吹きガラス作品展をやってます。
今回は、初日からずっと、見事に雨が続いています。それも、本格的な雨ですね。
かなりしんどい状況ではありますが、そんな雨をついて、遠くから、わざわざ出向いてくれる
お客さんも少なくなく、ただただ感謝です。
やっぱり、自然のサイクルには、逆らってはいけませんね。次回は、梅雨を避けて
楽しく来てもらえるよう、反省しております。
外は梅雨でも、会場内は、すでに梅雨明けして、夏がいっぱいです。
7月2日(水)までやっています。
時間がありましたら、ぜひ、気軽にお立ち寄りください。



体験を楽しまれました。

May 07 [Wed], 2008, 0:52
5月5日のこどもの日、掛川市から見えた女性5人の同級生グループのみなさんが、吹きガラス体験を楽しまれました。
4人が初めてのみなさんでしたが、和気藹々の雰囲気のなかで、全員が異なる作品に挑戦され、いずれもステキな作品をものにすることができました。
みなさんが自分の作品を見て、喜ばれるすがたが、何よりの喜びと次へのエネルギーを与えてくれます。
みなさん、お疲れさまでした。

はじまります。

April 01 [Tue], 2008, 14:21
ようやくと言うか、なんとかと言うか、桜の満開とともに、米澤吹きガラス工房のホームページとブログがスタートします。エイプリルフールではないので、ぜひ覗いてもらえることを期待しています。どうぞ、よろしく。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:米澤正彰
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:静岡県
読者になる
静岡市で、米澤吹きガラス工房を主催。
作品作りと教室で、毎日、熱い?時間を楽しむ。
2014年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像えみえみ
» 体験を楽しまれました。 (2008年05月10日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/yone-gls/index1_0.rdf