2007年6月28日
日本競馬狂想曲」のダウンロード先が変更されました。
携帯電話から下記アドレスかQRコードを利用してアクセスして下さい。
サイト名:ぐるうたフル
URL:http://utafull.com
(携帯電話専用サイトです。)

QRコード

[手順]
ぐるうたフル
TOPページで
「→アーティストリストはこちら←」を選択。
アーティストのリストが表示されますので、
「佐々木忠平(めんたんぴん)」を選択してください。
「佐々木忠平(めんたんぴん)」の曲一覧が表示されます。

[配信]
au、DoCoMo、Softbankで配信しております。
着うたフル対応機種でご利用ください。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yogakuonsan
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« 行け!川崎帝王号 二の巻 | Main | 「行け!川崎帝王号」に参加しませんか NO.1 »
行け!川崎帝王号 一ノ巻 / 2005年07月17日(日)
別のサイトにも書いたが、川崎帝王号とは私の事だ。平田国二郎がそう呼んだ事がある。
ある時期私は夢中になって川崎競馬場に通った。部屋着のまま出かけていた。いつもジャージ姿だったらしい。その姿でパドック前列にかじりついていた。一年間平田さんは私に声をかけなかった。あまりにひどい格好なので、ためらったと言っていた。
再会した頃、彼はニューヨークに住んでいた。日本に帰ると電話がかかる。「明日何してんねん。川崎開催してるんやろ、どやねん。行けるんなら行こうや。」平田さんは必ず1レースから始める。パドック党なので新聞は持っていない。前日はベルモント競馬場、今日は川崎競馬場。生活感のない二人は、競馬をしながら日本を語り、ロックを語った。
競馬場は男の社交場かもしれない。悩みを相談したり、人によっては借金を申し込んだり、競馬だけで一日が終わるわけではない。仕事がうまくゆかない。なぜだろう。何かを間違えてるんじゃないか、そんなときには競馬場がいい。
1日中馬を見、歩き回れば何か浮かんでくる。浮かばなくても気分転換にはなる。府中でもいいし、川崎でもいい。競馬場に行く事を進める。家にいてパソコンいじって馬券を買ってるより、出かけて欲しい。都市生活者は、なおさらだ。

少し話はずれる。少子化、年金、リストラ。今問題になっている殆どは、都市生活者を直撃している。田舎にいれば、そんな深刻な問題ではない。都市に住むということがかなり難しくなった。年寄り、年金者は一日中テレビを見ている。若い人にとって物価、家賃の高い都会で子どもをを育てるのは大変だ。二人が限界。その子ども達も、ひたすら家の中でゲームをするしかない。昔からとてもハードだったが、今は絶望的になった。
私は子育てを終えたが、小さい子を抱えた家庭は大変だろう。
確かに高給取りは多い。けれど昔から比べれば3〜5倍の仕事を持っている。その仕事をこなして、高いサラリーをもらっているに過ぎない。
働きすぎは良くないと言ったはずだが、どこかへ飛んでしまった。
いくら高給を取っていても常にリストラに怯えなければならない。
政府の進める地方分権とは、東京解体なのではないかと思う。もう東京に暮らしは、破綻寸前なのだ。ビジネスの最前線に常にいるしかない。一歩引けばゴミになる。何とかうまく地方分権できればいいのだが。

都会にいて自分を取り戻せるのは、競馬場しかない。自分を取り戻さねば生きてゆけない。自分のアイデア、プランをしっかりと持たねばならない。その大事なアイデアを都会に生活しながら、思いつくのが大変なのだ。
田舎に住んだ方がいいのかもしれない。最近そう思うようになった。都会の皆さん、どうでしょう?そう思いませんか?若い時に成功したとて、続かない。成功者はすぐに敗者になる。どれくらい見てきたか。それでもまだ成功を夢見る。
このサイクルから、どう脱出するか。
それを一緒に考えてみたいのですが。
Posted at 13:48/ この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/yogakuonsan/archive/2
コメントする
名前:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

   
Powered by yaplog!