吉元で糸井

May 10 [Thu], 2018, 3:31
ニキビというのは、若い子たちが使う言葉で、20歳以上の大人はニキビという言葉は使わないなんて言う人もいます。



少し前に、久々に鼻の頭に大きな吹き出物ができてしまったので、主人に、「ニキビができたの」と話すと、笑いながら、「その歳じゃもうニキビなんて言わないよ」と、言われてしまいました。ニキビは食べ物と密接につながっています。正しい食生活をすることはニキビが減ることにもつながります。食事は野菜中心の献立にして、ビタミンやミネラルをじゅうぶん取るように心がけましょう食物繊維が豊富な野菜中心の食生活は、便秘解消にもつながることから、ニキビの症状を緩和させます。

ひどいニキビができた場合は、洗顔石鹸を使用してのピーリングをしています。



初めてピーリングを行ってみた時には、少しヒリヒリ感が残りました。

そこで、何となく怖くなってしまって即座にやめたのですが、お肌が正常な状態になったら、そのヒリヒリ感がきれいさっぱり消えて、キレイにニキビが改善できました。
それ以降、ニキビができてしまうとピーリングをしています。典型的なニキビの原因のひとつとして女性モルモンのバランスが保持されないことが影響しています。女性ホルモンのバランスは、ストレスを受けると容易に乱れてしまうと耳にします。
また、特に生理の前は女性モルモンが大きくバランスを崩します。

生理前にニキビの悩みを抱える女性が多いのも実はこの女性ホルモンの乱れによって起きているのです。

昨今、重曹でニキビのお手入れができると注目されています。弱アルカリ性の重曹が油分を分解する効力を発揮し、洗顔料に重曹を混ぜたもので洗顔すれば、毛穴の汚れや角質の除去ができ、ニキビの症状を改善させる効果が期待できるというのです。ただ、研磨効果のある重曹が含まれた洗顔料だと肌にダメージを与える恐れもあるため、試してみる際には、十分に気を付けてください。ニキビというのは再発しやすい肌トラブルとなります。キレイに治ったからといって暴飲暴食などの不摂生をしていると、すぐにまたニキビはできてしまいます。
ニキビが再発しないよう防止するためには、お肌をキレイに保つようにし、不摂生な食事や暴飲暴食をせず、睡眠をたっぷりと取っていくことが重要だと思います。
少し前、連続して徹夜をしてニキビ面になってしまいました。
私はすぐニキビができる方なので、少し肌に負担を掛けただけでもニキビで顔がぶつぶつするのです。
だからどれだけ時間に追われていても、少しでも早く寝て十分な睡眠をとるように気を配っています。睡眠不足が一番ニキビに悪いと思います。にきびで悩んでいるからといって顔を洗いすぎてしまうと、必要な油脂をも洗い落としてしまい、かえってニキビが悪化する原因ともなります。

多く洗うとしても洗顔は一日に二回程度にしましょう。

大事なことはしっかりと洗顔料を泡立て、肌に直接手を触れずに、あくまで泡で洗顔を行うこと、洗顔後は間を空けず保湿をすることです。
母親がすごくニキビ肌で、自分も中学からニキビに悩まされ、大人になった現状でも、すぐにニキビができてしまうので、顔のお手入れは注意してやっています。そして、みっつになる娘もすでに鼻周りの毛穴に角質がつまり始めています。


あわれなことに絶対にニキビ肌になりそうです。
遺伝とは恐ろしいものだと思いました。アクネ菌がニキビの原因なので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を他の人と共有で使用していたり、肌が直に触ってほったらかにして洗わずにいると、他の人のニキビがうつることがあります。また、自分のニキビを触った手で、顔の他の場所に触れると、その場所にもニキビができてしまう可能性があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:風花
読者になる
2018年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる