広報班/ビジュアル班のhiyoriさんの感想を紹介します

November 13 [Tue], 2018, 22:16
広報担当、経理担当の製作委員会の要、hiyoriさんのフェイスブックの記事を紹介します!
こうやってこつこつ 見えないところで影で活躍してくださる方も大事な仲間です!



こころのミュージカル10周年記念公演

「心の中の光となって〜人間物語 丸岡秀子」

女性が自由に生きられなかった時代に、女性として、妻として、強い意志を持って新たな解放の道を築いてくださった丸岡秀子さんの物語でした。涙あり、笑いあり、感動あり・・私は初っ端の里親の初(はつ)と主人公4歳の秀子が別れる場面で涙(:_;)土屋芳美先生のダンスはオモシロカッコよくて大笑い!でした。
お芝居のことはわかりませんが、多くのお客様に感動を与えたことは確かな事実です。当日お客様と直接お話ししましたが、東京や千葉など遠くから足を運んでくださった方、80代のご婦人もいらっしゃいました。
「私は丸岡秀子さんが亡くなったお歳、87歳、同い年。。こんなにも偉大なことをされた人生を送られたのですね・・」と涙いっぱいでホールから出てこられました。
割高な当日券を購入して観てくださったお客さまもたくさんいらっしゃいました。1日1300人の動員をかけた市民ミュージカル。10年培ったものが大きく花開いた!そんな感じがします。
きっかけは娘たちがダンスやお芝居をしていたので携わってきましたが、運営部隊を引き受けるようになって、この事業は佐久市の未来の子どもたちのために大切なものだと思うようになり、娘たちが卒業した後もお手伝いしてきました。
多くの協賛を通して企業の社長さんとお話ししたり、コスモホールの職員の方と公演当日のキッチンカーや警備の手配、チケットの販売から案内業務まで・・10年間こころのミュージカルを通してたくさんの方と出会いました。もしかしたら出演される方よりももっとたくさんの方と出会っているのかもしれません。
今年も公演当日までまぁいろんなことが起こること(笑)そんなハプニングにも笑ってみんなで協力しながら乗り越えるところが大変ながらも楽しかったのかもしれません。
チラシやパンフレットの作成は未熟で申し訳ないばかりでしたが、とても想い出になり学ばせていただきました。これから会計業務に専念しますが、どうか年内に作業終了しますように!!
家族が理解してくれて全面協力のおかげでこの事業に10年携われたことに感謝です✨
10年、娘たちも大きくなりました。私は歳も取りました(笑)
ただひたすらにいろんなところと均衡を保ちながら前に進めてきた廣末恵子委員長、魔法をかけるような演出で観客だけでなく出演者も感動させる奥村先生、愛いっぱいのお話を作ってくださった晋先生…素人の私からこの素晴らしい事業の云々を語ることはできませんが、こんな私も一緒に参加できましたことを感謝します。
大盛況、おめでとうございます!!
  • URL:https://yaplog.jp/yatonoturugi/archive/1184
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。