巨人内紛問題、まだ文句言うなら報知の編集局長に飛ばすぞ

December 14 [Wed], 2011, 7:41
巨人と読売新聞グループ、渡辺恒雄球団会長を相手取り、計6220万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴えを東京地裁に起こした清武英利氏(61)。訴えの中で清武氏は、コーチ人事における話し合いで、渡辺氏から「まだ文句を言うのなら、報知新聞の編集局長に飛ばすぞ」と言われたことなどを明かしたと今日14日の産経新聞で報じていました。
訴状などによると、清武氏側は「渡辺氏は適正手続きによって確定したコーチ人事を突如、自らの一存で公然と覆そうとしたのであり、重大なコンプライアンス違反である」と主張。「(清武氏は)経営改革などに尽力しており、取締役の適格性に欠けるところは一切なく、解任が違法かつ不当であることは明白」としている。
人間の健康は身体中に、血液が隅から隅まで循環していれば、元気でいられると思います。そこで良く言われるのが塩分を減らせといわれます。それは、塩分が増えると腎臓は塩分を排出しようと、血管を締め付けるホルモンを出し、それによって血圧が高くなるといわれます。そこで血管広げるために有酸素運動を取り入れ、血液の流を良くすることです、更に脂身の肉食を少なくして青背の魚を摂りますと血液の流が良くなるDHAやEPAが豊富に入ってますので血液がサラサラになる状態になります、それが強いては、高血圧を予防改善する働きになります。
一方、巨人は読売新聞グループとともに、清武氏に1億円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしている。巨人広報部は「訴訟を通じて真実を明らかにするとともに、清武氏によって傷つけられた名誉、信用を全力で回復していきます」とコメントした。
血液の塩分の量は食べ物から入ってきますが、腎臓が疾患していますと、塩分が排出されず血圧が上がるという事もあります。
高血圧を予防改善するためには、運動と毎日撮る食事に左右されます。よく噛んで野菜を豊富に取ることによって塩分は薄められます。元気生活を送るためには体重の管理もしっかり行ないたいものです。
  • URL:https://yaplog.jp/yasuragi2010/archive/104