サッカー天皇杯決勝はFC東京と京都サンガの初のJ2同士の対決 

December 30 [Fri], 2011, 13:57
サッカー第91回天皇杯全日本選手権準決勝(29日・国立。長居)が行われ、J2勢がともにJ1勢に競り勝ち、元旦の決勝に進んだと今日30日の読売新聞で報じていました。
来季のJ1復帰を決めているF東京は、矢沢のゴールでC大阪を1−0で破り、初の決勝進出。京都は延長戦の末、4−2で横浜Mを振り切った。後半終了間際に追いつかれて延長戦に突入したが、116分に途中出場の久保が勝ち越し点。さらに駒井が追加点を決めた。
京都の決勝進出は、優勝した第82回以来9大会ぶり。J2勢が決勝に進出するのは初めてで、史上初のJ2同士の決勝戦となる。
スポーツも健康も努力を重ねると勢いがつき勝ち運に乗れると言われます。高齢になりますと糖尿病や、高血圧に半数以上の人が悩んでるといわれます。メタボや高血圧を予防改善して元気生活を続けたいと思います。
F東京が、昨年を含めて過去3度はね返された準決勝の壁を突破した。今季のJ2で培った、泥臭く体を張る姿勢を最後まで貫いた。
一方京都は「勢いがあった。いいチーム。若くていい選手がいるなと思った」。敗れた横浜M・木村監督の言葉が、快進撃を続ける京都の強さを言い当てていた。
こうして見ると元旦決戦は粘り強い同士の対決が見ものだ。健康も毎日の日課の中に歩くことを頭の中に入れて置きますと健康に対する自身もつきます。運動と食事を見直し高血圧を予防改善していつまでも若い体力を維持して欲しいと思います。

鳩に数の多い少ないが分かる? 

December 25 [Sun], 2011, 12:48
ハトは数を理解する能力があるとする実験結果を、ニュージーランド・オタゴ大の心理学者らが23日付けの米科学誌サイエンスに発表したと24日の読売新聞夕刊に出ていました。
それによりますと抽象的な数の概念は、サルが持つと報告されているが、ハトの能力もこれに匹敵するという。
研究チームはまず1年がかりで3羽のハトをを訓練。1〜3個の図形を含む画像を、数が少ない順にくちばしでつつくようにした。
このハトに、1〜9この様々な図形を示した画像2枚を見せる実験をしたところ、ハトは図形の色や形に関係なく、数が少ない方を正しく選んだという。数の概念を理解して代償を比較したことになる。
そしてハトは目が良いと言われています。遠方から自分の住処に戻る事は得意とするところです。これはどなたもご存知です。それには、やはり目が良いのも、それを裏付けるものと思われます。
私達は健康の為に運動と食事の改善をはかって元気生活が送れるように訓練しております。その一つに高血圧を予防改善するために歩くことを推奨しております。
研究チームのダミアン・スカーフ博士は「ハトは、場所ごとに食物が多いか少ないかを比べられると、生存競争に有利だ。それで、数に関する能力も発達したのだろう」としている。
やはり生きるための能力はどの生き物も凄い力を発揮するものだと思いました。人間も毎日の食生活を見直すことによって、夫々違った生命力を生み出す事が出来ます。
高齢になりますと、ほとんどの人が血圧が心配されます。高血圧を予防改善することによって私達は寿命を伸ばすことは可能だといわれています。それは毎日の生活の改善にかかっています。

北朝鮮の金正日総書記が死去 

December 20 [Tue], 2011, 7:49
北朝鮮の国営テレビとラジオは19日正午から特別放送を行い、金正日総書記(69)が17日死去したと報じた。国営朝鮮中央テレビでは、女性アナウンサーが「17日午前8時半、列車で」現地指導に向かう途中、肉体過労で死亡した」と伝えたと19日の読売新聞夕刊で報じていました。
金総書記は2008年8月に脳卒中で倒れたが回復し、今月に入っても軍部隊を現地指導するなど、精力的な活動を北朝鮮メディアが伝えたばかりだった。
北朝鮮では金総書記の健康不安を受け、三男の正恩氏(28)を昨年9月の朝鮮労働党代表者会で、党中央軍事委員会副委員長に選出。
これから寒さが一段と厳しくなりますと、風邪を引く人が多くなってきます。また、風邪は万病の元とも言われます。日本人の高齢者の半数が高血圧、あるいはその予備軍だと言われております。高血圧を予防改善するために運動と、食事の改善で予防したいものです。
朝鮮人民大将の称号も付与し、後継者として確定していた。
ただ、金総書記の義弟、張成沢党行政部長らが後見人役として支えるものの、経験不足は否めず、北朝鮮国内の混乱も予想される。
運動は3日坊主で終わらないように日課として1日1万歩の歩行を組み込んで置く事が大事です。食事は満遍なく1日30品目の食材を良く噛んで、腹八分目の食生活を行っていますとメタボ、高血圧を予防改善の早道となること請け合いです。





































北朝鮮の国営テレビおラジオは19日正午から特別放送を行い、金正日総書記(69)が17日死去したと報じた。国営傭船中央テレビでは、女性アナウンサーが「17日午前8時半、列車で」現地指導に向かう途中、肉体過労で死亡した」と伝えたと19日の読売新聞夕刊で報じていました。
金総書記は2008年8月に脳卒中で倒れたが回復し」

















巨人内紛問題、まだ文句言うなら報知の編集局長に飛ばすぞ 

December 14 [Wed], 2011, 7:41
巨人と読売新聞グループ、渡辺恒雄球団会長を相手取り、計6220万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴えを東京地裁に起こした清武英利氏(61)。訴えの中で清武氏は、コーチ人事における話し合いで、渡辺氏から「まだ文句を言うのなら、報知新聞の編集局長に飛ばすぞ」と言われたことなどを明かしたと今日14日の産経新聞で報じていました。
訴状などによると、清武氏側は「渡辺氏は適正手続きによって確定したコーチ人事を突如、自らの一存で公然と覆そうとしたのであり、重大なコンプライアンス違反である」と主張。「(清武氏は)経営改革などに尽力しており、取締役の適格性に欠けるところは一切なく、解任が違法かつ不当であることは明白」としている。
人間の健康は身体中に、血液が隅から隅まで循環していれば、元気でいられると思います。そこで良く言われるのが塩分を減らせといわれます。それは、塩分が増えると腎臓は塩分を排出しようと、血管を締め付けるホルモンを出し、それによって血圧が高くなるといわれます。そこで血管広げるために有酸素運動を取り入れ、血液の流を良くすることです、更に脂身の肉食を少なくして青背の魚を摂りますと血液の流が良くなるDHAやEPAが豊富に入ってますので血液がサラサラになる状態になります、それが強いては、高血圧を予防改善する働きになります。
一方、巨人は読売新聞グループとともに、清武氏に1億円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしている。巨人広報部は「訴訟を通じて真実を明らかにするとともに、清武氏によって傷つけられた名誉、信用を全力で回復していきます」とコメントした。
血液の塩分の量は食べ物から入ってきますが、腎臓が疾患していますと、塩分が排出されず血圧が上がるという事もあります。
高血圧を予防改善するためには、運動と毎日撮る食事に左右されます。よく噛んで野菜を豊富に取ることによって塩分は薄められます。元気生活を送るためには体重の管理もしっかり行ないたいものです。

横浜の村田修一内野手巨人入りへ 

December 09 [Fri], 2011, 8:36
DeNaからフリーエージェント(FA)宣言した村田修一内野手(30)が8日、巨人入りの意向を表明したと8日の読売新聞夕刊で伝えておりました。
村田はこの日午前DeNaと、FA宣言後2度目の交渉を行い、この席で退団の意向を伝えた。交渉終了後、「来年から優勝争いしたいという夢を捨て切れなかった。獲得の意思を示してくれた巨人軍に移籍します」と明言した。
2日に行われたDeNaと村田の初交渉で、春田オーナーが「5年後に優勝」という目標を掲げたのに対し、村田は「来年、再来年と早い段階で優勝争いがしたい」という気持ちを伝え、両者の意識の相違が明確になっていた。
人は年齢とともに老化は防ぎようがありません。ところが、血管は鍛え方によっては若返り可能だと聞きました。それはやはり有酸素運動を取り入れることにあります。その代表が手軽に始められるウオーキングです。無理のない1日20分くらいから始め、運動を医者から止められていない方は、強弱をつけた歩き方で血管に弾力性が出て来ます。その結果高血圧を予防改善になり、動脈硬化を遅らせると言われます。
巨人は3日村田と初交渉を行った際、2年契約を提示したと見られる。今後、両者が契約の細部などで合意に達すれば、正式に「巨人・村田」が誕生する。
前にも申し上げましたが、人間は年とともに血管は硬くなります。1日1万歩の歩行を目標として長期間行いますと血液の流れがスムースになり、更に野菜中心の食事と脂身の肉食を少なくして青背の魚を摂るように心がけますと高血圧を予防改善は早めに達成できると思います。
夕食を少なめにして節酒、禁煙に努めますとメタボの予防にもなり、身体の動きが活発になり、動きも機敏となり見た目にも若返ります。