断食ダイエットのリバウンド

November 06 [Sat], 2010, 10:11
断食ダイエットは、リバウンドしやすいダイエット方法の1つです。ダイエットと断食に関する予備知識を持って、リバウンドにならない工夫をしておきたいものです。


断食ダイエットをすると体重も落ちていると思いますが、体力や筋力も落ちてしまいます。弱っているところに断食前と同じ食事を摂取すると、そのことがお腹に刺激になって痛みを誘発してしまうということもあると言われています。


断食の期間が終わったからと、すくさま今まで通りの食事に戻ることは困難です。断食が終わってから通常食に戻る前にの食事はよく考えるようにしましょう。


断食ダイエット終了後の食事は、回復食という消化にいいスープやお腹に優しいおかゆ類などを食べて体を少しずつ整えていかなければなりません。回復食は1回2回で済むものではありません。


断食ダイエットにかけた時間と同じくらい回復にはかかります。断食直後の回復食は少なめにし、断食をした日数と同じ日数をかけて食事を今まで通りの食事内容に戻すことで体を整えます。


回復食を1日食べると翌日は普通の美味しいものを食べたいと思うかもしれません。心身共に苦しい断食ダイエットをやっとの思いでくぐり抜けても、回復食を怠ってはリバウンドのリスクがあります。


断食ダイエットを成功させるためには、回復食期が終了しても体調が落ち着くまではうどんやゆでた野菜などをメインにした食事を摂り、リバウンドを起こさない工夫をしたいものです。


断食ダイエットは、すべきことさえ厳守できれば確実に体重も落とせますし、決して難しくはないダイエット方法です。

腹筋で少しずつ細く

November 04 [Thu], 2010, 11:56
腹筋ダイエットではダイエットにならないと思っている人がいるようです。腹筋は筋肉が鍛えられるため、お腹が細くはならないと思っている人が多いようです。


腹筋でお腹の筋肉を鍛えることにより、脂肪を減らすことができます。実際には正しい腹筋運動を毎日行うことにより、お腹周りの皮下脂肪を落としやすい体質になります。


腹回りの脂肪は、腹筋運動によって代謝しやすい状態になります。有酸素運動と腹筋運動の相乗効果でダイエットをすることで、確実に体重を減らすことができます。


腹筋ダイエットは一般によく知られている方法ですが、メカニズムについては案外知られていないのではないでしょうか。


体内に蓄積された脂肪を減らすというより、筋肉を強化することで行うダイエットが腹筋ダイエットです。腹筋をすることにより直接脂肪に働きかけるのではなく、腹筋を増やすので、お腹の脂肪が燃焼しやすくなります。


たくさんやれば早く効果が出るわけではありませんので、筋トレはじっくり腰を据えて、日に10回から20回の運動を続行するようにすることです。


一気に100回も200回も腹筋をしてもダイエットが前倒しになるわけではなく、健康を損なう可能性もあります。女性の体は腹部に脂肪を溜め込みやすくできています。


それは女性にとって大事な子宮や卵巣を脂肪のクッションで守るためです。腹筋で少しずつ細くしていきたいものです。

産後のダイエットは慌てず結果を求めすぎず

November 02 [Tue], 2010, 9:13
ダイエットを産後にする人がいます。妊娠している間、女性は約10ヶ月で10sほど体重が増加します。とはいえ、出産直後の子どもは3s〜4sが平均的です。


妊娠時に増加した分の体重を速やかに減らすためのダイエットが、産後のダイエットです。産後のダイエットは本当に必要なのでしょうか。


妊娠中は自然と運動量が減るので、体重は増加する傾向があります。そして産後しばらくは授乳期なので、お母さんの栄養の一部は赤ちゃんのものです。


毎日妊娠中と変わらず、体も動かさず、子供の分もと食べ過ぎていては、なかなか体重は減りません。産後普通の生活に戻ることで、体重も自然に落ちることも多いようです。


産後の体にダイエットをやっても大丈夫なのでしょうか。出産後1ヶ月は、お母さんの体もまだまだ本調子ではありません。妊娠前の体に戻そうと、必死にメンテナンスしています。


出産直後は3〜4時間おきの授乳が必要になり、自覚はないかもしれませんが疲労は積み重なっていきます。どうしても今の体型が気になってダイエットを始めたいのであれば、産後最低1ヶ月たってから始めるようにしましょう。


出産直後はメンタル面も弱りがちですが、出産しても体重が減らないと無闇に焦らないようにしましょう。産後のダイエットは、慌てず結果を求めすぎず、取りかかる時期も急ぎすぎないことです。

真のダイエットとは

November 01 [Mon], 2010, 9:38
筋トレダイエットのダイエット効果についてです。


筋トレによって脂肪を燃やし筋肉をつけることで、ダイエット効果を高めることができます。脂肪と筋肉とを比べると筋肉の方が重いので、脂肪を減らし筋肉が多くなればその分体重の減り具合は少なくなっていきます。


ダイエットの結果とは、体重が全てと考えてはいないでしょうか。


筋肉を多くし、脂肪を少なくしたい筋トレダイエットでは体重が減りにくい状態になることもありますが、そこには何も問題はありません。


筋肉のない体型になってしまっては、いくら体重が減っても魅力的な体型とは遠いものになってしまうといえます。


健康的なダイエットをするには、筋トレダイエットの盲目的に体重をへらすようなダイエットとは根本から違うダイエットがお勧めです。


人にはそれぞれ適正体重があります。筋トレダイエットを続けて、体重が落ちなくなってきたとき、食事を見直してみるのも大切です。


栄養のバランスは取れているか、食べ過ぎの見過ぎはしていないか、間食は多すぎないかをチェックしてください。


ダイエットに大事なことは、健康維持が難しくなるほど食事を減らすのではなく、適切な分量やカロリー量に留めた食事をすることです。


それでも体重が変わらなければ、それが適性な可能性もあります。毎日筋トレで体を動かし基礎代謝を高めることにより、きっと自分の体に合った適正体重を維持することができるようになるはずです。


真のダイエットとは体重が減ればいいというものではなく、健康管理に役立てるために行われます。筋トレダイエットを続けることによって、体に合う体重を維持しながらいつまでも健康でいるための体質作りを目指すことができます。

出っ張ったウエストの引き締め

October 31 [Sun], 2010, 11:09
シェイプアップするための専用ジェルやクリームを愛用しているという人はこの頃増加しています。多くの人にとって、体脂肪で出っ張ったウエストの引き締めは気になるところではないでしょうか。


ジェルやクリームでお腹を引き締める魅力としては、肌への保湿効果があり美肌効果が期待できることがあります。ドラッグストアなどで、お腹を引き締めるクリームやジェルは入手できます。


リーズナブルな商品ですので、使い続けることも難しくありません。お腹の引き締め効果を得たいところにジェルやクリームを使うことで、血の巡りが良くなり発汗が促されます。


クリームやジェルを塗った後、ラップを巻いてそのまま軽い運動をするとさらに効果的です。お腹を上手に引き締めるためには、専用ジェルやクリームを用いるという方法もありますが、食習慣やどんなものを口にしているかという点も大事です。


規則正しい健康的な生活を行い、体にいい食事を心がけなければ、欠かさず運動をしていてもお腹の引き締め効果を持続させることは困難です。


食事の量やカロリーなどを考えながら食事のメニューを決めることが大切です。揚げ物や肉類などカロリーの高い食品は少な目にすることがポイントです。


いつまでも健康で丈夫でいるには、朝食抜きの生活を送らず、朝と昼と夜の食事は規則正しく摂取することが重要です。朝の食事なら、多少カロリーが高くても日中の活動で消費することが可能です。


なまじ朝ご飯を食べない生活をしていると、日中の体がエネルギー枯渇状態になって栄養を溜め込みやすくなってしまいます。朝食は多めに摂取し、昼は軽めにして、夜は早い時間帯にあっさり気味に終わらせると健康的な食生活ができます。


健康的な引き締めをしたいなら、いつもの食事内容をチェックし、メニューだけでなく時間帯や分量にも気を配りましょう。