生田斗真主演『人間失格』公開記念 荒戸源次郎監督インタビュー

February 19 [Fri], 2010, 10:30
堕ちていくほど、美しい。

2月20日(土)全国ロードショー
http://www.ns-movie.jp/


太宰の遺書的な自叙伝「人間失格」。太宰自身をモチーフにしたかのような主人公を演じるのは、映画初出演にして初主演を飾る生田斗真。葉蔵という難役に「繊細に、丁寧に、破滅的に演じたい」と意欲的に挑み、見事に演じきりました。
原作にはない、実在の詩人・中原中也役を演じるのはV6の森田剛はオリジナルキャラクターとして印象深い登場を見せています。
葉蔵の先輩であり友人の堀木役には『ブラインドネス』などで国際派として活躍する伊勢谷友介。
葉蔵をとりまく女たちに、寺島しのぶ・石原さとみ・坂井真紀・小池栄子・室井滋という主役級の実力と人気を兼ね備えた豪華女優陣が扮するほか、石橋蓮司、そして、大楠道代・三田佳子らベテランも参加し、文芸大作に相応しい絢爛、かつ重厚な顔ぶれが揃いました。
監督は『赤目四十八瀧心中未遂』の荒戸源次郎。映画作りへの真摯な取り組みで知られる鬼才が、「人間失格」の新たな映像表現に挑戦。

本作で、新たな映像を作り上げた荒戸源次郎監督に、マダムももが独占インタビュー!
映画作りのこと、太宰治について、主演生田斗真さんの魅力についてななど語っていただきました。



『人間失格』公開記念
荒戸源次郎監督インタビュー



もも
本日はよろしくお願いいたします。
今回、『人間失格』のお話しがあった際の監督ご自身の思いを聞かせてください
荒戸源次郎監督
2009年が太宰治の生誕100年というのは知っていましたので、角川映画が『人間失格』を映画化するという話は理解できました。しかし何故、私に監督を(笑)。いや、オファーされて光栄でしたよ。

もも
『人間失格』の初の映画化ということで注目が集まっていますが
荒戸源次郎監督
今回、取り組んでみて思い知らされたよ、これまで映画化されなかった理由を。第一に、太宰の小説が巧妙だということ。あの一人称の文体でグイグイくる。読点の付け方、漢字にするか平仮名か、あらゆることを計算しつくしていると思います。結果、読者を「この気持ち分かる」「これは私のことだ」と物語に引きずり込んでしまうんです。読者それぞれが自身の「人間失格」の画と音を持っているわけだから、どんな映画を作っても誰かが「これは違う」と言うだろうね(笑)。ああ厄介だ(笑)。


もも
映画を拝見させていただいて、小説とは違うすっきり感を個人的に感じたのですが
荒戸源次郎監督
小説をそのまま映画にしてしまうと、非常に後味の悪い映画になってしまう。それは避けたかったんです。小説と映画の虚実は違うから、小説のいいところは小説に任せて、映画の「人間失格」を作ることにしました。書き言葉をそのままセリフにしても会話が成立しないから、“太宰語”の翻訳も随分やりました(笑)。原作どおりだと言われることも多いけど、果たしてどうかな(笑)。新たな虚構をめぐらせないと、映画的な真実は獲得できないんです。あくまでも『人間失格』は題材だからね。

もも
出来上がった作品は監督によってどんな存在でしょうか?
荒戸源次郎監督
私は今まで商品としての映画に興味がなかったんです。30年間、映画を作ってきたけれど、今回初めてフリーランスとして携わりました。他者が介在するからには映画の商品性を無視はできないし、無視したくないと思いました。そこは今まで私が関わってきた映画とは一線を画す部分だったね。映画は両面性があるんです。誕生した途端すぐに商品になるし作品でもある。私はこれまで作品性しか考えてこなかった。正直、採算度外視の映画を30年やったら疲れるし、飽きてしまうよ(笑)。
映画っていうのは私にとって、得体の知れない性質の悪い女みたいなもんなんだよ(笑)。非常に魅力的で、引っかかったら逃げられない(笑)。「人間失格」は私にとって初めての商品性を持たなければいけない映画だった。商品として通用しなくてはいけない。でも私は我儘だから映画の作り方は変えられない。じゃあどうしようかって考えた時に、簡単なことを1つだけやろうって決めたんです。それは「俳優さんを魅力的に撮る」ってこと。最たるは主役の生田斗真なんだけど。スタッフとは「我々は生田斗真たち俳優陣を魅力的に撮るという撮影テーマを忘れていないか」と確認しあったし、キャメラマンの浜田(毅)さんには「私が暴走しそうになったら止めてください」って頼んでいました(笑)。

もも
今回、生田斗真さんが初出演・初主演でしたが、生田さんの俳優としての魅力はどこにあると思いますか?
荒戸源次郎監督
魅力は教えようがないんです。元々の持ち合わせだからね。演技がうまいと感動するよりも感心してしまう。でも、魅力があれば感動する。私は後者のほうが好きだし、後者にしか興味がないね。もちろん、魅力を伝えるために、こちらが手助けすることもあるけれど、持ち合わせがあるんだったらそれを引っ張り出したいと思う。その意味で言うと、斗真はびっくりするくらい魅力があるよね。彼はお芝居もできるんだけど、とにかく魅力的。魅力があればいいの。感心してもらいたいわけじゃなくて、心を揺さぶりたいのだから。俳優さんの魅力が伝わって、観客の皆さんの心が揺さぶられることを祈っています。

もも
今回は、生田斗真さん主演ということで、太宰治を知らない方も多く映画を観られると思いますが
荒戸源次郎監督
むかし、“読んでから見るか、見てから読むか”というキャッチコピーがありましたが、どちらの傾向が強いかというと、今回は“見てから読む”じゃないかな。もちろん、原作をご存知の方にも楽しめるようにも作ったつもりでいますがね。先入観を裏切るという意味で(笑)。斗真と一緒にキャンペーンをしていると、彼の人気に驚かされます。斗真のファンで「人間失格」を観てくださる中には、普段は映画館と縁遠い人もたくさんいると思うし、原作を読んだことのない人もいるだろうけれど、それでも、映画を観て何かを感じてくれたらと願っています。
10人に1人どころか100人に1人でも「たまには映画館で映画を観るのもいいな」って思ってくれたら幸せですね。ゆくゆくはDVDで発売される、テレビで観ることができるって分かっていても、「いち早く映画館で観たい」と思ってもらえるような映画の1本でありたいなって思っています。

もも
本日はお忙しいところありがとうございました。

インタビュー・写真:もも

そして、本日より『人間失格』公式サイトではキャンペーンを実施中


「人間失格」―主人公・葉蔵を取り巻く女たち―
各サイトをめぐってキーワードを集め、
スペシャルプレゼントをゲットしよう!



映画『人間失格』荒戸源次郎監督が語る、主人公・葉蔵を取り巻く女たち
石原さとみ(良子)編

さとみさんとはデビュー当時にお会いしたことがあるんです。
その時は、声も掛けずに「きれいな女の子だなぁ」と目で楽しんでいました(笑)。
さとみさんの撮影初日に「獲物を見つけた猫科の動物みたいな目をして」とお願いしたら、あの目つきですもん(笑)。
正直、驚きましたよ。
役柄をよく理解して演じてくれました。
ことの後の下半身の重さとか、あの若さであれだけできるのだから、末恐ろしい(笑)。
良子が葉蔵にそら豆を持ってくる一連のシーン、私は気に入っています。
セリフは葉蔵の「お座り」「一緒にそら豆を食べよう」の二言だけ。そら豆を持って立っているさとみさんの様子がいい。
言葉で説明しなくても、観ている人にすべて伝わるでしょ。
映画はそうありたいね。とにかく「石原さとみ、おそるべし」。感服いたしました(笑)。


石原さとみ(良子 )
無垢な心に魅かれ、安息を求めて葉蔵が初めて結婚する、煙草屋の娘、良子を演じる。


ヤプログ!のキーワードはこちら
A

各サイトでキーワードを集めてステキなプレゼントをGETしよう!
詳しくは公式サイトキャンペーンページへ!


STORY
貴族院議員の父親を持ち、津軽では有名な資産家の息子・大庭葉蔵(生田斗真)。作り笑いをこっそり練習し、体育の授業ではわざと失敗を装って、みんなの笑いを買う。人間というものがよくわからない葉蔵にとって、周囲となじむには“道化”が唯一の手段だった。だが、そんな葉蔵の計算はクラスメイトの竹一に見抜かれてしまう。あせって竹一に取入った葉蔵は、彼からある予言をうける。それは、女にモテるということ、そして偉い絵描きになるということ。竹一の予言どおり、葉蔵は女に不自由することがなかった。飲み屋の芸者たち、何かと部屋を訪ねてくる下宿先の娘・礼子、金なしで酒を飲ませてくれるカフェの女給・常子。中でも常子に自分と同じ寂しさを感じた葉蔵は、ある日、鎌倉の海で心中を図る。だが、死んだのは常子だけだった・・・。

キャスト:
生田斗真、伊勢谷友介、寺島しのぶ、石原さとみ、小池栄子、坂井真紀、森田剛、石橋蓮司、室井滋、大楠道代、三田佳子、他
企画/製作総指揮:角川歴彦
監督:荒戸源次郎
音楽:中島ノブユキ


ヤプシネマージュでは今まで、yapme!申請はシネマジェンヌとして認定された方のみを対象に行ってきましたが、この度、シネマジェンヌの規定変更に伴い、yapme!を一般開放することにいたしました!
これからは、どんどんヤプシネマージュにyapme!申請をしてくださいね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

Twitterボタン

★この映画に応援メッセージを!

Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ナナ
俳優の魅力とは?の話が興味深かったです。
February 23 [Tue], 2010, 0:42
この作品は、原作も出演者もとても気になります
ぜひ観てみたいと思っています
February 19 [Fri], 2010, 11:49

ランキング参加中!
映画大好きyapme!
読者になる