東急不動産と東急電鉄、パスモにエントランスキー機能を付加 

June 18 [Mon], 2007, 15:14
 東急不動産と東京急行電鉄は14日、関東の私鉄・バス共通ICカード乗車券「PASMO(パスモ)」にエントランスキー機能を付加、同時に利用情報を携帯電話などに配信するサービスを開発したと発表した。第1弾で8月に発売予定の大規模マンション「ブランズシティ田園ヒルズ」(総戸数200戸、東京都町田市)に導入する。

 子供にパスモを持たせ、エントランスキーとしての利用状況を親の携帯電話に配信するようセットしておくことも可能で、子供のセキュリティー向上につながるという。併せて宅配ボックスへの導入も進める。


[6月15日/日経産業新聞]
http://sumai.nikkei.co.jp/news/latestnews/index.cfm?i=2007061408464p2

理事長に川口 貢氏を再選/全日が通常総会 

June 16 [Sat], 2007, 16:28
社)全日本不動産協会、全日本不動産保証協会は14日、総会を開催し、07年度事業計画、収支予算等を可決・決定した。

 また、今期は役員改選にあたることから、総会終了後に全日・全日保証の臨時合同理事会を開催。現職の川口 貢氏(東京都本部)と坊 雅勝氏(京都府本部)が新理事長に立候補。理事による投票の結果、川口 貢氏の再選が決まった。

 理事長職2期目となった川口氏は「顧客満足やコンプライアンスなど、消費者は常に厳しい目でわれわれを見ている。時代の要請を認識し、新たな付加価値を確保していかなくては、協会も会員も生き残れない。今年、福井県本部の開設により、当協会は念願だったオールジャパン体制となった。あらためて全日創立の精神を思い出し、世の中の変化や諸課題に機動的に対応していきたい」などと抱負を語った。

 07年度は、組織活動の充実・強化により、会員数3万社をめざすほか、公益法人制度改革に対応すべく、公益法人改革等対応特別委員会により、対応を検討していく。
(R.E.port 2007/6/15 18:00 更新)
本文はこちら
http://www.re-port.net/news.php?ReportNumber=12877

住宅の消費税アップ、97%が反対 

June 15 [Fri], 2007, 12:56
(社)住宅生産団体連合会は8日、「住宅の消費税に係る意見募集」に寄せられた意見の第2回集計(4〜5月分)を発表した。同募集は、4月1日から7月31日まで実施するもので、5月までに全国から68人が意見を寄せた。

 今集計までに意見を寄せた68人のうち、住宅の消費税率アップに賛意を示したのは2人だけで、97.1%に相当する66人が「反対」を表明した。反対理由は84件のうち、最も多かったのは「マイホームの夢が壊れる。買い控え・建て控えが生じ、購入・建築意欲や労働意欲がなくなる」の23件(27.4%)。次いで「現行の5%でも高すぎる」16件(19.0%)、「住宅への消費税は税の二重課税」10件(11.9%)などが続いた。

 また、消費税についての提案が68件寄せられ、このうち43件(63.2%)が現行の住宅消費税率の引き下げ、非課税・軽減税率の適用、住宅は適用外に、などを提案しており、住宅に係る消費税のあり方について再検討を求める声が多かった。
とある。
ただでさえ、住宅に係る消費税は5%と高いのまだ上げるとは消費者泣かせである。