「戦火の渦へ」(新コスモタイガー2009 / ヤマトの戦い)

August 23 [Mon], 2010, 16:10
 前半は、「新たなる旅立ち」より「新コスモタイガー」のテーマを新録音した「新コスモタイガー2009」。後半は、『復活篇』の音楽担当の山下康介氏の作曲による「戦闘のテーマ」。

 「新コスモタイガーのテーマ」は、作品「新たなる旅立ち」でコスモタイガー機と共に誕生した名テーマ。軽快かつ躍動感あるメロディーが宇宙空間を縦横無尽に活躍するコスモタイガーのイメージとぴったりと一致し、作品を代表する曲となった。その名テーマを山下康介氏が編曲。『復活篇』で新たに登場したコスモパルサー機のテーマとして使用。

 アルバムの特徴が、西洋的な雰囲気のする美しく流れるような演奏がほとんどであるためか、お色直しとなった「新コスモタイガーのテーマ」もやはりお行儀の良い華麗な演奏となっている。比較的リズム感を出したアレンジでトランペットも響いているが、ストリングスとハープの掛け合いの部分などは特に上品な音色。この「新コスモタイガー2009」の楽曲のイメージでは、”飛行機野郎”という言葉は似つかわしくない感じがする。演奏タイムは、およそ1分50秒。

 後半の「戦闘のテーマ」は、山下康介氏によるオリジナル曲。当アルバムの中では緊張感と張りのあるテーマとなっていて、戦闘らしさが表れている。前半の「新コスモタイガー2009」との相性も良く、曲全体としてのバランスは良し。「ヤマト」の戦闘のテーマとしては、やや押し出しの弱い印象を受けるものの、オリジナルスコアとのバランスを考えた場合、ちょうど良い距離感かと。

(1)無限に広がる大宇宙 (交響組曲宇宙戦艦ヤマト」序曲)(2)カスケードブラックホール (マーラー交響曲第2番「復活第一楽章」)(3)古代の帰還「別離」「別離09」(宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち「別離」)(4)若者たち (宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ちBGM)(5)氷塊に眠る (宇宙戦艦ヤマト完結編「ヤマト葬送のテーマ」)(6)ヤマト発進 発進準備 宇宙戦艦ヤマト2009(Short Version & Symphonic Version)(7)戦火の渦へ 新コスモタイガー2009 ヤマトの戦い(8)フライバイ・ワープ (宇宙戦艦ヤマト完結編「脅威のニュートリノビーム」)(9)アマール (チャイコフスキー「スラヴ行進曲」)(10)ゴルイ (ベートーヴェン「エグモント序曲」)(11)女王イリヤ (ショパン「ノクターン#1」)(12)未来への戦い (ベートーヴェン「月光」)(13)SUS大要塞 (グリーグ「ピアノ協奏曲イ短調作品16」)(14)「復活篇」のためのシンフォニー (ヤマト胎動編「我が心の不滅の艦」BGM)(15)メッツラー(16)この愛を捧げて(Symphonic Version & Short Version) ※ iTunesで「復活篇 オリジナルサウンドトラック」をDLできます。詳細はこちらをクリック→ヤマトオーケストラ - 宇宙戦艦ヤマト復活篇オリジナルサウンドトラック(1500円)
▽ DVD ▽
宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [Blu-ray] 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [DVD] 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [UMD]
宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [Blu-ray] 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [DVD] 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [UMD]
  • URL:https://yaplog.jp/yamatomusic/archive/528
Trackback
Trackback URL:
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
アルバム別INDEX
……………………………………………

<音楽集>

交響組曲 宇宙戦艦ヤマト
さらば宇宙戦艦ヤマト 音楽集
新たなる旅立ち 音楽集
ヤマトよ永遠に 音楽集PART1
ヤマトよ永遠に 音楽集PART2
交響組曲 宇宙戦艦ヤマト III
ファイナルへ向けての序曲
完結編 音楽集 PART1
完結編 音楽集 PART2
完結編 音楽集 PART3

<オリジナルBGMコレクション>

宇宙戦艦ヤマト Part1
宇宙戦艦ヤマト Part2
宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち
ヤマトよ永遠に
宇宙戦艦ヤマト III
宇宙戦艦ヤマト 完結編

<ETERNAL EDITION>

File NO.2&3/さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
File No.5/新たなる旅立ち
File No.6/ヤマトよ永遠に
File NO.7/PARTIII
File NO.8/完結編
File NO.9/完結編
PREMIUM(プレミアム)のご紹介

<YAMATO SOUND ALMANAC>

交響組曲 宇宙戦艦ヤマト
SPACE CRUISER YAMATO
宮川泰の世界〜宇宙戦艦ヤマト
さらば宇宙戦艦ヤマト 音楽集
さらば宇宙戦艦ヤマト BGM集
不滅の宇宙戦艦ヤマト ニュー・ディスコ・アレンジ
宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち 音楽集
ヤマトよ永遠に 音楽集PART1
ヤマトよ永遠に 音楽集PART2
ヤマト・フェスティバル・イン・武道館・ライブ1980
交響組曲 宇宙戦艦ヤマト III
宇宙戦艦ヤマト2 BGM集 PART1
宇宙戦艦ヤマト2 BGM集 PART2
宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち BGM集
ヤマトよ永遠に BGM集
ギターが奏でるヤマト・ラプソディ
ピアノが奏でるヤマト・ラプソディ
バイオリンが奏でるヤマト・ラプソディ
宇宙戦艦ヤマトIII BGM集 PART1
宇宙戦艦ヤマトIII BGM集 PART2
宇宙戦艦ヤマト完結編 ファイナルへ向けての序曲
宇宙戦艦ヤマト完結編 完結編 音楽集 PART1
宇宙戦艦ヤマト完結編 完結編 音楽集 PART2
宇宙戦艦ヤマト完結編 完結編 音楽集 PART3
・宇宙戦艦ヤマト完結編 BGM集
DIGITAL TRIP 宇宙戦艦ヤマト
・DIGITAL TRIP 宇宙戦艦ヤマト完結編
交響曲 宇宙戦艦ヤマト ライヴ
・Sound Fantasia 宇宙戦艦ヤマト(2枚組)

<歌>

ヤマト・ザ・ベスト I
ヤマト・ザ・ベスト II
宇宙戦艦ヤマトソング・コレクション

<ドラマ編>

宇宙戦艦ヤマト ドラマ編
さらば宇宙戦艦ヤマト/愛の戦士たち ドラマ編
宇宙戦艦ヤマト/PART2 ドラマ編
宇宙戦艦ヤマト III ドラマ編
宇宙戦艦ヤマト/完結編 ドラマ編
SPACE CRUISER YAMATO(英語版ドラマ編)

<その他>

宇宙戦艦ヤマト Best Collection
交響組曲「新 宇宙戦艦ヤマト」GREAT YAMATO
宇宙戦艦ヤマト2199 40th Anniversary ベストトラックイメージアルバム
アコースティック ヤマト
アニメピアノ組曲・宇宙戦艦ヤマト
合唱組曲 宇宙戦艦ヤマト・新たなる旅立ち
混声合唱とピアノ・打楽器のための合唱組曲
Cafe De Anime
大交響詩 幻想軌道
大交響詩 幻想軌道1999
その他 アルバム

<2199>

オリジナルサウンドトラック Part.1
オリジナルサウンドトラック Part.2
オリジナルサウンドトラック Part.3
追憶の航海 オリジナル・サウンドトラック 5.1ch サラウンド・エディション【Blu-ray audio】
星巡る方舟 オリジナル・サウンドトラック
ヤマト音楽団大式典2012
宇宙戦艦ヤマト2199 Concert 2015
宇宙戦艦ヤマト
真赤なスカーフ
星が永遠を照らしてる
美しい地球を知る者よ
YRAラジオヤマト Vol.1
YRAラジオヤマト Vol.2

<2202>

オリジナルサウンドトラック Part.1

<復活篇>

DC版 オリジナルサウンドトラック
オリジナルサウンドトラック
交響曲ヤマト2009
この愛を捧げて
宇宙戦艦ヤマト2009



テーマ・キーワードINDEX
……………………………………………
スキャット
歌にみるキャラクター
エンディング・コード
ヤマトのテーマ『1』
ヤマトのテーマ『さらば』『2』
ヤマトのテーマ『新たなる旅立ち』
ヤマトのテーマ『ヤマトよ永遠に』
ヤマトのテーマ『完結編』
惑星
戦闘
戦艦
敵将校
コスモタイガー・ブラックタイガー・コスモゼロ
建築・モニュメント
乗組員
息抜き
女神

別れ・死



ヤマトの歌い手たちINDEX
……………………………………………
堀江美都子
沢田研二
島倉千代子
岩崎宏美
布施明
桑江知子
トランザム+桑江知子
八神純子
ささきいさお/Part 1
ささきいさお/Part 2
ささきいさお/Part 3
ささきいさお/Part 4
ささきいさお/Part 5
THE ALFEE

https://yaplog.jp/yamatomusic/index1_0.rdf
ヤマトファンよ「ヤマト&復活篇 100の質問」に乗艦せよ!!



ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド「カラメル」カラメルブックス