ほんのりビターなお抹茶ムース

May 31 [Sat], 2008, 20:05
5月は季節柄、お茶を使ったお菓子をいくつか紹介しましたが、そういえば抹茶モノのケーキをしばらく食べていないな〜と思い(そう思うと、とても食べたくなるものです)、さっそくケーキショップのカフェへ。
スポンジタイプの抹茶ケーキも捨てがたかったのですが、ちょっと小さめでデコレーションがとてもかわいいムースケーキにしました。
ピンクと白のチョコで作られた花びら(葉っぱかも?)がとてもラブリ〜と思いながら食べたのですが、このムース抹茶の風味がすごく利いていてホロ苦、大人の味。ほんのりビターなんてご謙遜!ケーキにしてはしっかりビター。でも、生クリームの風味が生きていてまろやかでもあります。ムースの苦みと対照的なのが、中心部分に入っていた、粒あんと栗の甘露煮を細かく砕いたもの。この二つを合わせて食べると、とても良いバランスでした。
ケーキ専門店の一品なので、ケーキそのものに違いないのですが、抹茶、あんこ、栗の甘露煮…と和菓子の素材をたっぷり使った「和」ケーキです。

青梅

May 29 [Thu], 2008, 23:17
もう、そんな季節になったのですね。スーパーの青果コーナーには青梅がたくさん積まれています。そんな、青梅を模した上生。ちょっと厚めのもっちりした外郎でこしあんを包んであるのですが、まるで本物のようなくぼみの入り方。おしりの部分などは、感心してふふふと笑ってしまいます。色も爽やかで、夏の訪れを感じさせてくれます。
うちでは毎年、青梅の皮をザッと剥き、氷砂糖と酢で漬け込んで梅シロップを作ります。このお菓子をいただきながら、そんなことを考え、週末にでも作ろうと思っていたら、仕事から帰ったある日、母が2瓶たっぷり漬け込んでいました。少しずつ梅からしみ出してくる梅の果汁。梅の実を取り出し、氷砂糖が溶けてシロップが完成する頃には、梅雨の真っ最中でしょう。

四角いわらびの三角関係

May 27 [Tue], 2008, 23:59
お茶の子ブログ劇場
普通わらび餅「ふふふ、何?その厚化粧は!わらび餅はきなこで勝負よ!」
抹茶わらび餅「ま〜ぁ〜、なんて古い考え。抹茶はね、体にもいいし、風味だってバツグンよ!それが証拠にあそにいる、グリーンティをごらんになって」
胡麻わらび餅「二人とも、何をつまらないことを…風味、美味しさ、ヘルシーさ、どれを取っても、このわたくしがイチバンよ」
普通・抹茶・胡麻「わたしたち3人のなかで、誰がイチバンに食べてもらえるか、勝負よ!」
お茶の子「あ、溶けたら美味しくないので、小倉ソフトをイチバンに食べるわ〜、ごめんな〜」
普通・抹茶・胡麻「え〜〜!!ちょっと、小倉ソフト!何様のつもり!」

冗談の様な名前ですが、この名前でメニューに載っています。注文するのも、とって恥ずかしく「あの、四角いわらび…」と、小さい声で頼みました。お店の人も同じらしく「はい、四角いわらびですね」と…。
わらび三姉妹が入っている容器は、小鉢が3つ…ではなく、1個の容器です。よく見ると真ん中がつながっているでしょ?
わらび3姉妹は好みで黒蜜を付けて食べます。いや〜、どれも美味しかったですよ。もちろん、小倉ソフトやグリーンティも。
この名前、最初はお店の人も半分冗談で考えたんでしょうね。でも、本当に採用してしまうというのは、なんというか大阪独特なノリですね。わはは〜です。

カラマンダリン

May 25 [Sun], 2008, 23:59
こたつでみかん…それがわたしの持つイメージ。みかんは冬の果物と思っていました。そんなみかんに初夏に収穫される品種があるそうです。それがカラマンダリン。そんな「初夏」みかんを使った、元気一杯、ビタミンカラーのケーキをいただきました。
カラマンダリンの果肉をたっぷり使い、真ん中にははちみつのムース。ベースにはムース状のスポンジケーキが使われています。ここのムースは空気をたっぷり含んで、本当にほわほわ。だけど、ただふんわり柔らかいだけでなく、プルンッとしっかりしている不思議なもの。食べると口の中で、空気の粒がプチプチするのがわかります。はちみつのムースはほんのり、微かな甘み。教えられるまで、何を使っているのかわからなかったのですが、何という淡いなのに美味しいムースだろうと思って食べていました。もちろん、主役のカラマンダリンはジューシーで、どちらかというと酸味は控え目。淡い味のムースにとてもぴったりの味でした。
お店は田んぼの真ん中にあり、訪れた日は雨模様。遠くの山は新緑が洗われたようで瑞々しく、熱い紅茶を飲みながらのんびりした時間が過ぎて行きました。雨でも心和むひととき…。

抹茶白玉

May 23 [Fri], 2008, 23:08
とってもシンプルな1品です。抹茶を混ぜた白あんに、白玉…ただそれだけなのですが、とても美味しい!そして上品!
こんなお菓子はパクパクパクと急いで食べてはいけません。まずは、スプーンで抹茶あんを少量すくい、甘さを確かめます。とろ〜り、まったり、口の中で溶けてなくる抹茶あんは、白あんの甘さに抹茶の風味が溶けあって、いい塩梅。そしておもむろに、白玉と程よい量の抹茶あん口に運びます。もっちり、むっちり、弾力のある白玉があんこと合わないはずはありません。ふたつのハーモニーをゆっくり味わった後、今度はたっぷりあんこをすくって、白玉と共に…。そして最後は熱いほうじ茶でシメます。
シンプルなのに、とても美味しいのは、和菓子屋さんの茶寮だからでしょうか?
最初は、たっぷりのあんこがクドいかな、と思ったのですが、なんの、なんの、ペロリと食べてしまいました。
この日は、ちょっと疲れていたのでしょうか。なんだかこの甘さが、染み入る様に感じました。食べ終えた後は、ゆったり、優しい気持ちに…忙しかった日には、仕事帰りに自分にご褒美を!とても癒されます。

撓(しほり)パフェ

May 21 [Wed], 2008, 21:41
またまた抹茶パフェです。この日は、とってもノドが渇いていたので、アイスクリーム系のものが食べたくて、甘味処に入りました。あんみつも捨てがたかったのですが、アイスクリームの量で決めました。
とにかく詰まっているパフェです。てっぺんの抹茶アイスもなかなかのボリュームですが、パフェグラスの中味…白く見えるのはバニラアイスです。見ての通り、ぎっしり詰まって真っ白でしょ?で、所々に抹茶寒天が入っているわけです。最近の甘味処は洗練されたパフェが多いですが、こんなストレートなパフェも懐かしい〜♪トッピングのバナナと真っ赤なサクランボ、うにうに〜と絞り出された、生クリームも哀愁漂うでしょ〜!「おお〜、アイス〜」とつぶやきながら、ガッツリいただきました。
本当は季節感漂う上品な生菓子がおすすめのお店で、予約すれば上生の手作り体験なんかもできるそうです。店先にはとてもきれいな有平糖や和三盆のお菓子も並んでいました。次回は、上生に干菓子…そして抹茶といきたいですね!

おはぎアイス

May 19 [Mon], 2008, 20:45
北海道物産展第4弾。(これで最後です)
発想の転換!ちょっとしたアイデアのアイスクリーム。そう、アイスクリームなのです!これは。
見た目は解凍する前の冷凍おはぎ。でも、食べてみると、中味はお餅ではなく、バニラアイス!粒あんも、あずきアイスの様にガシガシしたものでははく、ほろほろっとしていました。この逆のパターン、アイスであんこをくるむってのは時々見かけますね。で、粒あんで包まれている所為か中味のアイスも柔らか、なめらかなのです。このままパクリっと丸かじり…というわけにはいかず(冷たくて歯に凍みまする〜)スプーンですくっていただきました。お供は、温かい煎茶がピッタリでした。
あんこに使われている小豆も、アイスに使われている牛乳も北海道の特産品。このふたつの組み合わせがなかなかイケるのは、スイーツファンのみなさんならご存じですよね。どちらも、優しい味、ホッとする味、素朴な味。あっさりしてるので、もう1個食べたくなる味でした。

ミニトマト・ゼリー

May 17 [Sat], 2008, 16:14
北海道物産展第3弾。
最近よく見かける野菜スイーツ。その中でもトマトが好物のわたしが、常々食べてみたいと思っていた品。ころんとかわいいビンにはいっているのは、ミニトマト・ゼリー、目にも鮮やかな赤!ゼリーといっても寒天で柔らかめに固めてあって、トルゥンとした独特の食感。そして、トマトの風味が濃い!まるでトマトスープ。フルーツとは違った、すっきり爽やかな野菜の甘み。食べていくと、中からミニトマトのコンポートが…。パクリとひとくちで食べて、中からほとばしるジュースの甘みを味わいました。
トマト大好きなわたしとしては、とってもツボなゼリー。クリームやあんこの甘さも美味しいですが、野菜の持つ自然の甘みも、なんだか体がきれいになるようで(大袈裟ですが)すんなり、すっきり美味しくいただけました。

抹茶餡団子

May 15 [Thu], 2008, 22:31
北海道物産展はちょこっとお休みして、季節の和菓子を…。
先日紹介した「柏餅だんご」買ったのと同じお店でゲット。ショーケースには「今月の団子」のカードが…。やっぱり5月はお茶系のお菓子を食べなくっちゃ!
近江米を使ったもちもち団子の上には、宇治の抹茶を使った緑も鮮やかなあんこが…。ほんの少しだけ苦みがあって、あの抹茶の香り。栽培方法が違うとはいえ、煎茶とは全く違う独特の香りがします。箱から出したときは、もっときれいにあんこが付いていたのですが、撮影のためにセロファンを剥がすとちょっと、くちゃっとなってしまいました(悲しい〜)。
でも、青々しい香りの新茶と一緒にいただけば、すっきり爽やか。今しか味わえない美味しさです。
ところで、抹茶風味のお団子が、限定販売でもう一種類あるとか…(こちらは定番のものだそうです)。これは食べたい!今月中に行く機会があるかな〜、ちょっと微妙ですが。食べたいお菓子が次々とあって、ちょっと困ってしまうけど、嬉しいですね。

ピュア・チョコレート

May 13 [Tue], 2008, 23:34
北海道物産展第2弾。
他の物産展ではあまり出品されないもののひとつ、チョコレート。北海道は酪農業が盛んなだけあって、ミルクや生クリームを生かしたチョコがいくつも出品されていました。その中で、イチバン普通とういかスタンダードな一口サイズのチョコを買ってみました。
カカオの風味を生かした、高級で本格的なチョコも美味しいのですが、ミルクの味わいも優しいなめらかなチョコが個人的には好み。苦みよりは、甘みが勝つ方が食べやすく大好きです。もちろん、ホワイトチョコもミルキーでとても美味しく牛乳の香りが広がります。カリッと囓りたくなるのをガマンして、トロ〜リと口の中で溶けていくのを楽しみました。ホワイトチョコって、ゆっくり食べると、上等の練乳を食べている様な気がします。
本当ならこの時期は気温も高く、チョコはちょっと敬遠したくるなるのですが、例年になく肌寒く熱い紅茶といただくととてもいい気分でした。

最新コメント
アイコン画像お茶の子
» 神々の遊ぶ庭 (2011年04月21日)
アイコン画像焼きもろこし
» 神々の遊ぶ庭 (2011年04月21日)
アイコン画像お茶の子
» 抹茶あんみつ (2011年04月17日)
アイコン画像おサルのダンス
» 抹茶あんみつ (2011年04月15日)
アイコン画像お茶の子
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月09日)
アイコン画像まりたま
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月09日)
アイコン画像お茶の子
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月08日)
アイコン画像焼きもろこし
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月07日)
アイコン画像お茶の子
» あまおうロール (2011年04月06日)
アイコン画像おサルのダンス
» あまおうロール (2011年04月06日)
アイコン画像お茶の子(管理人)
» ポン・デ・リング (2011年04月03日)
アイコン画像焼きもろこし
» ポン・デ・リング (2011年04月02日)
アイコン画像お茶の子(管理人)
» 妖怪(飴)あとひき小僧 (2011年04月01日)
アイコン画像焼きもろこし
» 妖怪(飴)あとひき小僧 (2011年04月01日)
アイコン画像お茶の子(管理人)
» うぐいす餅 (2011年03月27日)
Yapme!一覧
読者になる