みそがらめ

February 28 [Thu], 2008, 23:00
塩だ、塩だと騒がれているスイーツの世界。その影で、地味〜ぃにがんばっております。
「味噌スイーツ」…おやつ豆の専門店で、棚に並んでがんばっている豆さんたちを眺めて、そんな言葉をふと思い浮かべました。
香ばしいピーナッツに、甘辛い味噌風味の衣をからめてあります。見た目も、鶏の唐揚げのようで美味しそうです。なかなかいい味です、でも、味噌の風味があまりしないような…あ、後からやって来ました。ちょっと甘めの味噌味です。いきなり主張しないのも、地味〜ぃですね。よくいえば、奥ゆかしい。食べ始めると、ぼそぼそ、ぽりぽり、イッキにとは行きませんが、地道に無くなっていきます。
唐辛子、カレー、胡椒…おやつ豆の店では、そちらの方が人気者のようです。「え〜、味噌味〜ぃ!」そんなこといわないで買って下さい。わたしは買いました。気に入りました。
塩のようにおしゃれな雰囲気ではありませんが、味噌だってがんばっています(と思います)。麩饅頭の中味や、柏餅だって味噌餡を使っています。
がんばれ味噌スイーツ!これからも「地味〜ぃ」応援させていただきます。

飛梅

February 26 [Tue], 2008, 22:42
学問の神様を祀る「天満宮」。大阪では「天神さん」と親しみを込めて呼びます。その天神さんにちなんだ、薯蕷饅頭。トロンとした生地の中味はもちろんこしあんです。
今でこそ「天神さん」=「梅」ですが、学生の頃は…もちろん、合格祈願のお宮さん。勉強嫌いのわたしは、絶対合格間違いなしの学校を選んだのですが、さすがに受験日が近づくと不安に…。大丈夫!「天神さん」にお参りに行ったから、行ったから…そうつぶやいて、心をなだめたのも懐かしい思い出です。
真っ白な生地に、梅の刻印をしてあるお饅頭を一口。あ〜、そういえば卒業式に貰った「紅白まんじゅう」もこんな味だったな。噛まなくてもとろけてしまう、こしあんと生地。ちょっと甘めで、食べ終わった後のお茶が妙に美味しく感じた、あの味。
この寒さが終わる頃には、きっといい春が訪れますように。奉納された絵馬を見ながら、そう思いました。

白玉ぜんざい

February 24 [Sun], 2008, 21:07
夏場と違って、冬のカドヤはのんびり静かな時間が流れます。今日のお目当ては「ぜんざい」、それも白玉入り。関西では「ぜんざい」には餅、「おしるこ」には白玉が定石のようですが、カドヤでは餅か白玉、または両方入ったものを選べるようになっています。
で、今回は家ではちょいと手間がかかるので作らない白玉をチョイス。待つことしばし、料理屋の煮物碗ぐらいの大ぶりの器に、たっぷりと入ったぜんざいが登場。白玉も大きなのが7個入っています。こんなにたっぷりの量だと、食べるのがしんどいのでは…と思われるかもしれませんが、カドヤのぜんざいは今まで食べたものの中で、イチバン甘さ控え目でほんとうにあっさり。だからでしょうか?小豆の風味がすごくして、「豆」を食べている!という気がします。
寒さも緩んで春も間近、アツアツのぜんざいもこれで食べ納めか…と思っていたら、突風とともに白いモノが…これは、まだまだ寒の戻りも油断できないな〜と家路を急ぎました。

デコポンパフェ

February 22 [Fri], 2008, 21:37
よそのお宅を訪問するときに、持参する手土産。改まった訪問先は別として、仲良しさんのおうちなら、わたしも食べたくて、相手にも食べて貰いたくて、デパ地下で選んでいるときからウキウキ。あれもいいな〜、これもいいな〜♪で選んだのがコレ!なんだか、フルーツたっぷりのスイーツが食べたい気分だったので…。
柑橘類の中でも、酸味が少なく(酸っぱ〜いの苦手なんです)甘くてジューシーなデコポン。そのデコポンをたっぷり使ったケーキ。透明の容器の中は、デコポンの風味たっぷりのフルーツソース、生クリーム、スポンジの3層からなっていて、上にはブルーベリーとデコポンの果実が載せられています。口の中で生クリームとデコポンソースが混ざり合って、さっぱりヨーグルトの様な口当たり…食事の後なのに、もう一個食べたくなってしまいました、ふふふ。それに、色もいいですね!元気をもらえそうなお日さまの色。春間近の今の季節にぴったりの色です。

月ヶ瀬

February 20 [Wed], 2008, 20:20
「月ヶ瀬」という銘のきんとんが紅梅・白梅を表すのは、関西ならではでしょうか?
華やかだけれども、派手すぎない色味、特に赤色は、まだ寒い中でも、凛として咲く梅の花にぴったりです。きんとんの中味は粒あん。どちらも口当たりのよい、まろやかな上生でした。
でも、「月ヶ瀬」と聞いてお茶を思い出すのは、わたしの職種の所為!梅とお茶にちなんだ上生で、ほっとするひとときを過ごしました。
ここに来て、寒さもどうやら一段落。なんだか、空気が一変したような気がします。駅の改札に張り出してある「梅だより」のポスターも「つぼみふくらむ」から「ちらほら」の文字に変った場所も。この週末は、もっともっと「ちらほら」の場所が増えるといいな…。
寒さが苦手なわたしにとって、この冬は特に辛かった。今年ほど、春が待ち遠しい年もありません。お菓子は少し早めに春を迎えるので、温かなお茶をいただきながら春を待つことにしましょう。


アプフェルマリレントルテ

February 18 [Mon], 2008, 23:55
「アプフェルマリレントルテ」…呪文の様な名前ですが、「りんごとあんずのケーキ」です(どうもドイツ語らしい…)。
流行のふんわり、カワイイ色合いのケーキとは正反対の素朴な、どっしりしたケーキですが、なかなかスグレもの。なんといっても、りんごがたっぷりと使われています。ケーキの中だけでなく、粉砂糖がたっぷりかかった上の部分も、細切りりんごのコンポート。柔らかくもあり、程よく歯応えもあるりんごは酸味のある爽やかな甘さ。生クリームもたっぷり…といいたいところですが、白いクリームは生クリームではなく、かといって他のクリームでもなく、はて?何だったのでしょう?とてもあっさりとなめらかな美味しいクリームでした。そのクリームを引き立てるように、酸っぱいあんずのコンポートが最後の方に出てきました。もちろんタルト生地もざっくり香ばしくて美味しかったですよ。
ところで、このお店のケーキはドイツ語らしく呪文の様な名前のものばかり…ドイツにちなんだお店でもないようですが…不思議です。

ソルトショコラ

February 16 [Sat], 2008, 20:27
そして、これが今回のイチオシ(?)というか、予定外の買い物。
以前から「塩」スイーツには興味があったのですが、ホントに美味しいのかな?味が個性的過ぎるのでは…と、ちょっとためらっていたのですが、フェアーの会場で試食をして、これは美味しい!とオドロキました。お店の方によると「小さく割って、口の中で溶かしながら食べて下さい」とのこと。まさに、その通り。隠し味なんてレベルではなくて、たっぷりと塩が使われています。でも、この美味しさは、ハイレベルなチョコがあってこそだと思います。甘くて、まろやかで、ミルクの風味がしっかりしたチョコのあとから、塩辛さが…本当に不思議な甘辛スイーツ。でも、決してキワものっぽい味わいではなくて、真面目に美味しいチョコレートでした。
いろんなチョコレートを味わった、バレンタインデーも終わり。気が付けば、お菓子売り場は、苺とお雛様とホワイトデーで、すっかりピンクの装いに…。本格的な春を前に、季節を先取りしています。

はなざくら

February 14 [Thu], 2008, 23:06
やわらかで、華やかな桜のパッケージ。フェアーの会場で、何かひとつは和テイストのチョコを…と探していて、目にとまりました。



中味はもちろん桜のチョコレート。甘くてふんわり…これは桜餅の香り。茶色い葉はミルクチョコ、甘さは控え目なのに、しっかりミルクの風味。緑の葉は抹茶、ほろ苦さはチョコのそれではなく、お茶の苦み。味も見た目もまさに和テイスト。色合いも「ピンク」ではなく「桜色」なのですから。



こんな風な、桜にあとどれぐらいで出会えるのでしょうか?2ヶ月?いえいえ、あと1月半もすれば…そう思えば、季節の移り変わりも早いものです。
美味しいチョコに出会えましたか?大切な人に、チョコの贈り物は届きましたか?あちらこちらで、一足早い春が始まりますことを…ハッピーバレンタイン

ブロードウェイラバーズ

February 13 [Wed], 2008, 22:00
バレンタインはやっぱりピンクのハートだね♪
とってもポップなデザインと色にひかれて買ってしまいました。なんでも、ニューヨークのチョコレートショーに出品したものだそうです。
丸いピンクのツブツブ(花の香りがしたような…)が載っているのがティー(紅茶)、ハートにN.Y.の文字はキャラメル、ピンクのハートはクランベリー、new yorkの文字はマロン、水玉はパイナップル。
それぞれに、個性的な味。その中でも、特に気に入ったのは、パイナップルとキャラメル。パイナップルは、果物の甘酸っぱさと香りがすごくしっかり出ていたのと他にないテイストがツボ。キャラメルは、意外や意外、甘ったるさがなく、ほろ苦くコクのある洒落た味わいでした。
ところで、ニューヨークでこの味が受け入れられたということは、アメリカ人も甘さ控え目のチョコが好みということでしょうか?アメリカで飲んだドリンクチョコがめまいがするほど強烈な甘さだったことを思えば、意外です。

リーフメモリー

February 11 [Mon], 2008, 23:55
バレンタインチョコ第2弾は、小さなチョコレートの詰め合わせ。
飴玉みたいに丸く包まれた銀紙を解くと、小指の先ほどの小さな葉っぱのチョコ。スイートと、ブラック、抹茶の3種類の味が楽しめます。
茶色の丸っこいのはスイートチョコにココアパウダーをまぶしたもの。これがすごく固い!一瞬噛むことが出来なくて「しまった!飴かっ?」と思ってしまったぐらい。同じチョコで、アーモンド入りも入っていました。白い玉子型はアーモンドを飴がけしたホワイトチョコでくるんだもの。噛むとジョリっと鈍い音がして、ホワイトチョコとアーモンドの味が口に広がります。
ちょっと大粒のブラリネやガナッシュもいいですが、本を読んだりパソコンをしながら片手で気軽に口に放り込める小さなチョコもいいですね…食べ過ぎてしまうのが難ですが!

最新コメント
アイコン画像お茶の子
» 神々の遊ぶ庭 (2011年04月21日)
アイコン画像焼きもろこし
» 神々の遊ぶ庭 (2011年04月21日)
アイコン画像お茶の子
» 抹茶あんみつ (2011年04月17日)
アイコン画像おサルのダンス
» 抹茶あんみつ (2011年04月15日)
アイコン画像お茶の子
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月09日)
アイコン画像まりたま
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月09日)
アイコン画像お茶の子
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月08日)
アイコン画像焼きもろこし
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月07日)
アイコン画像お茶の子
» あまおうロール (2011年04月06日)
アイコン画像おサルのダンス
» あまおうロール (2011年04月06日)
アイコン画像お茶の子(管理人)
» ポン・デ・リング (2011年04月03日)
アイコン画像焼きもろこし
» ポン・デ・リング (2011年04月02日)
アイコン画像お茶の子(管理人)
» 妖怪(飴)あとひき小僧 (2011年04月01日)
アイコン画像焼きもろこし
» 妖怪(飴)あとひき小僧 (2011年04月01日)
アイコン画像お茶の子(管理人)
» うぐいす餅 (2011年03月27日)
Yapme!一覧
読者になる