豆将軍

November 30 [Fri], 2007, 23:58
奈良に行ってこんなん買いました〜、第3弾!
近鉄奈良駅からすぐ、奈良の中心地、賑やかな通りにそのお店はあります。お店には、豆菓子、駄菓子がずらりと並んでいます。先に紹介した甘納豆もここで買ったモノ。
甘い豆を買ったら、塩辛い豆も買わなくっちゃ…というわけで、豆将軍の登場。たくさんある豆将軍の中から、今回は梅しそ風味と、海苔ピーナッツを購入。梅しそは甘酸っぱい味わい、海苔は香ばしく適度な塩辛さ。どちらもカリカリ歯応えがあって、ついつい手が伸びていつの間にか袋が空っぽになる、いつもの定番の味。素朴な味でした。
このお店は、袋菓子だけでなく豆(煮炊き用の乾燥したもの)の計り売りもしていて、ご近所の方らしき方が「黒豆100グラム〜」なんて買いにこられてました。
和洋とも華やかなお菓子類が全盛ななか、地味だけど決して無くなりはしない豆菓子。これからも、地味に密かに、美味しく売られていくでしょう。このブログでも、忘れた頃に、地味〜に登場します(予定です)。

斗六豆甘納豆

November 28 [Wed], 2007, 22:34
奈良に行ってこんなん買いました〜♪第2弾。
ある日の昼休み、みんなで話題になったのは「甘納豆」。
「わたしは、やっぱり小豆かな〜」「うぐいす豆も美味しいで〜」「いろいろ混ざっているのもいいな〜」…で、わたしがイチバン好きなのは白い大粒の「斗六豆」。甘納豆だけでなく、とろ〜っと煮上がった、煮豆も大好きで、正月前の「煮豆屋」で子供の頃は買ってもらってました。そんなことを思い出しながら、店先にずらりと並ぶ甘納豆を目の前に、迷わずこれを買いました。
甘く柔らかく煮上がった豆を、ジャリジャリっと砂糖でコーティング。今風の甘さ控え目ではなく、甘さ大サービスのてんこ盛りの味わいがどこか懐かしい。小袋だったので、母とふたりで濃いめの煎茶を飲みながら、瞬く間に完食。う〜、歯に染みるぐらい甘かった!美味しかった!
今年のお正月は、デパ地下で久しぶりに「斗六豆」の煮豆を買ってみようかな。今でもあるのでしょうか?カタチがちょっと崩れて、とろとろに煮上がったものが…。

くずの子ロール

November 26 [Mon], 2007, 22:25
奈良に行って、こんなん買いました〜。第1弾。
奈良の名物といえば奈良公園の鹿…ではなくて(それもある意味名物ですが)、吉野葛。その葛を使ったお菓子を販売しているお店があります。



そのお店で見付けたロールケーキ。生タイプと、瞬間冷凍タイプがありましたが、家に帰り着くのが夜になりそうだったので、瞬間冷凍タイプを買いました。



で、何が葛かというと普通は小麦粉で出来ているケーキ生地が、葛粉で出来ているのです。フワフワでもなく、モチモチでもなく、どっしりでもなく、普通のスポンジ生地とはまったく違う食感。強いていえば、饅頭生地のような、さらさらの食感、なのにみっしり目が詰まっているというか、葛粉でケーキを焼くとこうなるのですね。
生地自体があっさりした味わいの上に、クリームも超あっさり、これは何本でもイケます(ウソです!)
予定では併設の茶店で、葛うどんをいただくつもりでしたが、あまりの混雑ぶりに断念しました。
京都よりは人出は少なかったですが、やっぱりシーズン中に人気のお店に行くのは難しいですね。

シロノワール

November 23 [Fri], 2007, 19:53
以前からウワサは聞いていました。そして、名古屋に行ったら必ず食べようと思っていました…なのに、お店が混雑していて帰りの新幹線の時間に間に合わず、泣く泣くあきらめました。………が、奈良で食べられるとの情報を元に、ついに食べてしまいました♪
「シロノワール」とは?程よく温められたデニッシュパンにソフトクリームを乗せたスイーツ。メープルシロップが別添えになっていて、食べる直前にかけていただきます。大阪にも京都にも、もちろんこの店以外には奈良にもない、独特の名古屋の食べ物。
お菓子の中には冷や熱の食感がたまらなく美味しいものがいくつかありますが、これはそのひとつ。デニッシュパンは温められることによって、バターの風味とザックリ感が増し、甘いソフトクリームとメープルシロップを一緒に食べると「冷や熱のテーマパークや〜」と、アホな感想をもらしてしまう不思議な魅力の食べ物。
わたしが食べたのはミニサイズ。でも、ベーグルぐらいの大きさがあるので充分食べ応え有りです。



関西では定番のミックスジュースも、ここでは蓋付きの不思議なビンに入っています。味は超甘さ控え目。これは何杯でもイケル(ウソです!)



その他にも、あまり他店では見られない喫茶店メニューがあって、なかなか魅力的なお店でした。できれば、大阪にも一軒あれば嬉しいのですが…。
(今回は「甘甘探検隊関西支部」の隊員、a−kenさんの情報を元にさせていただきました。a−kenさん!ついに食べたよ〜〜ん♪)

茶の菓(ちゃのか)

November 21 [Wed], 2007, 21:00
京都でこんなん買いました〜、第2弾。街中のお菓子屋さんもいいですが、時間があるときはデパ地下も散策します。
ここでは、ちょっと日持ちのする洋菓子をゲット。京都といえば、やっぱりお茶のイメージが強いのでしょうか…「京都限定」となっていました。
抹茶を練り込んだラングドシャで、ホワイトチョコをサンドした焼き菓子。ほろ苦い生地に、ホワイトチョコの甘さがピッタリです。生地の真ん中に、押された「茶」と「京」の文字が小さめで粋ですね。控え目だけどしっかり主張する、京都らしさを感じるのはわたしだけでしょうか?パッケージも、さりげない白の袋。でも、それがとても簡素でオシャレでした。
なんだか、「取って置き」な気分のお菓子だったので、休日出勤のオフィスでひとりこっそりと…。だけど、あんまり美味しかったので、少しは周りの人に上げちゃいました。
次回は、真冬のシーズンオフ。人のいちばん少ない季節に行きたいな。京都の冬は寒い!でも、凛とした空気はとても素敵ですよ。

栗餅

November 19 [Mon], 2007, 23:59
「歯応えのある」餅…なんて表現はおかしいですか?「餅のように柔らかい」なんていわれますが、美味しい餅って、粘りと弾力があるように思います。特に和菓子屋さんでちゃんと作っているお餅は、噛むと押し返してくるような食感。そんな、お餅を使った栗大福を京都で買いました。
店構えはごく普通のお店ですが、あちらこちらで紹介され、平日だというのに行列ができていました。
豆大福も美味しそうですが、今日は季節の味わい栗大福にしました。
食べてみて、中に入っている栗にびっくり!普通は栗の甘露煮が入っていますが、こちらは味を付けずに蒸した栗が入っているのです。ほこほこした食感で、味も栗本来の木の実の味わい。それが、こしあんの甘さとすごく合っています。お餅の美味しさは前述の通り。
行列が出来る有名店になっても、気取らず、お値段や販売しているモノも定番の品。それでも、美味しくていねいに作られていて…そういえば、こんなお店、どこの町にも一軒はありましたよね。それが、少しづつ無くなって…。こちらのお店は、末永く繁盛されますように。わたしも、時々は買わせていただきます。

焼き餅三種セット

November 16 [Fri], 2007, 20:10
久しぶりの京都です。行ってみたいお店はたくさんありますが、モチモチ星人のわたしが選んだお店は、近江米を使ったお餅を店頭でついているお店です。
餅好きにはたまらないメニューがいろいろあったのですが、今回は甘辛両方味わえるセットをチョイス。程よく焼かれた餅に、粒あん、きなこをのせたもの、海苔を巻いた磯部焼き、おまけにはこしあん入りわらび餅まで付いています。
ここのお餅はすごく弾力があって、柔らかいだけではなく、パクっと食べたときに跳ね返ってくるイキのよさ(?)あんこもきなこも風味がとてもよく、本当に美味しい!甘い餅を食べた後には、磯部焼きの味。醤油の量は少ししか付いていないのに、塩辛さが程よくて海苔の香りがとてもよく手づかみで食べてしまいました。
お持ち帰り用に売っているつきたてのお餅や、白味噌雑煮、大根おろし餅など、魅力的な品がいっぱいの餅好きのワンダーランドみたいなお店で、こりゃ何度か通わないとイケナイな〜…なんて思ってしまいました。

生姜とはちみつのコンビネーション

November 14 [Wed], 2007, 23:06
ショーウインドーで見たときは、フルーツたっぷりの他のケーキやモンブランの方が、キラキラしていて美味しそうだったのに、こちらをチョイスしたのは使われている素材にすごく惹かれたから。「生姜とはちみつ」。はちみつを使ったスイーツはよく見かけますが、生姜は…粟おこしとか、洋菓子でも焼き菓子類とか、生ケーキには珍しい!
ふたつの素材をババロア仕立てにしてあり、手前の白っぽい方がはちみつ、向こうのちょっと茶色っぽい方が生姜。(真っ赤な模様は、たぶんチョコと思います)串刺しにして添えられているのは、生姜クリームが入ったビスキュイ。おにぎりみたいな、ユニークなカタチです。
はちみつのババロアは砂糖とは違う、微かな酸味を伴った甘さ。そして、生姜のババロアは、あの独特の香りとピリっとした辛み。生姜の辛みは甘みとすごく相性がよく、個人的な好みをいえば、生姜ババロアの割合がもっと多くても、いえ100%でもOKかも。もっと好みをいえば、もっと生姜の風味が強くてもOKかも。
あんまり生姜の風味が強くしすぎると、好みが分かれて販売するには難しいのかもしれませんが、ピリリとスパイシーな生姜スイーツが和洋問わずいろいろあれば、生姜好きには嬉しいですね。

フルーティパフェ

November 12 [Mon], 2007, 20:24
立冬も過ぎたというのにオープンスペースのカフェでお茶です。この日はとても暖かだったものですから…。
ケーキも食べたかったのですが、せっかくの季節はずれの暖かい気候を利用してパフェにしました。カフェのスイーツらしく、シンプルなパフェ。グラスにたっぷりのアイス。こんなにたくさんのアイス大丈夫か…と思っていたら、アイスの量に負けないぐらいのプレーンヨーグルトとベリーのソース。ヨーグルトの酸味でアイスの甘さが中和されて、ちょうどいいカンジ。ベリーのソースは鮮やかな色合いだけでなく、とてもいい香りでした。フルーツはグラスの底に、パインと桃がちょっぴりでしたが、アイスのあっさりした味がよかったので、許しましょう♪
パフェを食べて、紅茶を飲んで、雑誌を読んで、おしゃべりして…小春日和の午後を楽しみましたが、こんなに暖かいと「紅葉」の具合が心配。来週の紅葉狩りは、大丈夫かしら?

南蛮ロール

November 09 [Fri], 2007, 21:43
ふんわりとして優しい味のロールケーキがブームのようです。というわけで、おつかいものによく使うロールケーキを、久しぶりに自宅用に買ってみました。
ふんわり優しい…いえ、優しい味には違いないのですが「南蛮」の名前は伊達じゃない!このロールケーキは卵たっぷりのカステラで出来ているのです。だから、ちょっとしっとりタイプ。長さも、あんまり長〜くないので、ウチのような人数の少ない家族にはピッタリ。ちょっと見ない間に、少しリニューアルされたような…。以前はもっとくるくるした「巻き」だったのに、くるっと「の」の字巻きになって、その分クリームがたっぷり増量されたような…でも、このクリームすごくあっさりで、食べたあともクドさが残りません。
好きな大きさにカットして、フォークで真ん中から切ってパクッとほおばる!フルーツを使ったバージョンも美味しいですが、シンプルなこちらのバージョンも捨てがたい。こんな風な基本のケーキは、思わずふふふと優しい表情でほおばってしまいます。

最新コメント
アイコン画像お茶の子
» 神々の遊ぶ庭 (2011年04月21日)
アイコン画像焼きもろこし
» 神々の遊ぶ庭 (2011年04月21日)
アイコン画像お茶の子
» 抹茶あんみつ (2011年04月17日)
アイコン画像おサルのダンス
» 抹茶あんみつ (2011年04月15日)
アイコン画像お茶の子
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月09日)
アイコン画像まりたま
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月09日)
アイコン画像お茶の子
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月08日)
アイコン画像焼きもろこし
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月07日)
アイコン画像お茶の子
» あまおうロール (2011年04月06日)
アイコン画像おサルのダンス
» あまおうロール (2011年04月06日)
アイコン画像お茶の子(管理人)
» ポン・デ・リング (2011年04月03日)
アイコン画像焼きもろこし
» ポン・デ・リング (2011年04月02日)
アイコン画像お茶の子(管理人)
» 妖怪(飴)あとひき小僧 (2011年04月01日)
アイコン画像焼きもろこし
» 妖怪(飴)あとひき小僧 (2011年04月01日)
アイコン画像お茶の子(管理人)
» うぐいす餅 (2011年03月27日)
Yapme!一覧
読者になる