豆かん

July 30 [Sun], 2006, 21:24
「花の東京物産展」に行ってきました。
いつも物産展に行くと、何を買おうか迷ってしまいます。日頃手に入らない、あれもこれもと思うのですが、沢山買い込んでも食べきれないし、時間が経てば味も落ちてしまいます。迷いに迷って選んだのは老舗のシンプルな一品!
関西の甘味処ではあまり見かけない「豆かん」。お江戸の文化を一言で表すと「粋」と聞いたことがありますが、とても「粋」な一品です。
さいの目に切られた寒天、赤エンドウ、それに黒蜜をかけていただくだけのシンプルな甘味なのですが、それだけに素材の味がしっかりと味わえます。
寒天のプリプリ、しこっとした食感、それに黒蜜の素朴な甘さが絡んで深い味わいに。赤エンドウの炊き加減も程よい固さを残していて、噛み締めると「豆」の風味がしっかりとします。豆の塩加減も黒蜜の甘さを引き立てるポイントですね。
ところで、東京や名古屋(その他の地域でも)では大阪の物産展ってやっているのでしょうか?そして、そこではどんなものが大阪名物として販売されているのでしょうか?(やっぱり、たこ焼き&お好み焼き???)。スイーツはどんなものがあるのでしょうか?とっても興味あります。

桃パフェ

July 28 [Fri], 2006, 21:09
そうだ、桃を食べよう!それも桃の味が思いっきり楽しめるスイーツを!…というわけで、友人とやってきたのは果物屋さんの奥にあるフルーツパーラー。果物を使ったスイーツを存分に楽しむのはやっぱり、ここですね。
注文は迷わず「桃パフェ」。普通の店と違って豪華に、櫛形にカットされた桃がぐる〜っとパフェグラスに盛りつけられています。さすが果物店の桃、甘い、柔らかい、瑞々しい。口の中で桃果汁がほとばしり、とっても幸せ!真ん中は桃のアイス、さらに中にはバニラアイスとヨーグルト、角切りの桃、桃ゼリーが入って正に桃づくし。特に桃アイスは、ちょっとシャーベットっぽくて桃の風味がすごく利いていました。
これだけ、桃ばかりが使われていると、何者にも邪魔されず桃の風味を満喫することが出来ました。桃を使ったスイーツはいろいろありますが、繊細な風味の果物なので、他のモノとミックスせずに楽しむ方がいいみたいですね。
ところで、桃の香りってすごく甘くていいですよね?なんでも、気分を和らげる効果があるそうです。
それで、このパフェを食べた後、とっても幸せな気分になれたのかも…(いや〜、それは違うと思いまっせ!)

マンゴーと桃のタルト

July 26 [Wed], 2006, 22:11
夏の二大高級フルーツ(?)桃VSマンゴー、どちらにしようか迷ってしまう!どちらも美味しい季節は短く、値段も「!」なので一変に食べるのは難しい。しかし、迷えるお茶の子の前にこんなにすんばらしいタルトが現れた!
トロトロ、プリプリ、チュルチュルなマンゴーと桃がたっぷり乗せられた下には爽やかなヨーグルトソース、またまたその下には甘さ控え目でミルキーな、優しい味わいのレアチーズケーキ…と三層になっています。フルーツは二種類とも瑞々しくてそのままでも美味しいのですが、チーズケーキの風味とも相性が抜群で一緒に口に入れるととろ〜り〜とお口の中でとろけてしまいました!桃もマンゴーも甘い香りを放って、美味しいさがムンムン伝わってきます。
ただ、ちょっと残念だったのはマンゴーの方が個性が強くて、桃の風味が負けてしまってました。そのままいただくとすご〜く甘い桃だったのですが…。
マンゴーはエキゾチックな南国美人、対して桃は色白な大和撫子…なんて、勝手なイメージを想像しているのですが。
こうなれば、桃を満喫できるデザートを探し求めるしかない!それは次回で!

夏ごころ

July 24 [Mon], 2006, 20:22
今ではあまり見かけることの無くなった「すだれ」…でも、見るからに涼を誘いますね。そんな、すだれを模した包みに入っていたので、思わず買ってしまいました。



高級和菓子に使われている「讃岐和三盆」、その和三盆でつくられた干菓子…というよりは和三盆そのままのお菓子です。
華やかでいて、優しい色合いに染められた和三盆で夏ならではの風物が作られています。上段は「山と川」のもの(鮎、青もみじ、せせらぎets)下段は「渚」のもの(貝殻、カニ、波ets)と洒落れています。



和三盆っていっても砂糖の塊、お干菓子は見た目は麗しいけど食べると…そう思っていましたが、こちらのお干菓子を食べてみてビックリ!本当に美味しいのです。口の中に入れれば、あっという間に溶けてなくなり、後に涼しい甘さが広がります。お饅頭やケーキなどは重いなと思うときに、お抹茶とともにひとつ、ふたついただくのも良し、上生菓子との組み合わせを楽しむのも良し、コーヒーや紅茶と一緒にキャンディ感覚でいただくのもいいですね。
季節ごとに趣向を凝らした詰め合わせも美しく、プレゼントにもいいですよ。和風キャンディ召し上がれ…って♪

プリントルテ

July 22 [Sat], 2006, 23:55
「トルテ」って呼び名、なんだか懐かしいですね。ちょっと前は「○○トルテ」ってネーミングのケーキがウィンドゥにズラッと並んでいましたが…今はすごく凝ったケーキが多くて名前も舌を噛みそうなモノもいっぱい!(中には洒落た素敵なネーミングもありますが)
このケーキを買ったお店も地域に根ざした「街のケーキ屋さん」というカンジの店構え。ケーキも比較的手軽な値段で、お客様用というよりは自分のおやつに買えるお店です。
奥は喫茶店になっていて、飲み物とセットで650円という嬉しい価格設定になっています。
プリンをあしらったケーキも色々ありますが、これはイチバン上にスライスしたプリンがうろこ状に並べてあり、その下にはふわふわスポンジと生クリーム、間には黄桃が挟まって側面にはクラッシュしたパイ生地がまぶしてあるという、いい意味での「子供っぽいケーキ」です。プリンが流れてしまわないように、フォークを入れて、生クリーム&スポンジのハーモニーを楽しめば幸せなひとときが…。タルトやムースケーキが洋菓子の主流だそうですが、わたしはスポンジ生地のモノがイチバン好みで、こんな王道のケーキに出会うと、ささやかな喜びを感じてしまいます。それにしても、安上がりの「幸せ」ですね♪

絲印煎餅(いといんせんべい)

July 20 [Thu], 2006, 20:09
伊勢のおみやげ第二弾、これにはワケが…。
「あんこ」が苦手な人…実は、うちの会社には数人いるのです。人の口はそれぞれなので、苦手なものは仕方がない。「み〜んな、赤福食べるから、おみやげは無しよ〜」なんて意地悪してはいけません。伊勢は古い門前町、赤福以外にも由緒あるありがたそうなお菓子が色々、その中で数少ないあんこ無しのモノがこれ!
上品な和紙の包みを開けるとちっちゃなお煎餅が六つ、味は塩辛いモノではなくほんのり甘みのあるいわゆる「卵煎餅」というやつ。説明書によると「胃腸を害せざるやう鶏卵と一種の糖分薬品(なんじゃこりゃ)を加味したる…云々」まぁ、明治時代の文章そのままなんで「薬品」は大袈裟な表現と思いますが…。
食べてみると、サクサクと軽い食感。甘さも控え目でいくらでも食べられそう、個包装というのも配りやすくおみやげにぴったりです。
卵煎餅は子供のころに食べた「乳ボーロ」を思い出させる味で、懐かしくて大好き。和菓子屋の隠れた逸品ですね。「あんこ」の苦手な方へのおみやげにもど〜ぞ!!

July 18 [Tue], 2006, 20:28
「盆」ってなんじゃ〜?正解はこれ、伊勢の名物「赤福餅」のイートインでの名称。
伊勢に行ったらここに行かなくちゃ〜。関西で結構、あちらこちらで気軽に買える赤福ですが、伊勢本店の古めかしい店舗でいただく赤福は格別(ただし、今回は氷赤福も食べたかったので内宮支店でした)。レジで食券を買って、お店の中を大きなお盆を抱えて回っている売り子さんから券と引き替えにお茶と赤福三個を盛った「盆」をいただくシステムです。
本当はもっときれいに撮りたかったのですが、この日は花火大会ということと「氷赤福」のシーズンで、ものすごい人出。縁台もぎゅうぎゅう詰めで座っていたので、丁寧に写真を撮るのもはばかられました。
伊勢うどんの昼食の後にもかかわらず、ペロリと完食。相棒は「氷赤福」を食べたのですが、餅とあんこが苦手なので、少し味わってかき氷を中心にパクパク。あんこと餅はわたしの口に押し込み、結局全部で4.5個の赤福がわたしのお腹に…。
やっぱり、シンプルな味は飽きずに食べられるものですね〜。



あ、もちろんおみやげも買いましたよ〜。
そして、またまた家でも夜食(?)に食べてしまいました。



今回は、いろんなスイーツに巡り会えてとっても楽しく、美味しい旅でした。
色んな土地に、色んなスイーツがありますが、土地勘のない地域では地元の人が行くような本当に美味しいお店には巡り会えないものです。
今回は、meshiさんの情報がとても役立ちました。本当にありがとうございます。ブログ仲間の皆さん、また美味しいもの情報、よろしくお願いします。
みんなも一度、伊勢に来てね〜!!

日本一の朝食

July 17 [Mon], 2006, 18:13
旅の楽しみといえば「朝食」。このホテルを選んだイチバンの理由はこの「日本一の朝食」。
この豪華な朝食を知ったのは、お気に入りのブログ「めし日記」の中での記事でした。この記事を読んで、ぜひぜひ行きたいと今回の旅を思い立ったのです。
「お茶の友」はスイーツ紹介のブログですが、この朝食はスイーツにも通じるところがあるので今回は特別に紹介します。

まずはジュース。手前から時計回りに、ショコラ、キャロット&アップル、アサイ(南米のフルーツらしい)、イチゴ&トマト。一口サイズのグラスでサーブされ、もちろん砂糖などは加えられていません。



ジャムとバター。ジャムは、グレープフルーツ&ライム、オレンジ&マンゴー&ピンクペッパー、いちじく&洋梨、バターは、バニラ風味、アーモンド風味、そしてクリームチーズにトマトをプラスしたもの。一口サイズのトーストと共に味わいます。



真ん中のグラスは炭酸入りヨーグルト、底には栗の蜂蜜が入っています。周りはコンポート右から時計回りにマンゴー、洋梨、カスタードプリン、プルーンの紅茶煮(隠れて見えませんが)



パンは一口サイズで、いろんなものをいくつでもチョイス出来ますが、わたしの選んだモノはカスタード&ブルーベリーのデニッシュ、チーズのサクサクしたパン。



これに卵料理(ポーチドエッグ、目玉焼き、野菜入りスクランブルエッグ)、自家製ハム、コーヒーか紅茶が付きます。
初めは全部食べると、お腹に相当くるのではと思っていましたが、ぜ〜んぶすっきり美味しくいただき、その後も満腹感はあるものの、胃もたれなども無し!パンはもっと食べればよかったと思ったぐらいです。
思うに、味付けなどを最小限にして素材を生かしていること、調理に油を使っていないからではないでしょうか?
すべて美味しくいただきましたが、特に気に入ったものはイチゴ&トマトのジュースと、グレープフルーツ&ライムのジャム。トマトは大好きなのにトマトジュースは苦手なのですが、これはグイっと一気にのんでしまい、ジャムは売店でおみやげに買ってしまいました。
満足の朝食が済んでホテルをゆっくりチェックアウト。
さてさて、その後は…伊勢に来たらここに行かなくっちゃ〜♪

デザートプレート

July 16 [Sun], 2006, 14:36
さて、ディナーはホテル内のフレンチレストランへ。
ここのお食事は、バターや生クリームを控えたとってもあっさりしたコースで素材の味を生かしたもの。特に野菜が美味しかったのが印象的でした。
料理のお楽しみは、もちろんデザート。カフェのケーキの好印象で期待も高まります。
デザートは盛り合わせ形式。プレートのあっさりした盛りつけも大人のスイーツってカンジで素敵です。
左から、桃のムース。グレープフルーツのシャーベット、ライムのムースケーキ、バナナケーキ。
ライムケーキはカフェとかぶってしまったのですが、こちらの方がシンプルなぶんだけライムの酸味が生きています。ほかのスイーツも同じなのですが、甘さ控え目なのは当然ながら、それぞれの果物の味がすごくするし、酸味を上手にいかした仕上がりで、食事で足りなかった甘みを補給しつつも、口の中をさっぱりさせるという、デザート本来の目的をきっちり果たしているプレートでした。
あ、お皿のデコレーションに使われているチョコレート、これがとっても美味しかった。これは影の主役(?)かな〜〜。

ライムのケーキ

July 15 [Sat], 2006, 19:43
金曜日、土曜日とちょこっとお出かけしてきました。自然を満喫出来る、伊勢・志摩に!
今週は旅で出会ったスイーツの数々をご紹介します。

お泊まりはリゾートホテル。チェックインした際にドリンクチケットを貰ったので、カフェに直行。お茶だけにしようと思っていたのですが、冷蔵ケースの中のケーキ達があまりに美人揃いだったので、誘惑に負けてしまいました。迷いに迷って選んだのはこちら。
薄いミントグリーンで爽やかな見た目を演出してくれるのは、極薄のライムゼリー。丸くて小さなのはメロンです。ゼリーの下の層はスライスしたライムとライムのムース。その下のオレンジはマンゴーのムース。イチバン下には極薄スポンジ生地が…。見た目同様、酸味が利いていて爽やか!口に入れたとたん、ライムとマンゴーの香りが広がります。ムース生地も生クリームが勝ちすぎずなめらかで軽い食感。
この日はすご〜く暑かったのですが、せっかくだからとテラス席でいただだきました。スパニッシュ風のバルコニーで潮風に吹かれながら、アイスティと共にライムの香りを楽しんでいると…あ〜、別世界に来た!て気分で、ディナーへの期待も高まります。るん♪

最新コメント
アイコン画像お茶の子
» 神々の遊ぶ庭 (2011年04月21日)
アイコン画像焼きもろこし
» 神々の遊ぶ庭 (2011年04月21日)
アイコン画像お茶の子
» 抹茶あんみつ (2011年04月17日)
アイコン画像おサルのダンス
» 抹茶あんみつ (2011年04月15日)
アイコン画像お茶の子
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月09日)
アイコン画像まりたま
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月09日)
アイコン画像お茶の子
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月08日)
アイコン画像焼きもろこし
» なにわの伝統野菜飴 (2011年04月07日)
アイコン画像お茶の子
» あまおうロール (2011年04月06日)
アイコン画像おサルのダンス
» あまおうロール (2011年04月06日)
アイコン画像お茶の子(管理人)
» ポン・デ・リング (2011年04月03日)
アイコン画像焼きもろこし
» ポン・デ・リング (2011年04月02日)
アイコン画像お茶の子(管理人)
» 妖怪(飴)あとひき小僧 (2011年04月01日)
アイコン画像焼きもろこし
» 妖怪(飴)あとひき小僧 (2011年04月01日)
アイコン画像お茶の子(管理人)
» うぐいす餅 (2011年03月27日)
Yapme!一覧
読者になる