2006年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像太田
卒業おめでとう (2007年03月30日)
アイコン画像yamamoto
飲み会 (2007年01月17日)
アイコン画像太田
お願い(卒業アルバムの写真) (2006年11月21日)
アイコン画像ますい
お願い(卒業アルバムの写真) (2006年11月21日)
アイコン画像山本
お願い(卒業アルバムの写真) (2006年11月20日)
アイコン画像ますい
お願い(卒業アルバムの写真) (2006年11月18日)
アイコン画像太田
学祭の展示物 (2006年11月12日)
アイコン画像山本
学祭の展示物 (2006年11月10日)
アイコン画像太田
学祭の展示物 (2006年11月09日)
アイコン画像山本
学祭 (2006年11月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yamamotozemi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
Main | その他»
例文の引用の仕方 / 2006年10月23日(月)
分析する際に実例を使う方は、例文を引用する時に以下のように書いてください。

(1) 明日から沖縄に行ってきます。Xさんにも会ってくるつもりです。 (実例・Eメール)
        
         → これは本などから採集したものではなく、実例の場合
    
(2)関口が同級生三上の家に実家から来た「鮎の甘露煮」を届ける
   三上:ねえお昼まだ?ついでに鮎 食べてったら?お茶入れるから。
   関口:いいわよ!
   三上:帰っちゃう?
   関口:あ・・・・。あたしお茶やってあげるから,ひげ剃ってきたら?
                                       (『東京1』:152)
          → これは『東京ラブストーリー』の1巻、p152からとった例文という意味

(3)・・・なにしろ今日係を決めていただいて,その日程と場所を決めるとゆうことで,すぐにでもそれは動いていただきたいんですね。  (『女ことば3293』)
  
      → これは『女性のことば職場編』のデータで、発話行番号3293からとった例文という意味

 このように卒論の本文中での例文には、どこから取った例かということを略号などを使って簡単に表記します。
 

そして、卒論の最後に<例文出典>という項を設けて、
そこに

『東京1』:柴門ふみ(1990).『東京ラブストーリー1』小学館
『女ことば』:現代日本語研究会編(1997).『女性のことば・職場編』ひつじ書房 自然談話FD

のように略号と正式な書名(著者名、出版年、出版社名)が対照できるように書いてください。






 
Posted at 22:33 / 卒論の書き方 / この記事のURL
コメント(1)

 
Powered by yaplog!