山崎裕子yamyam studio blog

«2013年10月 | Main | 2013年08月»
    
「IPPUKU展」新宿伊勢丹にて / 2013年09月26日(木)
2013.9.25(水)〜10.1(火)
「IPPUKU展」〜深沢里奈さんに学ぶ、お茶のある美しい暮らし〜
伊勢丹新宿店5F 和食器プロモーション



 
   
Posted at 09:25 | カテゴリ:展示会お知らせ | URL | コメント(0)
展示が4つ / 2013年09月12日(木)
ただ今展示中です。
デパートの企画は重なる事が多いです。
新米の季節なので,去年もでしたが今年もお茶碗の展覧会です。

やっとカメラの写真をPCにいれたのでアップいたします。
PCがいっぱいで、写真ソフトが動かずなんだか時間がかかってしまいます。



とりあえず、こちらは新宿伊勢丹にだした1000wan展のひとつです。
これから授業参観です。続きはまた次回。。。
 
   
Posted at 13:37 | カテゴリ:展示会お知らせ | URL | コメント(0)
江戸屋本店ギャラリー展示中です〜 / 2013年09月07日(土)


パン屋さんの江戸家さんでの展示、あと二日になりました。
昨日、岳南朝日に掲載していただいたので,そのおかげで来てくれた方が多く感謝感謝です。
それまではとんと暇にしてましたから。

写真はラジオFのプレゼント企画にだしてもらってるカップの写真です。
番組表をゲットすると、応募できます。当選確率高いと思います。番組表は会場にもありますのでぜひどうぞ!

水曜あたりに追加で窯を開けたので、それのものも少し足してなんとか会場がうまりました。
今回はグリーンの薬が少ししか大丈夫なのがなくて他はブクブクのクレーターが出て、がっくりしてました。
焼き直すとなくなる、なんて素敵な話を聞いたきがしたのでもう一度焼いたら、淡い期待も打ち砕かれさらに悪化。
アーブクたった煮え立ったって感じで気持ち悪い。
来てくれた,陶芸作家の方々に聞いてみましたが、薬が原因でブク出ることあるんだ!?とか、粘土系の薬と長石系の薬の二重がけだとでたりしますよとか、いろいろ教えてもらい、、なんでかなあ、、と,ま,薬のせいだとは思うのですけど、出る時とでない時がある、というのが何だか嫌な感じです。薬が厚すぎで温度が高かったせいかなやっぱり。うすければ温度が高くても大丈夫で、厚くても温度が低ければ大丈夫なのでは、というわけで、真ん中辺りに入れた温度の高くない所の厚がけが生き残ったって事で,これからは緑の薬は温度の高い下の方に入れないようにしてみます!忘れずに,メモメモ!いつも,下に入れてて大丈夫だったのに、、は薬がうすかったってことか。。な?
今回のトルコブルーは青みが強かったのですが、それは緑の件があって,少しねらしを短くしてみて熱量が少なかったせいかなと,思ってます。前回はうすすぎてまだらでスカスカな感じだったのです。その前は厚過ぎでマットなのに貫入、カケ分けしたのがほぼ割れて、ギャー、でした。それになんだか少し白っぽい。水に濡らすと、さ〜っと青くなる。表面の気泡が多いのかなあ。今回のは青みが強くて良い感じです。
ブルーはふちが欠けやすいものがあって、(多分温度が低かったもの)その防止に水色の薬とブロンズの薬をふちにまくようにしてるのですが,今回は水色の薬がうまくまけてなくて、せっかくの補強なのに、引っ掻くとはがれるくらいもろくなってるのがいくつかあって、納品しなきゃならないソーサーもおちゃわんもそれで、もう一度作るようです。。あ〜〜、こんなダメ話を書いてるととまらなくなるので、もうやめます。ダメな話の方がいくらでもでてくるのですよね〜、友人が販売を一緒に手伝ってくれたときにダメな話そんなにしちゃダメと注意されました。。たしかに。
あと二日、お店番ダメ話しないようがんばります!
 
   
Posted at 01:11 | カテゴリ:展示会お知らせ | URL | コメント(0)