山崎裕子yamyam studio blog

«2005年04月 | Main | 2005年02月»
    
府中市美術館&窯その後 / 2005年03月29日(火)
はっきりしない天気の中
桜の写真展とその満開の桜の中の陶芸4人展にいってきました。

国分寺で一緒に陶芸をしていたワカちゃん達の展示です。
2時間近くのんびりしてきました。
というかおしゃべりしてただけなんだけど。。
まったく違う個性の4人の作品でした。

会場で国分寺の陶芸教室でお世話になった川久保先生にもお会いして、ポット爆発の件原因判明。さずが先生!
私の考えていた 空気が残っているせいではないそうです。
本焼きをしたものは、温度をゆっくり上げないと割れることがあるそうです。
焼き締まった器を火にかけると割れちゃうように。そりゃそっか。
素焼きの状態からだとちょっと無理しても割れないのですけれど。むむむ。
いつも、焼き直してばっかりいるのでいつかはこうなる運命だったのかも。
勉強になりました。。
ぶくが出たのは、熱によって生地の中のガスが放出する時に焼き締まったものではでられず、なるのですって。空気じゃないそうです。
備前の土とかもそういえばなったことがあります。
弱い土だとなるようだし、今回は2度目の本焼きだったので熱量が多過ぎた。

というわけで
府中美術館のあと、ワインショップカモシタによってカモパパにいろいろ聞いて黒糖焼酎を買って帰りました。
帰ってからは窯掃除と棚板修理。
棚板はほぼ全部に破片が降っていましたがひどいのは2枚くらいですぐにきれいになりました。
電熱線も酸化皮膜が釉薬がついてはげれている所が下の方の2か所。
なんだか大丈夫そうです。小さくて軽いものの破裂で良かったよかった。
あ〜良かった。

これからは なんでもほいほい焼き直すのはやめようっと思ったのでした。
またはゆっくり温度を上げる事にします。







 
   
Posted at 22:42 | カテゴリ:行ってきた | URL | コメント(3)
ポット爆発 / 2005年03月28日(月)

日曜日に窯だし。
ポットが窯の中で爆発。
もう、びっくりで大ショック。

電熱線が心配です。
まずいんだろうな、どうなんだろう?。

破片は窯中に飛び散って、お皿の上にもふっています。
教室のものはなんとかまぬがれました。

にしても、、ひどすぎる。
原因は、土の中に残った空気なのでしょうか。

やきなおしだったのがまずかったのかな〜。
マグカップも焼きなおしだったのだけどそれは破裂しそうにふくらんでいた。
こんなこと初めてです。
温度が高かったとか???

次回、窯、ちゃんと動くのでしょうか。。
もしかして修理???

ほとんどの棚板に破片がべったり焼き付いて
それをぜんぶ削ること考えるとぐったりします。。

あ〜、なんてこと。
きゃ〜〜〜!!

陶芸教室のとっくりはとなりにあったにもかかわらず無事でした。
梱包して明日お送りします。。

空気が少しくらい入ってても平気だと思ってたのですが、熱量の問題なのでしょうか?
ろくろでひいたもの、なんであんなに空気入ってるかな??
菊練り、出来てないってことなのかしら、やっぱり私ってば・・・・。












 
   
Posted at 00:09 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(0)
バウハウス のち 凧上げ / 2005年03月16日(水)

所沢ミューズにバウハウス展見に行って来た。
こじんまり、ミサワホームのコレクションが80点。
入場料300円は安いのですが、内容もそれぐらい。
ご近所の人にはお勧めですがわざわざ遠くからみに行く程の企画ではないようです。
展示品が少ないので解説をゆっくり読んで、1時間くらいいたかしら。。
ミサワホームの方が解説してくれてそれも結構面白かったけど
自社の宣伝も入ってしまっていてちょっと・・・。

おもしろかったのはバウハウスの授業風景の写真。
昔の学生たちもけっこうはしゃいで写ってました。学生は昔も今も変わらず。

実験住宅の子供部屋の家具の写真をもとにつくられた段ボールの
実寸代の模型もおもしろかった。
棚が人形劇の舞台になったり、おもちゃ箱が椅子になったり、机になったり。
階段の遊具が倒すと車になり、そのままだと食卓での子供用の椅子に。

ミサワホームはバウハウスの製品を1500点程持っていて
予約すれば会社のやってる日は見せてくれるそうです。高井戸だったかな。。。

目をひくバウハウスのポスターは 日芸デザイン科2年生のコンペグランプリ作品でした。
お見事!
他の出品作品も展示してありそれもおもしろかったです。
グランプリ、準グランプリ、どちらも女性でダントツで良かった。
何を伝えるべきか、明確ですもの。 デザインに作り手の個性は必要ない!?

でそのあと隣の航空公園で、バウハウス的な色彩と形の凧、上げしました。
こんなものが結構飛ぶので、不思議です。
風を待って飛ばします。











 
   
Posted at 02:47 | カテゴリ:行ってきた | URL | コメント(4)
夜景ハンターからのたより その2 / 2005年03月16日(水)



またまたすばらしい写真到着!につきご紹介。
スイカだよスイカ〜。
自由の女神ってお台場にいるの??  なんで??
行った事ないからな・・・。










 
   
Posted at 02:09 | カテゴリ:日々のこと | URL | コメント(0)
二人っきりの土曜日のやまびこ陶芸教室 / 2005年03月16日(水)
土曜日はコバとふたり。
これがいつものやまびこ教室スタイルなのよ!
アボーとはいつもふたりっきりですもの。

そんな時は私も自分の事しながらお互い勝手につくってる状態。
たまにちょこっとアドバイス。
あんまりへんなことしてないかぎりほったらかし。

というわけなのですが
この日は、初挑戦の手ビネリポットが完成したのでした。
ユーモラスでいいでしょ!
茶こしも別づけでしっかりつけました。

茶こしの穴をあけるポンスを握りしめて眠ってる人がいましたが。
あったかくてのどかであったねえ。。

それにそれにおやつに手作りチョコケーキがやってきたんだよ。
みなさま残念でしたね〜。
ほとんど私一人で頂きました。
ひときれだけ不二夫氏にあげました。
チョコホイップ付きでそりゃもうおいしかったのさ。
コバごちそうさま!!

という二人っきりの土曜日でしたのよ。

というわけで、26日の土曜日も大丈夫ですよん。







 
   
Posted at 01:46 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(0)
バウハウス2005  in 所沢 / 2005年03月12日(土)

確定申告に所沢の税務署まで行ったらこんなポスターを発見!!
なになに! 聞いてないわ!
ちょうど、図書館本館にあったバウハウスの本をかかえて公園をぷらぷらした帰り。
ここを通らなければ知らずに過ぎた展覧会に違いない。

というわけで
バウハウスの展覧会がありますって。こんな近くでねえ。
バウハウスの流れを汲んでる(ほんとに?)
今や所沢の日芸のデザイン科とも何か関係ありなのかしら?

と思ったらシンポジウムもあるそうです。
行っちゃおうかな。近いし。

バウハウスを知らない人も きっと製品は目にしてるはず。
デザインの源流、この機会にぜひ見に行って見るのもよいかも。

といってもどんな内容の展示なのか ちと不明。

詳しくはこちら↓
http://www.muse-tokorozawa.or.jp/koen/20050310.html
 
   
Posted at 01:11 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(5)
とっくんの個展 六本木まで / 2005年03月12日(土)
多治見工業の専攻科の時に後ろの席だった
徳田さんのオープニングに行ってきました。

表面のマチエールがあたたかい白い器、と布のオブジェも。
かわいい布のお猿がぶらさがってました。

けれど会場に本人の姿が見えず、、、、。
盲腸で入院中なのですって。21日はみえるような事ききました。
で、とっくん抜きでみんなが集まり、
久しぶりの懐かしい顔も見れて楽しかったです。

国分寺の陶芸教室でお世話になっていた
児嶋さんのギャラリー「esprits animaux」(読み方エスプリアニモーだったかな??)
児嶋画廊にて
六本木7ー17ー20 明泉ビル201
tel/fax03-34001-3011

明治屋の隣あたりのampmを曲がってちょこっと行った所です。
六本木に行く皆様どうぞ寄ってみて下さいませ。

3月25日(金)まで
11時から夜7時



 
   
Posted at 00:44 | カテゴリ:つくるひと | URL | コメント(0)
夜景ハンターからの便り / 2005年03月09日(水)



ベイブリッジやら、マリンタワーやらランドマークタワーやら
横浜の夜景を撮ってきたよ! と言う やまびこ教室メイトのコバから

撮った写真見せて見せて、とせがんで送ってもらった。
都会の夜景はすごいなあ。電気代もすごいんだろうなあ。

コバたち、(撮影者の夜景ハンターはコバの彼。)
三脚立てて2時間も寒い中ぷらぷら撮ってきたそうです。
仲良いね〜美しいね〜。

この三日月型のホテルの前の桟橋から中華街に行けるんだよね。ちがったけ?
桟橋の写真も美しいですの〜。
三つのタワーがランドマークタワーなの? 構図もばっちりですね。
夜の観覧車って乗車可能?なのだとしたら、一度乗ってみたいものです。

次の夜景も期待してます!。
よろしく! 夜景ハンター様




 
   
Posted at 23:35 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(3)
「引き出物と余興」その2 / 2005年03月07日(月)

昨日の続き。。
新婦のちさとちゃんの作品(新郎の仕事部屋をイメージした空間)の展示。

透明のやわらかいビニールのシートにお米ひとつぶひとつぶが並んで、ぷつぷつと
実物大のギターや、ボタンやスイッチのいっぱいついた音楽の機材が描かれています。
(またまた写真じゃわからないんだけど・・)

お米が置かれて描かれていく 「sleep」 というタイトルのアニメーションが小さくはじっこで流れていました。

すごく軽やかで、すがすがしい。
なんだか気負った所がなくて、気持ちがいい。
見るというお楽しみが、とっても満たされる。

私は所沢から都内に出て行くのは結構負担で、今回もどうしようかな〜と思っていたのですが行って良かった。

最後の写真は新郎新婦の
斉藤ちさと氏とバンドウジロウ氏
素敵な披露宴に、感心して楽しませていただきました。









 
   
Posted at 23:27 | カテゴリ:つくるひと | URL | 
ちさとちゃんの引き出物としてバンドウさんのCDを買った / 2005年03月07日(月)


友人アツボックルに誘われて 
予備校時代一緒だった ちさとちゃんの展示を見に行った。

そこでこのCDを手に入れた。サイン付き!
インストルメンタル。心地よい音とメロディー。
「SCULPTURE」彫刻ってタイトルです。

ちさとちゃんの夫、音楽家でありグラフィックデザイナーのバンドウさんの音楽に美術家の彼女の作品がデザインされたクローバーのジャケット。

以前彫刻やってた彼の、今の音の彫刻なのですって。
私は3曲目、少し感傷的なメロディーの曲がとっても素敵だと思います。

最後の曲がロバート・フリップのようなギターで気持ちよくて
ブライアン・イーノとやった「イブニン・スター」を聞いてるようでかっこいい とうちのダンナも言っております。
素敵なのだ。

とにかく工房では仕事はかどるに違いない。
やまびこ教室でもきっとみんな気に入る かな?

なんで展示会に行ってCD買って喜んでるのかといったら
行って来たのは経堂の appel という1階がカフェで2階がギャラリーのお店

昨年結婚した二人の結婚披露をかねた二人の仕事ぶりを紹介する
「引き出物と余興」という展示会だったのです。
1階では共同で製作した引き出物の展示。
2階では美術家としてコンスタントに作品を発表しているちさとちゃんの作品展示。そして音楽家の彼の余興としての演奏。残念ながら私たちが行った時は聞けなかったのですが。

こんな素敵なおひろめ会のかたちがあるのですね〜。
とっても良かったです。

3月10日まで
「appel」世田谷区経堂5ー29ー20
03-5426-2411
3時から夜9時まで、10日は8時まで

ちさとちゃんの作品の写真は次の記事につづく。
これがまた ぐっとくるんだな。お近くの方はぜひ行ってみて。

写真は1階のカフェでの展示の様子と、お店の外観です。







バンドウ氏ホームページはここでした。
 
   
Posted at 00:01 | カテゴリ:つくるひと | URL | コメント(0)
| TOP PAGE | BACK