山崎裕子yamyam studio blog

«2005年01月 | Main | 2004年11月»
    
吉原商店街のかふぇ「にばん」 / 2004年12月30日(木)



富士市の吉原本町通りに、かふぇ「にばん」があります。
今年の5月にカフェ内にやまびこの器を展示してもらいました。
今も、ポットをウインドウに並べてもらっています。

店内はご夫婦の手作りで、しっとりほんわかしています。
こだわりのキッチン用品、白く塗られた壁や、木のあたたかい床。
手作りの机に、椅子は学校の椅子でしたっけ? とっても素敵です。

お茶もおいしいし、ケーキも最高! 幸せな気分になれる所です。
写真はこの日いただいた、アッフォガード。
アイスクリームに熱いエスプレッソをかけていただきます。
十穀米のカレーや、おとうふみたいなレアチーズケーキ、思う存分食べたいな〜。

大橋歩さんの「アルネ」もすっかり揃って、ゆっくり読めます。もちろん購入もできます。
私は、アルネでも他でも最近やたらに紹介されてるリネンの布巾を、ついににばんで買ってしましました。影響されてちゃってます。。。トホホ。。とそんな小物も購入できます。

お店のホームページはこちら→かふぇにばん

そして、かふぇにばんを出て吉原通りの中山甘納豆屋さんへ行ったら「柳デザイン量り」発見しました。(正式名称じゃないですよ)


アッフォガード         

アルネの並ぶ店内 

 
 続きを読む…  
Posted at 22:19 | カテゴリ:日々のこと | URL | コメント(2)
生涯教育フェス作品焼き上がり / 2004年12月30日(木)

6年生の作ったシーサー。
表情がおもしろいです。

作品受け渡しを22、23日にしたのですがまだ作品残っています!
早くとりにきてくださ〜い。
お正月は6日の木曜日より開いています。





むにゅむにゅした恐竜たち


奥は、ちっちゃな手のあとの残る怪獣??


盲導犬を見た後だったのですって。動きがでています


おままごとに最適。作って楽しい、遊んで楽しい!
 
   
Posted at 21:16 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(0)
りんごの皮の酵母パン焼きました / 2004年12月30日(木)
家で2回酵母を培養して、友人宅に持って行って種と同量の粉と塩ちょっととぬるま湯を足してパンをつくりました。もう、分量適当になっちゃった。

家では夜練って、朝までほっておくのですが、この日薪ストーブの前になにげなくほっておかれたパンは2時間ちょっとで、すっかり大きくふくらんでいまし た。

粉をつけて指を指しこんだら、生地がべたっとついてきちゃって、これは発酵のし過ぎ? しなさすぎ? 水分が多い? などなんだかわからなかったのですが、二つに割ってちょこっと寝かせて、俵型にして焼いてしまいました。

適当すぎる〜!
でも、けっこういけました。よね?
ちっちゃい丸っこいパンは、4歳の子が練ったパン。
こっちのほうがおいしかった?・・・。

お正月用にパン種またふやしているところです。

今日、やまびこのご近所のパン屋さん「パンフルート」の干しぶどう酵母のパンを食べました。
酸味が強くて、バターだけでとってもおいしく食べれました。
かみかみかみしめれるパンっておいしいですよね〜。

写真はみんなりんごの皮酵母のパンですよ!
以外においしそうでしょ?

ぜんぜん陶芸ネタでなくてすみません。。。
粘土ねるひとは、パン作りも好きかな〜と思って。

陶芸してる男性ってお蕎麦つくるのが好きな方多いです。
お蕎麦は菊練りらしいのです。
何回かしか経験ありませんが自分でつくる麺類っておいしいです。
それは味覚以外の要素がそう思わせてるのでしょうか。。
お蕎麦もいいけど、うどんもいいですよね〜。なんて。








 
   
Posted at 21:14 | カテゴリ:日々のこと | URL | コメント(0)
火曜日の陶芸教室 / 2004年12月22日(水)

やまびこ会員ナンバー1ばん、アボーの植木鉢。
(やまびこ陶芸教室、一年目は彼女ひとりだけでした。)
とってもかわいいので載せてみました。
羊のおなかみたいです。

ブラディオの人形の木を彫った感じに誘発されて全体を彫って白化粧しました。

この後彼女、りんごの蓋物も作っていきました。

一番昼間の短い一日の訪問者の多い一日でした。
今週はなんだかやまびこに毎日誰かが来ているような気がします。





 
   
Posted at 23:49 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(2)
ブラディオあらわる / 2004年12月22日(水)
火曜日に美術家の寺島ブラディオ氏が最近の新作持って、やまびこ工房にやってきました。
私たち夫婦の学生時代からの友人です。
現在青梅に在住、たまにぷらっとやってきます。

最近は何故か木で人形作ってるのだそうです。写真が上手にとれずにちょっとしか紹介できず申し訳ないのですが、もうきゃ〜かわあいい!!って感じです。
こんなかわいい作品でしたっけ?

陶芸教室のアボーも一緒にいたのですが、「似てますね〜」(本人に)いわれてました。
ちなみに、体操してるのはフレディー・マーキュリーがモデルなのだって。

どこかの人と同じで木を彫るの楽しくて楽しくてしょうがないのだそうです。

どこかの人とは、富士山の近くで作家活動してるこれまた学生時代の友人です。

バイクとアートとミドリノコトバ

ブラディオさん、見てたらぜひクリックしてみてね。オートバイ好きの方もどうぞ。

ちなみにやまびこにある白いベンチは、彼に工房を持った時にお祝いにもらったものです。

たのしい訪問でした。いろいろおかしな事を話して帰って行きました。

















 
 続きを読む…  
Posted at 23:27 | カテゴリ:つくるひと | URL | コメント(5)
りんご酵母は元気だった!粘土もねるけどパンも練ります / 2004年12月22日(水)
パンを作るための酵母を育てています。
約一週間冷蔵庫の上においといたリンゴの酵母はあまり元気がないようだったのですが、一応泡がぷくぷくしてるし、舐めてみたら甘くてお酒っぽいので、昨
日の夜中に全粒粉を足して培養しました。

そしてさっき、帰って来たらどうですか!
酵母はふたを押し上げ元気にふくらんでいました。
やっぱり瓶が小さかったか。。

これからもう一度粉を足してさらに培養し元種を作ります。
培養せず、酵母エキスを直接入れてパンを焼いてもいいのですが、かけ継ぎといって、何回か粉を足したし使っていくと前回は2ケ月くらい生きていまし
た。1週間に一度は、冷蔵庫にしまった元種を練って起こしてあげないといけないので強制的にパンを焼かなきゃ〜となってだんだん面倒になって前回は死ん
じゃったのかな。

酵母生きていましたね〜。生きているのですね〜。

写真上、元気にふくれた酵母

写真下、酵母エキスと全粒粉をお箸でまぜてるところ。
お箸でまとまるまで混ぜるとボウルも手も汚さず楽ちんです。お箸についた種も簡単にとれます。
(ウーウェンさんの小麦粉料理の本で花巻を作る時習得!でも花巻は失敗。習得してない?)

その下写真、昨日練りたてふくらむ前の酵母。瓶の大きさに無理ありですな。
金属でパッチんとしまる瓶が本当はいいです。
今日これから培養しようと思っているのは今度はそれに入れようかと思っています。

工房でも家でも、粉を計ったり、何か練ったりと同じ事してるね、と家のものに言われます。





 
 続きを読む…  
Posted at 23:09 | カテゴリ:日々のこと | URL | コメント(6)
酸化窯だし その2 / 2004年12月19日(日)
椿のお皿、すごいことになってます。
意見が分かれそうなゴージャスな感じ。。

作品受取りの方は、21日から火、水、木の2時から6時までは教室開けてますので、できればその時間にいらしてください。
無理な場合は連絡くださいませ。

21日、火曜日にブラディオ、アトリエ参上予定。
ご報告します。










 
   
Posted at 20:00 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(0)
酸化 窯だし その1 / 2004年12月19日(日)

とりあえず、メールより5枚しかのせられないので。
写真、色悪くてすみません。
コバのトルコ、ながれちゃったけどきれいだったよ。
今回、私はちょっとショッキング。。。









 
   
Posted at 19:50 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(3)
入間市久保稲荷に無添加・手作りパン屋発見! / 2004年12月17日(金)

新、カテゴリー!やまびこご近所情報!!
今日見つけたパン屋、(前からある事は知ってたのですが)やまびこ工房のめちゃご近所、なんと天然酵母パンの店であった。
もっと早く言ってくれれば今までだって買いに行ったのに〜!!。

外から一度覗いたら、菓子パンばかりの普通のパン屋に見えたので私のパン屋探しから除外されていたのですが、今日窯が一段落してちょっと今日の朝用のパ ンでも買って帰るかと、寄ってみたらなんと無添加、国産小麦とおいしい塩を使ったこだわりのパン屋であった。も〜う、看板に天然酵母って書いといて!。

私は天然酵母パン屋に行くと「酵母は何を使ってるんですか?」と訳知り顔で聞くのですが、答え方にパン作りのこだわりとかってにじみ出ますね〜。
この久保稲荷の衝撃的なパン屋「ベーカリーフルート」は天然酵母 AKOを使っているそうです。
しかもお店のおばさまは、親切で目きらきらさせて酵母について教えてくれました。
やっぱりお客商売ってコミニケーションよね。

天然酵母と言えばホシノ天然酵母ですが、AKOなんて初めて聞いた。
調子に乗って「私も酵母育ててるんです〜」とのたまうとAKOについて詳しく教えてくれました。
もともとホシノ天然酵母に30年間勤務してた研究者がパンを作って多摩センターで売ってるらしい。。そこでは酵母も売ってくれるらしい。。
そして「あこ」はパン作り教室もやってるわよっと教えてくれたのでした。

パン作り教室行きたい!! 1月18日にあるらしい。
誰か一緒に行きませんかね?
土練りと、パン捏ねの違いを伝授してもらわなければ!!



 
 続きを読む…  
Posted at 04:12 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(8)
素焼きして釉薬かけて、本焼き / 2004年12月16日(木)
今日、酸化の窯焚き終わりました。上の写真は素焼きした作品。
800度くらいで焼いてあります。

いつも、窯をいっぱいにしなきゃいけないというビンボー根性でぎりぎりまでつくって乾かして窯焚きするのですが、今回は子供達もの含めてサイタ(って
いってるけどどんな意味だ?作品載っけて運ぶ長細い板です)13枚分。
もう、パズルのような窯詰め。私ほほんとに仕事遅いです。なにもそこまでって思う細かい事よくしてます。
ちょっと自分でも嫌になるくらい病的かも。。。ゆったりつめれば早く済むのにな〜。次回はゆったりにしようっと。
結局水曜の夜中に窯のスイッチ入れました。どのくらいの時間をかけて窯詰めしたかは恥ずかしいので秘密。
土曜日バイトから帰って来てから窯だしします。
作品、ゆうパックで送ろうかなと思っています、聞いてみたら24時間受け付けてくれるそうなので。
日曜の朝送るのは自信がないので。
楽しみだね〜。写真撮ってまたここにも載せます!




素焼きした後、バケツに入ってる釉薬をよーくまぜてかけます。

白くなってる方が、釉薬をかけたところ。最初はいろいろかけるつもりだったのですがだんだん面倒になってきて、これもこれも、この釉薬!ッテな感じで結局フェスのは無難な薬を三種類かけました。

めいっこ、シーサーに白化粧と赤いのはベンガラと長石まぜたもの塗ってます。
赤茶になる予定。
 
   
Posted at 23:32 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(2)
| TOP PAGE | BACK