灰の水簸 / 2011年03月26日(土)
なんだか、大変な事になっていて、いったい自分に何が出来るのか考えないといけないなあ、と思っています。
恐ろしい天災と原発の人災、、。テレビを見ていても何も分からず、教えてもらった動画を見たりツイッターしてみたり、、。
原発に関しては、のほほんと何も考えず知ろうともせず社会性ゼロで子育てと自分の事にしか興味のない生活だけしていたわけで、大事な子供たちのこれからがとんでもない事になっちゃった!どうしてこんな事に!って誰かをせめてるだけじゃどうにもならないのですよね、、。
で、自分に出来る事は何なのか、、、。
ムバラク政権を倒したエジプト市民のように 原発の国日本を変える力を個人が持ちうるんだと信じて行動していかないと何も変わらないんじゃないのかと思うのです。

以下転載です。
++++++++++++++++++++++++
東海地震の前に浜岡原発を止める
静岡県庁が、今、
<東北地方太平洋沖地震に関する意見等>を求めています。

アドレスは、<リンク: https://www2.pref.shizuoka.jp/all/ikenteigen.nsf/touroku> 静岡県庁HPトップページ

静岡県民だけではなく、多くの人が「東海地震と浜岡原発」に関して、
意見を送っていただけるよう、お願いします。
++++++++++++++++++++++++
転載以上


で、水簸のことです。長くなったので追記にしちゃいました。


イベントが2つ延期になって少し気が抜けて、こんな時に!と、たまっていた薪ストーブの灰の水簸をはじめました。
学生時代にやっただけで自分でやるのは初めてです。だって面倒くさいし使えるようになるまでに時間もかかるのです。
冬の間、毎日薪ストーブを焚いていると、灰がわんさかできます。
あーもったいないなあと思いながら、堆肥の所にまいています。
酸性の土をアルカリにするすごくよい肥料らしいので、そのうち活躍するのかな。
街に住んでた時は、ゴミ収集に野菜くずを出すのに後ろめたい気がしていたので、
生ゴミをみんな堆肥置き場に捨てれるようになった今はすごく気が楽になりました。
下の方ではカブトムシの幼虫がうごめいていて、子供たちは本当に楽しみにしています。

で、水簸やってみています。灰をバケツに入れて水をじゃばじゃば注ぎます。
かき混ぜてふわふわ浮遊する灰だけを網でこして、灰と不純物にわけていきます。
1日置いて、濾した灰が沈澱して底にたまって上水が澄みます。
この上水は強力なアルカリ溶剤(苛性カリ、、水酸化カリウム)で素手で触ろうものなら手がぬるぬると融けちゃいます。
これを捨てて、何度か水簸を繰り返してアルカリ分を水と一緒に灰から抜きます。
アルカリ分は窯の中で釉薬を溶かす作用があります。そのままでは溶け過ぎるのです。
ある程度抜いて使いやすくします。しっかり抜いた方がいいのかな。。4回ぐらい水簸すること!とノートには書いてあります。
水簸した灰だけ100%でも釉薬になる事もあるし、溶け過ぎるようなら粘土分を足したり、溶けないなら溶かす役目もある長石を足したりして釉薬に使います。いつも使ってる薬の調合の石灰分を灰に置き換えて使ってみたり、、。
私は灰釉特有ののむらむらしたのより、石灰のかわり、くらいの気で使うつもりです。意味ないかな。。

そしてアルカリの上水、手をとかす上水、なんだか捨てるのおしいなあと思うのです。
染色で使うらしいので染色の友人に聞いてみようかなと思ったり。。。

うちは自家浄化なので浄化層に流すのはよろしくないんだろうなと思うし、
掃除に使ったら重層水のような効果なのかなと思ったり、、、。
いつも堆肥置き場に山積みしてるくせに、一度作業が入るともったいなく感じてストックしてしまいました。
スプレーボトルにつめて子供たちのべたべた汚れのついた窓ガラスになんてすごくいいんじゃないかと思ったりして、、。
お皿を洗う前に一吹き!  換気扇の油汚れもばっちり!とか。トイレ掃除にもどうかしら。

それから、うちは玄米を家庭用の精米機で精米して食べてるのですが、出てくる米ぬか、、ここに栄養が詰まってるのか〜と思うともったいなくて、ちょっとずつクッキーやホットケーキやパンに混ぜています。
子供や旦那は気付いていません。全粒分のパンだと思っているみたい。
それでも酸化しちゃうしたくさんあまるので、これも肥料にいいんだったら、釉薬にもいいんでないかい?などとおもいます。
藁やもみの灰は、ぜんぜん溶けなくて窯の中でお皿とお皿がくっつかないようにお皿の底にもみ殻をひいたり、藁で器をくるんでいれたりするぐらい、、。
じゃあ、糠はどうかしら?とおもって糠だけそのまま素焼きの器に入れて焼いてみたら、淡い跡を残して燃えてなくなっちゃった。ヒダスキっぽい痕です。ちょっと溶けて残ってたけど。。釉薬に使うには大量野に必要なのかな。。一度ストーブで灰にして実験してみないとわかんないんだろうけど、、、面倒だなやっぱり、、糠どこや肥料にしたほうが糠も喜びそうだ。。

灰、灰、、灰もテストしてみます。
使えるといいなあ。ダメだったら庭にまいちゃえばいっか。いやいやそれはもったいない。
だって、釉薬掛けで拭き取った釉薬もストックして調整して使ってるくらいですからね。ぜんぜん使えます。

今、読み返してみたら 私って「面倒くさい」と、「もったいない」でできてるな。
あと、「まあ、いっか」。
まあ、いっか、じゃダメなのよね。。
意見送ります。
Posted at 00:41 | カテゴリ:朝霧新工房 | URL | コメント(2)
この記事のURL
https://yaplog.jp/yamabiko/archive/336
コメントする
名前:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

kentさま

そちらは地震大丈夫でしたか?
粟倉はひどかったと聞きました。。

灰、、森の会?森で灰が必要なんですか?何に使うのですか?
でもほんとに、薪ストーブ大量の灰ですよね。
釉薬に使えるまでにする作業を考えると合成灰で別にいいんですが
もったいないんですよね本当に、、。

調べたら苛性カリウム石けんの材料!
石けん作れたりしないかしら、、
でも劇薬扱いですね。。。

Posted by:やま at 2011年03月27日(日) 01:04

はいはいはい、有効利用しましょう。
お時間できたら、私もその灰の
いろいろ、やりますよ。

今はひたすら、農家のかたと
森の会へ渡してますから。
Posted by:kent at 2011年03月26日(土) 18:52