子宝願う小正月行事、「嫁つつき」

January 15 [Tue], 2019, 0:00

子宝願う小正月行事、「嫁つつき」

秋田県にかほ市大森地区
サエの神の行事の一つで、サエの神小屋を焼いた後、子どもたちが初嫁棒を担ぎながら鳥追いの唄をうたい各家々を回り、初めて正月を迎えるお嫁さんやお婿さんの家では、早く跡継ぎを出産し長く婚家に居るようにと初嫁棒を持って初嫁の周囲を回って棒でつつく動作をする「嫁つつき」という奇習が行われる。

同日に行われる横岡のサエの神行事「鳥追い」と「嫁つつき」などが組み合わされた、秋田県では当地域だけに見られる特徴のある小正月行事として平成10年に国の重要無形文化財に指定されている。 1月中旬。



秋田県象潟町上郷・大森地区で小正月行事の一つとして行われる「嫁つつき」が行われた。これは新婚夫婦が子宝に恵まれるようにと、地域の子供たちが新妻を囲んで棒で畳を突く行事で、集落に新婚夫婦がいる時だけ行われるものである。「嫁つつき棒」とはややエロティックな感じもするが、小さい集落の中で早く後継ぎを出産し、婚家に長く居つくようにと願うものであり、家族の繁栄と村の存続を祈願したものであろう。

市内の小さな集落では、昔々から代々受け継がれている伝統行事が残っていますが、1月中旬の小正月にも それぞれ小正月行事が 親から子へと受継がれています。にかほ市象潟の山間部に位置する 大森集落では、小正月行事として「どんと焼き」(才の神焼きともいう)が行われています。

焼かれる小屋の前では、子供たちが呪文を唱え、火が大きくなると持ち寄った昨年の注連飾りなどを燃やすんだそうです。こうした行事も、だんだん少なくなってきて とても貴重なものとなってきました。



才の神が奉ってあります。「珍」しいご神体ですが、東北地方ではよくあるとのこと。長岡まつりでも見かけましたが、堂々と飾ってあるのがすごいですね。建物内には「嫁つつき棒」や「道祖神」というものがありました。いろんな呼称があるようです。

サエの神の由来の説明がありましたので、下記に掲示します。象潟町のサエの神のご神体は陰陽性器のうち、男根(陽)を石や木でかたどったものとしている。この神に良縁や子授け、病気、家内安全、豊作などを祈願すると、御利益があるといわれております。このサエの神行事は、一月十五日に早朝から小屋焼きなどの伝統行事をおこなっております。

↓の写真ですが、なんとも「嫁つつき棒」はご立派でリアルですなぁ〜・・・・。ここも「道祖神」の祭りがあるようですが、酒田市亀ヶ崎十一面観音堂にも道祖神があります。正月(二日)に男根を抱えて、ドウソジ〜ン!ドウソジ〜ン!と叫びながら各家庭を廻ります。



なお、この地区では子どもたちが藁を集めてつくった「サエの神小屋」に籠もった後、それに火をつけて燃やし、たいまつにして、一番鳥から三番鳥まで集落を廻る豊作祈願の「鳥追い」行事も行われる。これは秋田県ではこの地域だけにみられる特徴ある小正月行事であり、「上郷の小正月行事」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。

「サエの神」(賽の神)は道祖神で、境の神様として悪疫退散を願うもので、ご神体は「男根」を形どった物が多い。この地区でも「鳥追い」と同時にこのご神体(直径約10センチ、長さ約30センチの男根形)を担いで集落を練り歩く風習もある。



秋田県の祭りで今も残る奇祭「嫁つつき」。ニュースによると子供が集団で新嫁を棒でつつくしぐさをして、新郎が「もうやけてくれ」と頼んで終わる儀式だそうで。これについて元々は女性を集団レイプする祭りが今の形になったとか。深く調べて行くと民俗学がエロ楽しくなりそうなそんな気がしました。

新婚の妻をまず村の有力者に捧げてからいろいろやった後新郎に払い下げられる風習があるんだなと。最近何かの週刊誌に詳しく載ってたのでNTR好きには大好物なのかなと。処女破瓜とかケガレの象徴だったんだなとか。

村の生娘の処女破りの儀式とかがある地方もあるとか。破り役の有力者に金と着物を渡して破ってもらって女として認めてもらうとか…すごい文化過ぎる。メルギブソン主演のブレイブハートの中で、領地を納める頭首は領内の結婚式の夜に花嫁の処女をもらう初夜権があったことが・・・ 



秋田で4年ぶり奇習「嫁つつき」

子宝願う小正月行事
新婚夫婦が子宝に恵まれるようにと願い、集落の子どもたちが新妻を囲んで棒でつつく奇習「嫁つつき」が15日、秋田県にかほ市の大森地区で行われた。小正月行事として続いてきたが、最近3年間は同地区に新婚がいなかったため2007年以来、4年ぶりの再開となった。

新婚夫婦がいる2軒のうち、農業今野正作さん(77)方では、座敷に通された小学生4人が棒で畳をたたきながら「初嫁出せじゃ」と連呼し、昨年9月に孫の会社員伸哉さん(24)と結婚した奈美さん(24)が着物姿で登場した。児童は「つつくは今だ」と奈美さんを囲み、何度も棒で周囲をつつくようなしぐさ。伸哉さんが「あとやめてけれ」と割り込んで行事は終了し、子どもたちはお菓子や餅などをもらった。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
にほんブログ村
  • URL:https://yaplog.jp/yagimitinomise/archive/3343
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きーらくだま
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1981年10月18日
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・神輿-田舎町にはこれが一番
読者になる
開発に取り残された街、なんて言いますけどね、コミュニティの強さ、田舎町の安心感、歴史財産まで、今の時代に一周遅れでトップになった感じです
TX沿線の新市街地に住む方たちも歴史情緒ある流山本町、今では一割もいないだろうと思われる流山先住民、昔からの生活をする住民として発信出来たらいいな、と思っています。
なお、神輿会に入りたい人については上に紹介はしますが審議にかけられます、個人として権力ないもので
2019年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像★T軍曹★
» 昭和57年10月31日、館山城開館 (2018年10月31日)
アイコン画像坂牧
» ダンススクール (2018年09月23日)
アイコン画像無有
» アメノウズメノミコト (2018年09月17日)
アイコン画像kusakabe-dc
» 基本は第4土・日曜に開催、南越谷阿波踊り (2018年08月25日)
アイコン画像日本画家・絵本画家 後藤 仁
» 昭和5年1月21日、後藤純男生誕 (2018年04月26日)
アイコン画像でれすけ
» 平成29年、宿赤城神社祭礼、神輿渡御その2 (2018年03月10日)
アイコン画像四木 徹
» 平成29年、宿赤城神社祭礼、神輿渡御その2 (2018年03月09日)
アイコン画像ぽんぽん
» 平成29年、宿赤城神社祭礼、神輿渡御その2 (2017年10月18日)
ヤプミー!一覧
読者になる