旧暦11月14日、茨城県笠間市、愛宕山『悪態まつり』

November 14 [Wed], 2018, 0:00

茨城県笠間市、愛宕山『悪態まつり』

旧暦11月14日
愛宕山の山頂にある飯綱神社の祭りで、旧暦11月14日に行われている。13人が白装束で天狗の格好をし、13天狗のほこらにお供え物をして回る。この時に悪態(悪口)を言い合い、天狗に邪魔されながらお供え物を奪い合うという変わった祭りだ。このお供え物を奪い取った人は、幸せになれると言われている。もともとは7日間の斎戒を夜間に行った後に徒歩で巡回するものだったが今は行われておらず、現在は昼間行われている。このような祭りは日本中でも珍しく、日本三大奇祭の一つと言われている。



悪口御免の奇祭
悪態祭 笠間市の愛宕山(標高305メートル)山頂にある飯綱神社で行われる奇祭。神社には「十三天狗の祠」があって13人の天狗を祭っている。愛宕山(岩間山)は、古くから筑波神社などとともに修験の道場として知られ、「イヅナ」という社名と天狗にその歴史をうかがい知ることができる。

飯綱神社の悪態まつりは真夜中から早朝にかけて行われる。神主と氏子のなかから選ばれた13人の天狗を先頭にして、海の幸と山の幸を奉納するために参道を登る。マスクをした無言の天狗たちとは違って、行列につづくものたちは互いに悪口を言い合う。ののしり合うわけだが手を出してはいけない。

「日本三大奇祭」の一つとされる同祭りは、愛宕山の愛宕神社で江戸時代中期から行われている。伝承によると、領主が政治に対する住民の意見を聞くため、その時に限り、どんな悪態を言っても罪にならないとして始まった。13天狗役の氏子は白装束と烏帽子(えぼし)を身に着け、山麓から同神社まで約4キロを無言で行進。参拝客は道中、「バカヤロー」「早く登ってこい」などと罵声を浴びせ、天狗が16カ所のほこらに置いて回った供え物をわれ先に奪い合った。



皆で「ばかやろう!」
「ばかやろう!」「しっかり歩け!」といった罵声が響く中、天狗たちは、決して言い返すこともなく、無言の業に徹します。中には、「格好いいぞー!」「ありがとう!」等の罵声とも言い難いかけ声も響きます。名指しでなければどんな悪口を言っても許されるというだけあって、参拝客は、日頃の憂さを晴らすように、思い切り叫びます。また、祠での供物の奪い合いは、想像以上の激しさで、幸せの御利益をつかみとろうと、皆必死です。

天狗たちは山頂まで辿り着くと、愛宕神社の境内で、大勢の参拝客に向かって餅や菓子をばらまきます。そして最後には、合図を受けて、参拝客皆で「ばかやろう!」と叫びます。叫んだ後には、不思議と拍手が沸き起こり、その言葉の意味とは裏腹に、すがすがしい気持ちと、一体感さえ生まれた気がしました。祭りには、県外からもその噂を聞きつけ、沢山の人が訪れます。



一度は途絶えたものの、10年前に復活
天狗に悪態をつくことで、体にある罪や“けがれ”を追いだす――天狗を引き連れる愛宕神社の神主さんは解説してくれました。「神社では“みそぎ”や“おはらい”で、人々から罪やけがれといった悪いものをはらいます。それでもはらい切れずに残ってしまった悪いものを、悪態をつくことでひとつ残らず吐きだしてもらうのがこのお祭りです」

お祭りが年の瀬に行われるのもそのため。天狗はけがれを引き受けるよう、白装束を着たり、出発前に飯綱神社でおはらいをうけたりします。愛宕神社は806年から存在する、日本三大火防神社の1つ。火の神を祭ると同時に、境内の飯綱神社で天狗を祭っていました。



「なぜ悪態を受けるのが天狗かは、いろいろな説があるんですが結局分からないですねえ。祭りが始まった江戸中期から、天狗と決まっていました」言い伝えってそんなもの。お祭りは昭和20年(1945年)ごろに途絶え、空白の時を経て10年前によみがえります。

現代風にいろいろアレンジしつつも、今も変わらず悪態を引き受ける天狗は、ありがたくて愛くるしい存在。途中16カ所あるほこらを周りながら、飯綱神社を目指す天狗たち。ほこらに到着するたび、お祭りは盛り上がりを見せます。悪口を吐き出すこととは別の悪態、お供え物の奪い合いです。



悪態まつりでは、天狗がほこらに収めた後のお供え物をゲットすると、幸せになれるという言い伝えがあります。参加者は先回りしてポジションを争うなど、御利益を巡った激しいバトルを繰り広げます。争奪戦はほこらごとに行われ、全部で16回。ほこらの環境や奪い合いの趣向が異なるおかげで、それぞれ違った盛り上がりを見せます。もはや一種の競技。これも御利益ある“悪態をつく”行為なのです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
にほんブログ村
  • URL:https://yaplog.jp/yagimitinomise/archive/3186
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きーらくだま
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1981年10月18日
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・神輿-田舎町にはこれが一番
読者になる
開発に取り残された街、なんて言いますけどね、コミュニティの強さ、田舎町の安心感、歴史財産まで、今の時代に一周遅れでトップになった感じです
TX沿線の新市街地に住む方たちも歴史情緒ある流山本町、今では一割もいないだろうと思われる流山先住民、昔からの生活をする住民として発信出来たらいいな、と思っています。
なお、神輿会に入りたい人については上に紹介はしますが審議にかけられます、個人として権力ないもので
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像★T軍曹★
» 昭和57年10月31日、館山城開館 (2018年10月31日)
アイコン画像坂牧
» ダンススクール (2018年09月23日)
アイコン画像無有
» アメノウズメノミコト (2018年09月17日)
アイコン画像kusakabe-dc
» 基本は第4土・日曜に開催、南越谷阿波踊り (2018年08月25日)
アイコン画像日本画家・絵本画家 後藤 仁
» 昭和5年1月21日、後藤純男生誕 (2018年04月26日)
アイコン画像でれすけ
» 平成29年、宿赤城神社祭礼、神輿渡御その2 (2018年03月10日)
アイコン画像四木 徹
» 平成29年、宿赤城神社祭礼、神輿渡御その2 (2018年03月09日)
アイコン画像ぽんぽん
» 平成29年、宿赤城神社祭礼、神輿渡御その2 (2017年10月18日)
ヤプミー!一覧
読者になる