七里香雪亭 152 「おいしいおまけ」 2018-11-18 08:54

November 18 [Sun], 2018, 8:55

                        ___    ___
                        > `>'´ <
                 r=ー-_- 、/      x=、 \__  __,、
                 |   -:ニ, /三≧=-<三ヘ /´ィ'´  }
                  |   -:ニ/'´       ` ̄\.:'リ: . /
                  V  .://        ヽ   Y.: : .,ハ
                  .,ゝ、/ |  / j .:{{\:::.{ ヽ|  .:! .:ト\         アイキャッチ
                 /イ ,/  斗lー八.::::ヽ-┼ト ! :::::|::: ヽ ヘ
          .       / // |  ::!∠_ 厶:::::{ ⊥j厶|::::::,'::::j } '
                  ,' , ハ i :|t ー .`\| 一 /::::/ ::::|
          .         ,' l ハヾゝ    __   ∠/:::∧ハ
                      i { ゝ∨介ト ._丶ノ_ イ,/丿'/ ′
                      /∧}:}>┴┴へj/{:{_))
                    ,. ‐v‐r‐'´ヽトミyヘ   ,>、
                 ,.  -_‐ァ'´  ´j `ヽ  {├へ\/  _>、
             /   ´       {    \| ト、.: :.\  〈  _,ヽ、   ,、nfl
               /         ヘ      !: :.、: : .:\ }  _」 :!‐- _}、' ノ
           ,ィ´{ _,.     _ ‐ ´, ' ノ‐-  .._ 、: : .、: .: :\  ノ_」.__   /
 fヘ{\   _,.. -‐ ヘ. \-‐ ´  ∠/     。| \_:\: : .:/‐-'´    ̄       
 ,ゞミヽ.`¨´   _ -‐}_,> -‐ ´/ '    :,. 。l      ̄ト 、            
 ` ‐- -‐ ´          _,..  ´ /     /  。|         丶`   、─ ‐-   .._  
                ,. ´    '      ,'  。l             \       `i
                /    /       ,   。l       、         、    i|
          /      '               ト、      \        \   i|
           {       '         i     | ヽ      \        \ィノ
          \   /         |     !   、      丶        \
            ⌒ヽv′         :!     !   \         `   .._     〉
             ヾj          ,    ',     \             `  、 /
              /               ト、_,ハノヘハ> 、         ,. -‐ヘ
               〈              ',    V 、 }、_,、_}` ´ \    /j`ヽ  ノ
                  \ __           i    Vヘソ ,>ヘ,、_ノv´\,/Y´vヘハ/
               ⌒ヽ>  __,.ィ⌒j     }-ヘ'.:.:.:.:.:.\
                     `´Yゝ(´__ ,.ィ´ハノ  ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ
                         `´! ,. -‐:l´       、:.:.:.:.:.:.':,
                            !:.:.:.:.:.:i        、:.:.:.:.:.:.:,
                         !:.:.:.:.:.:i           、:.:.:.:.:'.
                           !:.:.:.:.:.:i           ,:.:.:.:.:.::,
                            !:.:.:.:.:.:i           ':.:.:.:.:.::,
                             !:.:.:.:.:.:i           ;:.:.:.:.:!
                             !:.:.:.:.:.:i         i:.:.:.:.:i
                             !:.:.:.:.:.:i        !.:.:.:.:.!
                                 !:.:.:.:.:.:!       {: .:.:.:,
                                !:.:.:.:.:.:,         、:.:./
                                  ' :.:.:.:.:.:,       `´
                               ,:.:.:.:.:'.
                                  !:.:.:.:.:!
                              j:.:.:.:.,'
                               {.:.:.:/
                              `¨´

      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__     どもども。私だ。
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>    自分が何にも縛られず、自由に我儘に
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |     やりたいことをやりたいようにやるには、
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/        自由の度合いに比例して
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│          勉強しなければならないことが多くなる。
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   _(,,)    始まるよ   (,,)_
  /  |             .|  \
/    |_________|   \



       ,_   _
     、-ー'`Y <,___       ちょっと前に事になるんですがね。
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<      ニコニコ超パーティー2018のチケットを3000円(pt)で
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i    購入したわけですよ。
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
     ゙i|゙i'(1    ,    |
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ    ______ ,-,
      │「ィ::ニE7 l     // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
      └l´::::/ヽト     //         / 
        |::::|´  ̄`i __//         /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `―-((皿ニニニニニニ)




       .  ' "´ ̄ ` : 、
      /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、   ああ、あの。お気に入りのVtuberが見たいって事で、
     /:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
.    l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|   購入したやつですね。
    |:::|::::|(●) (●)|::::::|:::::|
    ´ |::::|   、     |_:::::|:::::|
      ´ iヽ、/ヾヨ   _,.|:`:|:::::|
.        |:::/   ゙.'/  ゙1::::|:::::|    アーカイブで見たので3000ptになってしまった奴。
      |/   〉 ,ィ |:::::|:::::|   
      |{    /─:|  |::::|::|i:|    γ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
       |;〉、 /___.|  l'i,:|::||:|     l そうそれ
       /  V┴─ |__,'ヾ| ||     ヽ、____ノ
        \ | |   lrェリ }:| |


        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐、_    私は私なりに非常に楽しかったのですが、
     /  , ヘ,_/ ヽ∨ マ´
     //  // ^´  ̄ ^`ヽ丶,ゝ    ちょっと思うところがありました。
   _,//  〃  ,  ,    、ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  l | ハl ハ|`     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    小|   l/'ナ弋 |,lナナ | l |       l というと?
     l从  /| (●) i/(●),ルリ       ヽ、____ノ
    ノハ小 ji l''       丿
        /ヽ>_-,´`- '´       Vtuberさんたちの場面が思いのほか少なくて。
          γ"::::ム::`ヽ
        /::::イ:/∞ヾ.ト::}       3000円払うだけの価値があったのかと、
         〈::::イ゙"  ゙~'l::!
        !、_ノ     i_ノ       最初はそう思ってしまったのです。
          //     /ヽ、


         , : ´  ̄`゛ :: .  
       ,:::人::':::::::::::::::::::::::::\     まあ、それはしょうがないですよ。
        .::::{:;o),::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i゛´:|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l     あれはニコニコ全体のイベントであって、
      |:::::|::::::|(≡) (≡)|::::|::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `     Vtuberだけに時間を割くわけにはいかないと。
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|       γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       |:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|       l でねでね
       |:||:|::,i'l  .|.__||,、i'|       ヽ、_____ノ
       || |ッ',__|:┴─イヽ.
      | |:{ lェrl|     |ィ´           はい?
         ゝ  /|     |

             __    __
            \ ヽ/ ∠_     そのあと、各Vtuberさんたちのtwitterとかでさ、
          <⌒\ /ヘ ≧
.        -=ニ¨ 匸>=<二}、`ー 、   ニコニコ超パーティー2018の話題がでたり、
        >'"´ ̄ ̄`\ \\  >
.       /          ヽ. ヽ}i ハ   ファンたちがそれに合わせたネタもってきたり、
       /,  / /_|   \__ヽ.  ハ!  }|
      ,イ/  |:/|:∧ :|\{\ ! } i|  i|!   したんだけど、そゆのがわかるわけね。
    ノ八 .{ ---\l --- |厶ノ  八
        \| (●)  (●).ノr'}! /     それで笑えたり感動したりできるわけ。
          人''  __   '' ィT´!∨
          ` ァ┬=≦:ノj |! |  
           〈xく矢¨¨ヽ|ノL!      γ´  ̄ ̄`ヽ
          /Y ̄ ̄Y´|         l ふむ?
          ,′}  ...::::| |        ヽ、___ノ
          / ノ   ::| │
           //  .::::::::| │


         _   _,
      ___,> Y´'ー-、       さらには、視聴したおかげで、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    登場したVtuberさんを覚えられたり、
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<     裏パーティ動画でゲラゲラ笑えたり、
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′     裏パーティのメンバーを知ることができたり。
     `|   ヽ    「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
      /:.: :::::E7 l.:.::_|\       かなり幅が広がりネット生活が
     /:::::::::::::/ヽ:::::::::::::::\
     |::::::::::::::: ,― 、,―、:::::::::|     充実していくことになった。
     \  ̄ ̄ (⌒⌒)  ̄ /
        ̄ ̄\\// ̄



      __≧ー\ソ<_         3000円かけて、ものの10分程度の映像だった。
       >    x=ュ-──´─ - _     
    _≦   ,ュ彡"´           `丶  しかし、それによってtwitterなどで出てくる、
    `フ   //               \   
    /                        ヽ   全てのネタに笑うことができるようになる。
   ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '  
     / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :   知らなかった人を知ることになる。
      /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    | 
     }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|   趣味の幅が広がる。   
     jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八 
     |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/      
     八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/     動画1つを購入したつもりが、
       }: |!  八                 八 
       レ个ーf }|丶    ヽ  ア     '        「おまけ」がたくさんついてくる。
         / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、._     イ-――- 、
.        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、    
        /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!     購入したものの価値は
     /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\  
    /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ   そのものだけでは測れない   
  /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、 
.  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }  そう思えましたね。
  




                             __    /{    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                            ⌒ァ 二_ー:′└- 、  l まあ、自分の趣味の事で、
                           ,ィ彡ィ __  V ⌒ヽ.  \l 
                      ヽ. __ 才,ィ /厶-‐;`‐rチ:、 ‘,  l 赤字だ黒字だということ自体、
                        ーァ /^{/  "⌒ `ヾ}/ ハ  l
      .. -―… ‐- ..     ー=彡 ′   /     _ノハi  ', l ナンセンスなんですけどね。   
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ     / / ‐大  /rt、  l  Y ト ヽ、___________ノ
    /:::::〃::i::::i::::::::::i:::::ハ::::::::::::::.   /ィ  //-ハ / -v \j  i |/  7   
  /::::://::Ll::::|_l::_l::」::i|::::::::::::::i   { ∧ !T;:;T、 { T;::;:Ti ィトぐ i ′  そうなんだけどね。
  i:::::从「ToT   ToTi|::::::::i:::::|  ヽハ {,, ー  \ ー,,/ ィノ ノ ∧{    
  |::::::::::},, ー    ー,, |::::::/: : |   八「`  (__,   , u厶ク_夭 { ヾ   コラムにしやすかったので。
  レ1::〈     ′     i/:l:::::::|     ヽ>  _ ̄__ ..ィ7 ト>ミx
    |:::::j>  _^__ ..イ::::::l:::::::|       /L____/ ∧ `ヘ〉    `
    |:::::川  ∨/  `l:::::::l:::::::|      /:::√⌒⌒く::::ヽ




::::::::::::::::::| |<,___        ……でもまあ、あれだ。
::::::::::::::::::| |_二z<_
::::::::::::::::::| |~`'┴<        逆を言えば、この楽しさを常に味わうには、
::::::::::::::::::| |     \
::::::::::::::::::| |.  ,.l  ,  ゙i     イベントのほとんどを見に行かねばならぬということだ。
::::::::::::::::::| |T ハT7} ィ,l
::::::::::::::::::| |)  (●)|ハ|     
::::::::::::::::::| |  '   '''.ノ川      業が深いなぁ。 
::::::::::::::::::| | - _, イ lレ゛
::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽ
::::::::::::::::::L,.!、! !_/     〉
:::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、ン ソッ
::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7
::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!
::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉
::::::::::::::::::| |ヽ、  /.::\                              それではまた。




.ノ(どっとはらい)

--------------------------------------------------------------------------------
姫路鹿之助 2018年11月18日

七里香雪亭 151 「移民対策? プランBで」 2018-11-10 08:23

November 10 [Sat], 2018, 8:24

                       /´ ̄ `    _  \
                       //     イ´ ⌒ヾ―- _
                     / /´   /   , -‐-   _ ニ= 、
                    / / ィ   /  /          `ヽ
                   /イ./    /  ´     / /  / i    ヽ
                    }/    /   /    / /   /  .|   i  `
                    /        / l/ l/    ./     l  l
                        l   l/l匕 ̄ l    /  :i
                   l    l   l ィf==zx,l j  /l /l :j  /   l     アイキャッチ
                   ,    l   l 弋ツ  l/l ::/ リ l/l
                   |ハ   ∧  从      l/ ィ≠ミxリ / /  i
                     ヽ /  ハ   ヽ     '   /イ/ /  /
                     _.}  ハ  トミヽ < _ ァ   / / / /
                       /二{ハ/  ヽ  / ,>、     イ// 从ハニ\
                  /二二=/ /二`</7≦ ̄二/二二二二二}
                /二ニニ/<二ニニニ=ヽ| /二二二≧o。ニニ二二′
            __/ /二二二二二ニニニニニ〉二二二ヽ二ニニ≧o。 /
         ,ィf厂________/二二二ニ‐=≦二二/  `<二二二ニ≧o。、:≧ュ、
     ,ィi「  /二二ニニニニニヽ二二二二ニ/∬     `<二二二二ニヽ、二ニ≧o
   /  /二二二二二二ニ>〈二二ニニ/ :A     ゚ 。   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:::ヽ二二二≧ュ、
  /  ‐=≦二二二二二>'"´  ∨ニニ/  /:: \     ゚,        i::::::}ニニ/二二ニ。
. / /二ニニ ̄≧o。>'"´    /二Y=/   /::::::::::::\    :i           /::: /二/二二二,
. ! {二二二二二二ニ>==== 、/ニニニ=ヽ:  /::::::::::::::::::::::ヽ   八        :/:::::%二::l二二二
. \二二二二二二二ニニニニ/ ヽニ===入: /::::::::::::::::::::::::::: \‰      /::<二ニ/二ニニ=/
   <二二二二二二二 /   ゚ 。二二∧::::::::::::::::::::::::: : /    ̄ ̄ ̄ ̄〈二二ニLニニニ=/
                     ゚.     ,二//::≧o。::::::::::::<            }ヽ__/ヽ У∨¨ヽ__
                  ゚,    ゚。//////::ヘ ̄                /      ヽ ヽ:| :}/‐=≦
                  ヽ     {////////∧           /       .ゝ人7 \
                  / /   | i/////////∧                     /  /二二゚ 。
                    / /|:  | ///////////∧        {j      /  /二二二ニ゚。
                 (/ |:  ///////////////゚,     :ゝ      / ://=/二二二ニ゚,
                   |二ゝ<{///////////////:\――――― <ヽ〉/{//二二二二二ニ
                  {二ニニ!////////////////::{______ゝヽ:/ニ/二二二二二二二゚.
                  i二ニニ|///////////>二二二二ニニニニ=<二/二二二二二二二ニ=
                  |二ニニ!////////,ィ仁二ニニニニニニニニニ`/二二二二二二二二二
                 !ニニニ|/////:,ィ仁二二二二二二二二ニニニ/              
                      \二二|////            \二二ニニ/              /
                        \ニ//:/                \ニニニ/                //
                    ヽ/                   ヽニ/                ///
                        /                        /               ///:/
                    {                         {                  //://
                      ゚,           ___  ‐=≦  :i             //;ィ///
                         ゚。      / ̄///////////> ´ :             / 〃////
                      \//ゝ<//‐=ニ―― ¨     ヽ             //ゝ<ZZ
                         ¨¨¨¨                  ヽ77777777 ‐=≦
                                              ̄ ̄


      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__    どもども。私だ。
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>   ダイエットは体重を減らすことに主眼を置くのではなく、
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |     筋肉をいかに使い、筋肉をどう育てるかを中心に考えた方が
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/        良いと思う。
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   _(,,)    始まるよ   (,,)_
  /  |             .|  \
/    |_________|   \




         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__     ちょっと前のニュースになりますが、
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<    ベジタリアンがお肉系のお店を襲撃した話がありましたね。
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`

       .  ' "´ ̄ ` : 、
      /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、     あー。ありましたね。
     /:::::,::::::,:::::::、:::::::、uヾ:::::.
.    l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|
     |:::|:::|(●) (●)|:::::|:::::|    ああいうことされると、
    ´ |::::|   、     |_::::j:::::|
      ´i::ヽ、/ヾヨ _,.リ|:`:|::::|    ベジタリアン全体が悪く思われるから、  
        |:::/  ∧,ilヾ、:|:::::|:::| 
       |::|イ   〉/ ',:|:::::|::|    止めてほしいですよね。ホント。
      |::|   /―‐i:|:::::|::|
      |:|〉、 ,/__|i'l::::j::|
      |j'  V亠―‐L|ッ/'
       '\/  |   |ィ´
         |  |     |

              _   _,
           ___,> Y´'ー-、      そいつらの主張する通り、
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    世の中から肉食を無くしたらどうなるか。
         /        ヽ `Y′之>
         rヽ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
         i !7Tハ T寸寸 |  }ノ |  肉食にかかわるすべての人が職を失う事に
      r;r‐r/ | |(●) (●) / / ,/レ′
      〈_L (`ヽ .}`|   ヽ    「)'/|/    なるだろうから、どれほどの経済損失だろ。
     l` ( ``/ ヽ、_  ―  _,.ィT/
     ヽ   l    l 7Eニ::ィ1│        
      ヽ::::::.ヽ  . 'イ/ヽ::::`l┘       


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.     詳しくはわかりませんが、
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|:::|    それが原因で戦争になるってくらいの規模の
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `      失業が起きると思いますよ。
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|
       |:::::|:::::| ヽ. // r─┐        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       |:i|:|:::::|  ̄ ̄7~ア茶_}、        l さもありなん
       |:||:|::,i'l    /三゙一メ;}|        ヽ、_____ノ
     !| |.゙::j ト-、/┴─イ、~ /   



                     、___ ,≧`ヽ∧,ィ       逆に考えるとさ、
                    _,>   . . .  '¨ ̄\
                   ,>-<__:.:)〃    <二 _,   今は食べていないけど、
.                __,ィ' ´ ̄ ̄`` マ¨`ヽYW: . : . . . /
                -=彡' ,ィ  ,ィ    Y′}} } : : : : : : `ゝ   新しい食べ物を作って、
               イ/Aハ/‐ト、j    /||,j/|/): : :i`ゞ
                  レ●´ ●)Y / / / j}|:|: ://:弋_    それが「普通」になったら、
                 }丶     j/ノく イ| |:|  : : {`ー一
                  −     ´そイ|:|:U:.| ,イ:人     莫大な雇用が生まれると思わない?
                  \_     xケ|:!|:|ラ彳/ j/
                    卞-イY´:.〉|:!|;|,イ从        
                       ,辷_彡':.:.:.\`          
                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,:::人::':::::::::::::::::::::::::\    そうですけど、そんなに簡単に新しいものって
        .::::{:;o),::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i゛´:|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l    出てきますかね。出てきて定着しますかね?
      |:::::|::::::|(≡) (≡)|::::|::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `       l ナタデココとかすーっと消えたしねぇ
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|        ヽ、_______________ノ
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|
       |:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|     あれは成功したほうですが、一過性感がぬぐえない。
       |:||:|::,i'l  .|.__||,、i'|
       || |ッ',__|:┴─イヽ.     


                          `ー--≧   V レ´{     食べ物で新しいのを
                      _,フ'         __`ヽ.
                   _  -‐≦==、、_, -、   \`ヽ   見つけようと思いましたが、
                 、__-'´     `丶. `ヽ.、 }     `フ
                    /  ,イ ./{    Y `| |     `ヽ   どーにもそれは難しく、
                   フ   /ン/   !  ,i   l  }人{ヽ. \ヾ
                   ̄乂-‐-   ‐ト‐-|  /  リ:|  ノ ヽ._    おおよそネタにはなりそうに
                     i 代歹  弋歹l:i:.:トl.ィ.|:|   {´ ̄
                ! |    ,      l:.l:.:レ1:レ'/ ,イ人      ありませんでした。
                  i l、   _ __    l:.lil{ミィ|:|´ /ノ'
                 レ  \   , イ|;.|;;|lY.L!从         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                     `i゛  , /L!L!ゝ            l でしょうね
                         l  /i/-‐‐丶            ヽ、_____ノ
                      ,,,,r'" 7i/: : : : i
                 r'": : : :〆: : : : : :i:    そんな折、「日本が外国人労働者を
                  /::ヾ==v-─ 、: r─=-、〉
              /:::::::::\.:.:.:7  //   :l     受け入れる」とのニュースを見ました。
                 /:::::::::::::::/:.:./ 〈   .:  l
              /:::::::::::::::/ヽr'   }       !     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                /:::::::::::::::/|: : |   /   ,. '"l     l ああ。ありましたね
           ハ/7::::::::/ !: :.l.  イ   <.   !     ヽ、________ノ
          〈  〈 \/i  l: : l.  l       }
             ',.  Y:| i  レ'   i       /     あれはもう移民みたいなもんでしょ。
           i、 l:.l l       〉     i       
           l:ヽ.ノ:〉 l       !     :l
          ∧/ : i i    /l      :.l




                         イ    諸外国が移民を受け入れて、
                 , -―-、 //
                 {   {⌒/ /      治安の悪化などの大失敗をやらかしてます。
                  _ゝ、  ∨  {/⌒`ミ、___
                 f, /7 ━=三≦ミ、ヽ   、/     
               / //   /   ヽ  ヽ ',    ヽ     日本人同士でもいざこざがあると
                 /     /     }   } } ヘ   ヽ \
             / イ  //    へ   リ/  ヽ  ヽ  ヽ   いうのに異文化受け入れなんて
               ノ´/            ヽ /"    ',   \ ヽ
.              /    {      } ヽ  ヽ     |  ヽ \!  無理じゃろうって思います。
           ,'    ハ     ハ  }ヽ  ', /  }   \
           {     T7寸  / 寸7T }  }/   ,'    ヽ!
           !ハ  / {戊テ、/ 〒テア|   リ、 /| ハ }     私は移民は反対です。
             ヽ∧ハ''`´     `¨´ }. /ノ/{ jノ ヽ!
               |リ 、  '     '' |. / イ从
               r-イ > _` , イ j//   }     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              〃ヘ    |ノヽ }   ィ/  ⌒ヽ     l わかるわかる
            / ヽヽ   〈//≧≦〃  ___/     ヽ、______ノ
             j    ヽヽ   ∨///  /"⌒`‐ }
       >  /_, へ  ', ヽ  }// /ノ |    /
         <イ=ミ、  ヽ }    `冖"´  リ     '    「移民を日本人に合わせる対策」
        ////////、< {      _ /   ヽ /
       ノ///////、   > 、  {-‐ 、     /     そ ん な も ん ネ ー ヨ。
.      /////ィ7}/ > 、_,z ≧=/\  ヘ   /
      /f"´^/// >z////////////ヽ ヘ /
    / / / /へ7//////////////////ツ辷/     
  /   {_{/"   ヽ///////≧"´ ̄´           
/   /{ ノ/ ,  ノヽ//´                
>  イン ´ヽ¬イ  ̄´ /
    >           /
        >     /

                                
                     _......         
                     ,:::´:::::::::゛ ̄::::::ヽ.      風習、食文化、宗教。
                  /::::::::::::::::::::::::::::、::::::::ヽ   
                 /:::::::::::/::::::::::ヽ:::ヾ、:::::::∧    それがまるっきり違うというのが、
                  l::::::::::::i!::::::::::::::゙!:::::i:|::::::i:::::l
                   |:::i:::::::||::::::::::::::_||:_:」:|::::::|::::|     どれほど恐ろしいか。
                   |:|!::::::i| !_-_く'´ 、●.j|::::::j:::::!
                  |:|:::::::||<●ゝ   ´ |イ´|::::i| 
                 ヽト、_:i `  、    |:::|::::||   関西と関東で味付けが違うというだけで
                  ||:::::l:〉7   _   ,イ::|::::|:|
                  ||::::://7ェ、、_   . ' ||:::|::::|||   いざこざがある日本人には
                 , イ::::f!⌒トji!! `´ /j|:::|、::i|:!
                   /  !:::|'   .}|゙!   / / !:::|/゙゛`ヽ   到底受け入れることは難しいと
               /   |::::i.  / ゙! ∨ / |::::| ソ   ゙.
               /!゙!  !/゙'、. |  V /  ,:::::レ'     .  思います。
               i | ヽ |i、 r、ヽ'、 ,〉'   j:::::! _. -‐ ┤
                 | . `ト>゙ヾ.、 .∨    /!::.//    |
              |  ! iメ   ヾ ゙i  / i::/     /!  少なくとも夜中に歩けるような
                |  `/゙\_  !`ヽ./ /´   _ - ‐ i
              |- -‐゙!  `ヽ!   ``≦_ ̄    i'   治安は無くなると思いますね。
              ゙!    i.    |       ヾ、=─ '/
              ゙!    |   .|          ,'
                 |゙    !   |          /!    どうか私の家の近くには
                 |    |    人        / |
                 |       /  ヽ        |     来ませんように。
                 |     /─‐┤        ハ
               !    ム......_ ヽ       /イ
               \ /  !    ̄\      / ゙!
                /   |      `ー、_/  |
               /    |              !


                         /   ―――--    
                     { /  --―<⌒     私も近くにこないことを
             _ _  ___{_{/- 、⌒⌒
          、__  > ´ ̄   {    へ: .     \   マジ祈りしています。
          __ア⌒     /         V/\.: .  , \
        /⌒ア    ,/            .゚.。: . ′⌒
         /   \/     ./        ∨ /∧   ′   さて。
        /   j圦 /`  // /      i|  ./ }    }\
     ー=彡    , t_ソj/ / ∨/         |   /,}    |  `  この風習も食文化も宗教も
      /  /i/    | ./xミ、 /ト、         |   ,'.::   |
    _/ ィ .j| ′  j/ r' ∨|        i|   _/.    Λ   まるっきり違う外国人。
     ̄ ̄ i|/ |       乂__〉」/       /  厂_ア::.   / }
.          | ` 、    __,/     / i ./_/.::    / 丿
         、        ̄厂   , /j_,|/´:.:..     {   この外国人の風習用のアイテムや
          ≧=r--   ./ / /}厂/:.:.:.:.:.:.:|:.:.:|:.:.:',
                |   __./. イ ∧]  .:.:Ν   この外国人の食文化用のアイテムや
.          {`ニーニニニ三三三三三}  | ./i .::i|::/',:/
          {三三彡===ーミニ三三三} |/  | :/;/ '     この外国人の宗教用のアイテムなどを
        {三彡r;;/;;;;;;;;;;;;;;Vハ三ニ゚。 '  .l/ 
        .厂};;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Vハ三ニヽ        扱った商売を始めたらどうなりますかね?
       /⌒~|;;;;/};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;}.ヽ三三゚。
        / : : : };;;;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;;', ゚。三三ヽ      γ´ ̄ ̄`ヽ
.        { : : : : };;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;',  ヽ三三゚。      l なぬ?
        }: : : : };;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゚。;;;;;;;',   ゚。三三ヽ     ヽ、___ノ

            ,、 , ィ
              _> Y <_
            /\     /\    こういった外国人からの治安を守るための組織とか、
            >┴ `⌒´ ┴<
        //        \   こういった外国人から被害を受けた時の保険とか。
         〈,i  ,  l、  ,.l  ,  ゙i
        /il | 寸寸T T寸寸| } li
       ヽi,ヘゝ(●)  (●) //レ′
.          |/(ゝ   ヽ    /)'|    
            ヾi丶.,_ ―  _,ィ
               ムEニヨマ
             /:::::::/ヽ:::::ヽ


            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__   アメリカでゴールドラッシュがあったとき。
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<     金を掘ったやつよりも、
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
    (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /     金を掘るやつにグッツを売りつけた企業が    
      '、 `|   ヽ    「)'/|/ /
         \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/      一番儲かってたと言います。
        < l 7Eニ::ィ1    〉
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       <
         /    ヽ  \

              _   _,
           ___,> Y´'ー-、      日本がどうあっても移民(外国人労働者)を
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    受け入れるというならば、
         /        ヽ `Y′之>
   (⌒'Z   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< r-^)  移民相手の商売を考えて、
    ',  '(   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ /::::/
    \:::\ |ハ |(●) (●) / / ,/レ′:/   それで一発大儲けしてやるのが
     \:::\ `|   ヽ    「)'/|//::,.イ
       ヽ:::ヽヽ、_  ―  _,.ィT::::::/      一番じゃないですかね。
        ヘ:::`l 7Eニ::ィ1::|::::::/
         `ヽ:::'イ/ヽ::::'::::::/
           ` i´ ̄ `ヽ:::|
            j|      Y

          _   _,
       ___,> Y´'ー-、     そして移民に対して警戒心を抱いている日本人を
      _>z二_ ___`ー≧__
      >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    安心させる商売を考えて売りつける。
     /        ヽ `Y′之>
.    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<    こいつは大儲けできそうです。
    l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
    |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      `|   ヽ    「)'/|/        l 具体的には?
      ヽ、_ へ _,.ィT/          ヽ、______ノ
        /|| ̄ || 丶    
.      / .,_|L_,」|__,  ',         しらん。
.      |  !     i  |     
       i └ 、 , -┘ |
      ゝ-― ' ー― '
       /  ^`   ヘ
        /         \



      __≧ー\ソ<_
       >    x=ュ-──´─ - _        基本的には反対だが、
    _≦   ,ュ彡"´           `丶
    `フ   //               \    どうしても決まってしまうというならば、
    /                        ヽ
   ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '   そいつを利用して大儲けする。
     / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :
      /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    |
     }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|  反対してたことが決まって、いつまでも
     jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八
     |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/    ウジウジと文句言ってたってしょうがない。
     八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/
       }: |!  八                 八         
       レ个ーf }|丶    -―-   . '        大儲けして自分の肥やしにしよう。
         / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、._     イ-――- 、
.        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、
        /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!    それが庶民の正しい生き方だと思う。
     /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\
    /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ
  /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
.  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }



                             __    /{   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                            ⌒ァ 二_ー:′└- 、 l その商売を思いつかないまでが
                           ,ィ彡ィ __  V ⌒ヽ.   l    
                      ヽ. __ 才,ィ /厶-‐;`‐rチ:、 ‘,  l 庶民のデフォルト。
                        ーァ /^{/  "⌒ `ヾ}/ ハヽ ヽ、____________ノ
      .. -―… ‐- ..     ー=彡 ′   /     _ノハi  ', {  
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ     / / ‐大  /rt、  l  Y ト廴`_フ
    /:::::〃::i::::i::::::::::i:::::ハ::::::::::::::.   /ィ  //-ハ / -v \j  i |/  7   まあ、そうなんだけどさ。
  /::::://::Ll::::|_l::_l::」::i|::::::::::::::i   { ∧ !T;:;T、 { T;::;:Ti ィトぐ i ′ 
  i:::::从「ToT   ToTi|::::::::i:::::|  ヽハ {,, ー  \ ー,,/ ィノ ノ ∧{   
  |::::::::::},, ー    ー,, |::::::/: : |   八「`  (__,   , u厶ク_夭 { ヾ  
  レ1::〈     ′     i/:l:::::::|     ヽ>  _ ̄__ ..ィ7 ト>ミx
    |:::::j>  _^__ ..イ::::::l:::::::|       /L____/ ∧ `ヘ〉    `
    |:::::川  ∨/  `l:::::::l:::::::|      /:::√⌒⌒く::::ヽ





::::::::::::::::::| |<,___        ホントはここからVtuberと言うバーチャル世界の
::::::::::::::::::| |_二z<_
::::::::::::::::::| |~`'┴<        新しい需要について書きたかったけど、
::::::::::::::::::| |     \
::::::::::::::::::| |.  ,.l  ,  ゙i      あれって下手に経営コンサルティング企業が介入してくると
::::::::::::::::::| |T ハT7} ィ,l
::::::::::::::::::| |)  (●)|ハ|      ダメになりそうなので考えがまとまりませんでした。
::::::::::::::::::| |  '   '''.ノ川
::::::::::::::::::| | - _, イ lレ゛       投げ銭とかグッツ販売とかは全然いけるんですけどね。
::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽ
::::::::::::::::::L,.!、! !_/     〉
:::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、ン ソッ
::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7
::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!
::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉  
::::::::::::::::::| |ヽ、  /.::\                               それではまた。


.ノ(どっとはらい)

--------------------------------------------------------------------------------
姫路鹿之助 2018年11月10日

七里香雪亭 150 「脳への電気信号とVRの未来」 2018-11-03 08:45

November 03 [Sat], 2018, 8:46

                 ___,> Y´'ー-、
     ゚          _>z二_ ___`ー≧__
      ゚      x  >'´ ̄`‐-、 ̄ 7 < ≦
       ○    `ミミ       ヽ  `Y′之>
        ゚  -=彡  |  ! l  ヽ    |  ヽ }<
          ゚  //  ハ  i .lヽ、 ヽ、 ヽ  K     アイキャッチ
            /l |ノ_ヽ, |ヽl___ヽ  i  l/| ∧ハ
           ノ l ≧__ゝl l辷ッ`リ .l  /i .八ノ
             l l 弋メ `    ノノ ∧|/ル
            ノ l/ヘ 、     ,イ//V/ |レ
              ノ.  ゝ、 つ , イヽ//ノ l   \
                  > ' ./::::/  l      \
                 .x\ {:::: ヽ\l     / |
                 l ::/ ,ヘ::   j  ヽ /   >
                  l \  ヘ   ヽ   l:::::::   |
                  l  \  /  ヽ   l::::  / l
                 |  /  /:    l   l::: /   !
                 i  {  {::    }    l      i
                 !  l  l::    l  :: l     l
                  |  .l  l:,.    .,l  :::: l   /  i
                 !   l  l i    l     l  /   !
                  j   ヘ 从    l    l /   7
                 .|   j  |./   /    l/ ̄ ̄ ̄ 7
                 .|  /  ヘ  :j: { /  ヘ       /
                 .i <   l   l  /  |  ____   |
                 !/  / / /    ミニ.l   ̄lニ┘
           _,,. -‐''"´ ::::::  :|/          :::::l   l
     ____,,. -‐''"´         /・     /    ::::::i   .l
   /,. ''"´ ̄:::` - -  _::::  :::::/::∨-x  /      ::::l   l
  ,,.-''       :::::::: ~~ - __/''    :\   ─    !  l
             :::::_,,.-''        :::::\   ゝ :::::l   i
              ,. ''            :::::\     .ヘ  ヽミ
          _ -''             ::::::::::::\     \
 ヽ::::__:::::__ --/      -- ‐‐  -- - - -‐''"´__-_-- -__>
       / __ _, -''"´                     ̄
      /                             _ __
      i           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ - - ''
      ヽ:::::::     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,.''"´




      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__      どもども。私だ。
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>     「増える老人を相手にした
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |        新サービスを考えるとしたら?」
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/          だと?
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |         そりゃ 筋 ト レ だな。
   _(,,)    始まるよ   (,,)_
  /  |             .|  \
/    |_________|   \




         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_    人間の五感ってのは全身からの電気信号を、
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \    脳が受け取って感じているわけだよね。
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`


       .  ' "´ ̄ ` : 、
      /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、     ええ。まあ、そうですね。
     /:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
.    l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|     肌に何かが触れたときに、
    |:::|::::|(●) (●)|::::::|:::::|
    ´ |::::|   、     |_:::::|:::::|     それを電気信号で脳に送って感じるというか。
      ´ iヽ、_ ‐/ト、. _,.|:`:|:::::|
.        |:::::|:::7  \1::::|:::::|
      |:::::|::,〈    ヽ_::|:::::|
      |:::::|::i |∨    ゙〉::|i:|
       |;'i/:j|_.| ゝ-ニ、 ,/:|::||:|
         / |‐l  __,/イ:::| ||


            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__    目に映るもの、耳に聞こえるもの、鼻が匂うもの
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>   全身のありとあらゆる感覚が、
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< 
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))   全て電気信号なわけだ。
    (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
      '、 `|   ヽ    「)'/|/ /      γ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
         \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/   ..    l ですね
        < l 7Eニ::ィ1    〉        ヽ、____ノ
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       <
         /    ヽ  \

              _   _,
           ___,> Y´'ー-、          ……ということはだよ。
          _>z二_ ___`ー≧__  
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <      その電気信号を全て解析し、
         /        ヽ `Y′之>
   (⌒'Z   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< r-^)    電気信号を脳に送るシステムを開発すれば、
    ',  '(   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ /::::/
    \:::\ |ハ |(●) (●) / / ,/レ′:/    自分の好きなアニメのキャラが
     \:::\ `|   ヽ    「)'/|//::,.イ
       ヽ:::ヽヽ、_  ―  _,.ィT::::::/       実際に目の前に現れて、
        ヘ:::`l 7Eニ::ィ1::|::::::/
         `ヽ:::'イ/ヽ::::'::::::/          触ったりする事が可能になるってわけだ。
           ` i´ ̄ `ヽ:::|
            j|      Y

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、         エロス方面で考えても、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <      実際の快感と寸分違わぬ感覚を得れるとか。
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |      自分の性別を転換させて、
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
     `|   ヽ    「)'/|/         異性の感覚を味わえたりもするわけだ。
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       / Eニ::ィ -、 |
      /::::;/ ヽ:::/:::/'::           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     /:::/へ ヘ/::::/:::            l 事後のむなしさが酷そうですね
     /:::::\ ヾミ::::/|:::            ヽ、_____________ノ
    (;;;;/| \;;;;ノ/:::
       /    〈:::


         _   _,
      ___,> Y´'ー-、      人工知能が発達したら、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <   それこそ自分の好きな容姿と性格の異性と、
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<    いちゃこらいちゃこらすることが可能になる。
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     `|   ヽ    「)'/|/       l お。人類消滅のカウントダウンかな?
     ヽ、_  ―  _,.ィT/       ヽ、________________ノ
      /:.: :::::E7 l.:.::_|\
     /:::::::::::::/ヽ:::::::::::::::\
     |::::::::::::::: ,― 、,―、:::::::::|
     \  ̄ ̄ (⌒⌒)  ̄ /
        ̄ ̄\\// ̄


                   , - ─‐ - 、.        あ。ひょっとしたら幽霊とか
                 /:::::::::::::::::::::::::`ヽ、 
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     そういう怪奇現象は
              .,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              !:::::::::::::/!::::::::::::::::::::、::::::::::::l     なんらかの電気信号を
             l:::::::::::::i/i:::::::::::::::::::::ハ:::|::::::::!
             |l:i::::::::i/.|_::_l_:::::_|_::::|zi:|::::::::|     脳が受け取ってしまって、
              |::l::::::::|゚●ソ`   '゚●ソ!:::::::::i
                 l:::|_:i|:::|゙¨ ´     ゙ ¨´|_::li::_|     見たり触ったり聞いたり
             |:::::l:::::::!    丶    |:::::|:::!
              l::::::|::::::|\.   ‐‐   /i:::::l::l      臭ったりしてしまった、 
                l::::::l:::::::lヽ.l>、. _ .イ_l:::::i:::::l:|    
            l::::::l:::::::l   ヽ、   ,//!:::::l::::l!l      結果なのかもしれませんね。
.            l::::::l::::::::|.   ヽヽ// !::ハ::::l:|   
             l:/|:::::::::ト、   ヽ/  .l:::l l::::ト、    
           / /::::::ハ:! .ヽ  /     |:::| l:::l  i
           ,'  l::::::/ l!  ヽ. /     /l:::! !i|!  l
          ,'   |!|::l      ∨     ,' l:l l.l!   !  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.           ,'ヽ、.i::l::l| /    /     ,'  |:| !| / |   l おー。ありえるねぇ
            ,'  ヽ|:l!:/   /     ,'  i::i l/  |  . ヽ、_________ノ




             _   _,
          ___,> Y´'ー-、      そいでまあ思ったんだけど、
         _>z二_ ___`ー≧__
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    VRの世界もさ、
        /        ヽ `Y′之>
.       /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<    電気信号でいろいろ味わえる世界が来るかもね。
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ )
       |ハ | (●)  (●)/ / ,/レ′ 
         `|   ヽ    「)'/|/
         ヽ、_  ‐-  _,.ィT/
           l 7Eニ::ィ::/ /:::ー...、∩
          /     ヽレ:::::::::::::::::::| |- /}、
           /      `、;;;..-.,,_ 丿},ノ / ノ
            /        l:::/⊂ニ  '"  ニ⊃
        /        ノ′   `' ='''"´
         /         {


             、___ ,≧`ヽ∧,ィ
            _,>   . . .  '¨ ̄\   アバターの触感や臭いなどなどを設定しておけば、
.             ,>-<__:.:)〃    <二 _,
       __,ィ' ´ ̄ ̄`` マ¨`ヽYW: . : . . . /  触った側はアバターを触った感覚。
    -=彡' ,ィ  ,ィ    Y′}} } : : : : : : `ゝ
.       イ/Aハ/‐ト、j    /||,j/|/): : :i`ゞ   触られた側はそれがどこに対応するかが
       レ●´ ●)Y / / / j}|:|: ://:弋_
       }丶     j/ノく イ| |:|  : : {`ー一   自動処理されて触られた感覚を受信。   
         −     ´そイ|:|:U:.| ,イ:人
        \_     xケ|:!|:|ラ彳/ j/
           卞-イY´:.x≪ >イ从        これで男女の身体の違いを補填する。
        r'r'゚ x≪し' ⌒\
       r'川/し'⌒,イし'⌒7         人外アバターとの身体の違いを補填する。
       ///ん'゚//}  W´
     xく/|」ノ/,イし'゚  |
    レ'/_」「/ /´}}    |          美少女のアバターを触ると、
.     { / /《  |     |
      i / /  \.|   .{          美少女を触っている感覚がする。
      { /   、 |   i
      i      ヘ|   |          触られた側は対応する場所が触られた感じがする。
      |      :|   l:


        . -−― - .、 
     /          ヽ       おもいっきり可愛い美少女になって男性に抱き着いて、
.     /   _,> Y´'ー-'、             
    |  __>z二_ ___`ー≧    ふにふにの柔らかい身体と甘い匂いで
.     |  .>' ´ ̄ ̄`ー 、'7 <    
.    |./    ` 、     ゝ,.  `フ   相手を喜ばせる。 
     i      _ァ'-、_ぅ  ≦   ゝ            
     ',   レ^:≦v|/ 、、 Yニ二ヽ.´>    
.  r--'┘!、_,.フ  ,、 /-‐  ! V.        r.┐   そういうのって面白そうよね。
  _「    ><' /l └「 ̄>  ) /ハ一'ヽ二V_,ィ'-、   
 ,.ゝー-- / /´`==チ← _,.イ 〈ーヽ    i し'、 ヽ  
/:.___└<i    |し' レ'   / !   >一―一-_〈_/ /   
|'´:.:.:.:.:.:.:.`ヽ\>.、    ,. イ 〃,.へ.       -\Y    相手がノリノリならなおよし。  
|:.:.:.:.:.:./ ̄ ̄ヽ:.:.:`ー1>|>':.:.:.:.:.:.:ヽ.   >‐-、 ト !〉  
.!:.:.:.:.:.:__∠-‐ヘ:.:.:ゝ-‐.:'′:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ< \ーU'⌒`┐
. \:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:ア7「:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./! \  ̄ー--イ|
    `ヽ._:.:.:.:.:.:.:.〈:./:.:j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.イ   i!  \   /::/
     ヽ\:.:.:.:.:`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ | j   | ヽ    V:/         /{{^ヽ
      \:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:./::/| !  l  レ'个-'´ 「´        !: : ヾ  〉
        |:.:.:.:.>―<:.:.:./ |    厂  |   '.         /:ヽ: : :V:`ヽ
         `┬'/,.-――:.ヽト、レ'|    !.   '.       /:::::::::::!: : : V ∧
         X/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:|    !    '.    /:::::::::::::/ヽ: : :i!. |
         〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:!    !    ヽ./!::::::::::::::/   ヽ: ! !
         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:!     !   /  ヽ_::::/      ー'
           |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:|:.ヘ  ヽ '.ヽ      /
        |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.|:.:.:'.   '. ヽ.   /
          |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.|:.:.:.'.     '. `ー'
.        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,.:.:-一':.//:`ー-!     i
        |:.:.,.:-‐:.:.:.:.:.:..:.:.:.:j//:::::::/´:.:|_,. -- !      
        <::::|:.:.:.:.:.:.:.:./:/:./:::::::/:.:.:.:.:|i::::::::::::!
         `|:.:.:.:.:.:/:/:.:.:./|::::://:.:.:.:.:|:|::::::::::::! 
          |:.:.:.:.:.:./:!:.:.:.:./ |:::/:/:.:.:.:.:.:|:|!:::::::::::!
            |:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:/ |/:./:.:.:.:.:.:.:|:.|V:::::::::i      
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:./  /:./:.:.:.:.:.:.:.:.|:| V:::::::::!
.        /:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:/   V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:| レ'´: : ヽ
.        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:.:.:/    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:| |: : : :,= 、
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:/      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:| !: : 〃  i!
.      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:/     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:| /: VLz┬'
.      /,.:.:.:..:.:/:.,':./      |:.:.:.:.:.:.:.:.:!:|/: :/   /
.     //:/:.:.:/:./       |//:.:.:.:.:/:.!: /  /
     |/:.:./:.:.:.:.:/:./        //:.:.:.:.:.:.:!:.|_{__ /






                             __    /{    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ 
                            ⌒ァ 二_ー:′└- 、  l 美少女同士のレズ行為が
                           ,ィ彡ィ __  V ⌒ヽ.   l  
                      ヽ. __ 才,ィ /厶-‐;`‐rチ:、 ‘, l 実際はオッサン同士のホモか 
                        ーァ /^{/  "⌒ `ヾ}/ ハ  ヽ、____________ノ
      .. -―… ‐- ..     ー=彡 ′   /     _ノハi  ',   
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ     / / ‐大  /rt、  l  Y ト廴`_  考えてはダメヨ。
    /:::::〃::i::::i::::::::::i:::::ハ::::::::::::::.   /ィ  //-ハ / -v \j  i |/  7  
  /::::://::Ll::::|_l::_l::」::i|::::::::::::::i   { ∧ !T;:;T、 { T;::;:Ti ィトぐ i ′ 
  i:::::从「ToT   ToTi|::::::::i:::::|  ヽハ {,, ー  \ ー,,/ ィノ ノ ∧{   
  |::::::::::},, ー    ー,, |::::::/: : |   八「`  (__,   , u厶ク_夭 { ヾ  
  レ1::〈     ′     i/:l:::::::|     ヽ>  _ ̄__ ..ィ7 ト>ミx
    |:::::j>  _^__ ..イ::::::l:::::::|       /L____/ ∧ `ヘ〉    `
    |:::::川  ∨/  `l:::::::l:::::::|      /:::√⌒⌒く::::ヽ



      __≧ー\ソ<_
       >    x=ュ-──´─ - _
    _≦   ,ュ彡"´           `丶    全ての感覚が脳への電気信号ならば、
    `フ   //               \
    /                        ヽ   電気信号を脳へ送る技術を発展させ、
   ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '
     / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :  エロスを完全に満足できる状況をつくれば、
      /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    |
     }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|  犯罪はぐっと減るだろう。
     jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八  
     |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/    
     八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/     その技術を発展させ、
       }: |!  八                 八
       レ个ーf }|丶      _    . '        VR世界を構築すれば、     
         / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、.._´    イ-――- 、
.        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、    人類は新たなステージに
        /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!    
     /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\    登るかもしれない。
    /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ
  /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
.  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }





::::::::::::::::::| |<,___
::::::::::::::::::| |_二z<_      でもまあ、これ、実際にやるとしたら、
::::::::::::::::::| |~`'┴<
::::::::::::::::::| |     \     脳へのすんごい負担がかかって後遺症とか抱えそうよね。
::::::::::::::::::| |.  ,.l  ,  ゙i
::::::::::::::::::| |T ハT7} ィ,l    どこぞの団体とかも抗議してきそう。
::::::::::::::::::| |)  (●)|ハ|
::::::::::::::::::| |  '   '''.ノ川    
::::::::::::::::::| | - _, イ lレ゛
::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽ
::::::::::::::::::L,.!、! !_/     〉
:::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、ン ソッ
::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7
::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!
::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉
::::::::::::::::::| |ヽ、  /.::\                              それではまた。


.ノ(どっとはらい)

--------------------------------------------------------------------------------
姫路鹿之助 2018年11月03日

七里香雪亭 149 「意地の張りどころ」 2018-10-27 10:25

October 27 [Sat], 2018, 10:26

                /´ ̄ `    _  \
                //     イ´ ⌒ヾ―- __
              / /´   /   , -‐-   _ ニ= 、
             / / ィ   /  /          `ヽ      ☆
            /イ./    /  ´     / /  / i    ヽ  /
             }/    /   /    / /   /  .|   i  `
.          /        / l/ l/    ./     l  l
                 l   l/l匕 ̄ l    /  :i
            l    l   l ィf==zx,l j  /l /l :j  /   l       アイキャッチ
            ,    l   l 弋ツ  l/l ::/ リ l/l
            |ハ   ∧  从      l/ ィ≠ミxリ / /  i
              ヽ /  ハ   ヽ     '   /イ/ /  /
.              ヘ .ハ__.トミヽ__< _ ァ   / / / /_
.             ‐=ニ::::::::::::::::::::/マ    イ// 从ハ.:.:.:.:.:≧ュ、
        _二ゝ:::::::::::::::::::::::/   { ¨γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.二ニ=‐‐ ̄
       /::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::{   i \}:.:.:.:.:.:>  ̄
    ‐=:::::::::::::::::::::::::::::::::}::::\ {{    __/:.> ‐=、
x≦::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::ヽヽ__///:::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::{ ヽゝ:::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / | | \::::::}::::::::/
:::::::::::::::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィi ̄   ¨    ヽ、:::::/
‐=≦|::{::::ニ=‐::::::::::::::::,ィ´ ̄:l!     .:     ヾ ヽ{
:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/   |!      ',     ヾ、 ゚。
::::::: /::::::::::::::::::::::/   /::\     }:      ヾ、
::::::/:::::::::::::::::::∠ {   ,イ::::::::::::::ヽ    :     ノ::::ヽ}
:::/:::::::::::: / |  "''、::::::::::::::::::::::::::ヽ  ノ    /::::::::::::i
:::::::::::::/:.:.:./  ヽ゚,::::::::::::::::::::::::: 〉イ____, イ::::::::::::::::/
:::::::/:.:.:.:.:/       ゝ::::::::::::::::::// l!ヽ:::::::::::::::::::::::/
:/:.:.:.:.:.,ノ            ̄ ̄ 〈/ {{7 7ー-- ‐ ´



      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__     どもども。私だ。
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>     好きになるきっかけと
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |       好きを続けられる理由は別なんだよね。
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   _(,,)    始まるよ   (,,)_
  /  |             .|  \
/    |_________|   \


         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_    人間生きていれば失敗することも良くあると思う。
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \   
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`


       .  ' "´ ̄ ` : 、
      /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、     失敗だらけのアナタが言うと、
     /:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
.    l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|     なにかの言い訳っぽいですね。
    |:::|::::|(●) (●)|::::::|:::::|
    ´ |::::|   、     |_:::::|:::::|    γ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
      ´ iヽ、_ ‐-  _,.|:`:|:::::|     l こらこら
.        |:::::|:::7 l/'  ゙1::::|:::::|     ヽ、____ノ
      |:::::|::イ./  ,ィ |:::::|:::::|
      |:::::|::i┴─:|  |::::|::|i:|
       |;'i/:j|___|  l'i,:|::||:|
         / |┴─ |__,'ヾ| ||


            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__    失敗した際、その場でそれを
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>   「損」であると決めつけるのは
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))   早すぎると思う。
    (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
      '、 `|   ヽ    「)'/|/ /     γ´ ̄`ヽ
         \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/    .  l ほう 
        < l 7Eニ::ィ1    〉       ヽ、__ノ
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       <
         /    ヽ  \


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\    損をしたから失敗であって、
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l    損してないなら失敗じゃないんじゃないですか?
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `
      |:::::|:´:|、_  /ヤ:.ノ:::i `     γ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
      |:::::|:::::{´,/ .∧:|:::::|      l んーとね
       |:::::|:::::|イ    ,/:|:::::|      ヽ、____ノ
       |:i|:|:::::|    /l'i:|:::::|
       |:||:|::,i'l、_,. ィ" j__||,、i'|
       || |ッ'゙\   /‐イヽ.
      | |:::||  `iー   |ィ´

              _   _,
           ___,> Y´'ー-、      例えば仕事で自分のミスで   
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <     会社が大損こいたり、
         /        ヽ `Y′之>
   (⌒'Z   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< r-^)   それで会社内での自分の立場が
    ',  '(   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ /::::/
    \:::\ |ハ |(●) (●) / / ,/レ′:/    微妙なものになったとするじゃない?
     \:::\ `|   ヽ    「)'/|//::,.イ
       ヽ:::ヽヽ、_  ―  _,.ィT::::::/    
        ヘ:::`l 7Eニ::ィ1::|::::::/
         `ヽ:::'イ/ヽ::::'::::::/
           ` i´ ̄ `ヽ:::|
            j|      Y

          _   _,
       ___,> Y´'ー-、      
      _>z二_ ___`ー≧__   この時の経験が元となって、
      >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
     /        ヽ `Y′之>    すごい仕事ができる人間になったとしたら、
.    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
    l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |      それはお得じゃない?
    |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′
      `|   ヽ    「)'/|/
      ヽ、_ へ _,.ィT/            γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        /|| ̄ || 丶             l そうはいいますけどねぇ
.      / .,_|L_,」|__,  ',            ヽ、__________ノ
.      |  !     i  |
       i └ 、 , -┘ |
      ゝ-― ' ー― '
       /  ^`   ヘ
        /         \

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__   失敗した時に、この失敗をきっかけに、
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>  「あの人は失敗したらこういう行動をとるんだ」
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    と、周りに見せつける計算をするんです。
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
     `|   ヽ    「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/       いつでもどこでも打算的。それでいいと思う。
       / Eニ::ィ -、 |
      /::::;/ ヽ:::/:::/'::  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     /:::/へ ヘ/::::/:::   l 誠実な俺、かっこいいだろぅ? って態度はムカつきますけどね
     /:::::\ ヾミ::::/|:::    ヽ、__________________________ノ
    (;;;;/| \;;;;ノ/:::
       /    〈:::      演技はバレちゃダメダヨ。




      __≧ー\ソ<_
       >    x=ュ-──´─ - _      何かの作品で出た言葉なんですけどね、
    _≦   ,ュ彡"´           `丶
    `フ   //               \    「意地の張りどころを間違えるな」
    /                        ヽ
   ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '    って言葉があります。
     / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :
      /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    |
     }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|   
     jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八   何か事象があった際、
     |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/
     八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/      その事象を1つ1つ反芻して、
       }: |!  八                 八
       レ个ーf }|丶      _    . '        「これは自分が意地を張るところか?」
         / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、.._´    イ-――- 、
.        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、   と、考えるのです。
        /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!
     /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\
    /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ
  /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
.  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }


             _   _,
          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__    誰かと喧嘩した際、
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>   よくよく考えてみたらクダラナイ事だったら、
.       /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ )     意地を張る必要はありませんし、
       |ハ | (●)  (●)/ / ,/レ′
         `|   ヽ    「)'/|/       
         ヽ、_  ‐-  _,.ィT/          ここで意地を張らないと、
           l 7Eニ::ィ::/ /:::ー...、∩
          /     ヽレ:::::::::::::::::::| |- /}、   お互いの為にならないと思ったら、
           /      `、;;;..-.,,_ 丿},ノ / ノ
            /        l:::/⊂ニ  '"  ニ⊃   意地を張る必要があります。
        /        ノ′   `' ='''"´
         /         {



              _   _,
           ___,> Y´'ー-、      何かで失敗した。
          _>z二_ ___`ー≧__ 
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    その失敗で周りに迷惑をかけた。
         /        ヽ `Y′之>
         rヽ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
         i !7Tハ T寸寸 |  }ノ |    「自分は悪くねえ」と意地を張ったり、
      r;r‐r/ | |(●) (●) / / ,/レ′
      〈_L (`ヽ .}`|   ヽ    「)'/|/      「自分が悪かったから周りから同情をもらえるまで
     l` ( ``/ ヽ、_  ―  _,.ィT/
     ヽ   l    l 7Eニ::ィ1│        ペコペコしましゅーー」って意地を張ったり。
      ヽ::::::.ヽ  . 'イ/ヽ::::`l┘

      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__   そういう意地はだいたい損になる。
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>   もっと打算的に考えよう。
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<    
   l ,ィT7T寸寸l |i  | |  }ノ |
   |ハ ( ●)   / /   ,/レ′     失敗へのリカバリーに意地を張ったりするのも
     <      「)'   /|/          
     ヽ、‐   ノ ,_,.ィT/         いいかもね。まぁリカバリーもいろいろあるけど。
       Eニ::ィ1リハ:ソ
      ィ':::::::::::::::::`.:           
      |::||::::::::::::::: || 

             __    __
             \ ヽ/ ∠_     「風俗店で外れを引いたとき、
              <⌒\ /ヘ
         -=ニ¨ 匸>=<二\      当たりが来るまで引き続ける意地を張るより、
              >'"´ ̄ ̄`\ ー≧__
          /            ̄ 7 <  もうお金は使わないと意地を張るほうがいい」
        /,  / /_|   \__ヽ `Y′之>
.        イ/  |:/|:∧ :|\{\ ! } ヽ }<  と、とある人がいうてまして。
        ノ八 .{ ---\l --- ||  }ノ |
.         \| (三)  (三).ノr'/     変な例えですが「意地の張替え」は良いと思います。
.           人''  __   u ィT´
           ` ァ┬=≦:ノj ∨
               〈xく矢¨¨ヽ|__八



                   、___ ,≧`ヽ∧,ィ
                  _,>   . . .  '¨ ̄\   特に「お金」関係の意地は、
                 ,>-<__:.:)〃    <二 _,
     .         __,ィ' ´ ̄ ̄`` マ¨`ヽYW: . : . . . /   どこに意地を張るかで大違い。
              -=彡' ,ィ  ,ィ    Y′}} } : : : : : : `ゝ
            イ/ん|/マト、    /||,j/|/): : :i`ゞ 
                レ●) (● )Y / / / j}|:|: ://:弋_   お金が係わる時は、自分の姿を見て、
             ノヽ      j/ノく イ| |:|  : : {`ー一
             '、ヘ       ´そイ|:|:U:.| ,イ:人     「ここは意地を張るところか?」
               ヽ __ ,.´ ∨xケ|:!|:|ラ彳/ j/
                    ト-イY´:.〉|:!|;|,イ从         と、常に自問自答しながら、
                   ,辷_彡':.:.:.\`
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\           行動した方がいい。
              f'.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
             |:.:〃ム入:.:.:.:.:.、!:.:.:.:.:.!
             |:.:.j/: : : : ∨:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
             |:.:八 :人:_:.:\.:.:| :.:.:.:.|
             |.:.:.:.:ト=:-: : : : ヽ| :.:.:.:.|
             |:.:.:.:.|ヘ: : : : : : : | :.:.:.:.|




        _   _,
     ___,> Y´'ー-、        また、仕事のような大きな話じゃなくてさ。
    _>z二_ ___`ー≧__
    >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
   /        ヽ `Y′之>    日常にも失敗はいっぱいあると思うんだ。
  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
  l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |     そういう失敗はメモとか記録しておいて、
  |ハ .ハ( ●) (●) / / ,/レ′
  '/(|.ハ    ヽ     「)'/|/       後々に役に立てば失敗ではなくなるんだよね。
.      ヽ、  ― _,.ィT/
        r-l   l= 、i
     r‐'  `ヽ、 l つ          やっちまった時に意地の張りどころを考えて、
     'v――-、¨ r'' ヽ         
    /     l l i .l          そして、いつかこれは役に立つと思って、
    i   /   .! l ヽ
    /   i      l /          そうなるよう、準備した方がいい。




                             __    /{     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                            ⌒ァ 二_ー:′└- 、    l アナタが失敗する度に、
                           ,ィ彡ィ __  V ⌒ヽ.  \  l  
                      ヽ. __ 才,ィ /厶-‐;`‐rチ:、 ‘, ト l 「これは○○だったから、
                        ーァ /^{/  "⌒ `ヾ}/ ハ ヽ l  
      .. -―… ‐- ..     ー=彡 ′   /     _ノハi  ', { l  後で役に立つんだ!」  
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ     / / ‐大  /rt、  l  Y ト廴 l
    /:::::〃::i::::i::::::::::i:::::ハ::::::::::::::.   /ィ  //-ハ / -v \j  i |/  7 l って言い訳する姿は   
  /::::://::Ll::::|_l::_l::」::i|::::::::::::::i   { ∧ !T;:;T、 { T;::;:Ti ィトぐ i .. l  
  i:::::从「ToT   ToTi|::::::::i:::::|  ヽハ {,, ー  \ ー,,/ ィノ ノ ∧{  l あまりにも悲惨で……。
  |::::::::::},, ー    ー,, |::::::/: : |   八「`  (__,   , u厶ク_夭 { ヾ ヽ、_________ノ   
  レ1::〈     ′     i/:l:::::::|     ヽ>  _ ̄__ ..ィ7 ト>ミx
    |:::::j>  _^__ ..イ::::::l:::::::|       /L____/ ∧ `ヘ〉       うっさいやい。
    |:::::川  ∨/  `l:::::::l:::::::|      /:::√⌒⌒く::::ヽ





::::::::::::::::::| |<,___  
::::::::::::::::::| |_二z<_      私の場合、なにか失敗をしたら何かを始めてみる事が多いです。
::::::::::::::::::| |~`'┴<
::::::::::::::::::| |     \     それが楽しくなったり役に立てば失敗したけど損では無かったと
::::::::::::::::::| |.  ,.l  ,  ゙i
::::::::::::::::::| |T ハT7} ィ,l     なりますからね。
::::::::::::::::::| |)  (●)|ハ|
::::::::::::::::::| |  '   '''.ノ川     
::::::::::::::::::| | - _, イ lレ゛      最近、ちょっとした失敗したんですが、
::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽ
::::::::::::::::::L,.!、! !_/     〉     久々に絵描きでも再開しようかな。
:::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、ン ソッ
::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7       ペンタブ買いなおしたりする必要があるけど。
::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!
::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉
::::::::::::::::::| |ヽ、  /.::\                                 それではまた。




.ノ(どっとはらい)

--------------------------------------------------------------------------------
姫路鹿之助 2018年10月27日

うりゃうりゃ録 84 2018-10-20 13:34

October 20 [Sat], 2018, 13:56

      __≧ー\ソ<_          自分が一生懸命働いて稼いだお金で、
       >    x=ュ-──´─ - _
    _≦   ,ュ彡"´           `丶   気に入ってる人に美味しいものを食べさせる事に
    `フ   //               \
    /                        ヽ   ほんのりと幸せを感じるんだ。  
   ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '
     / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :   
      /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    |
     }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|
     jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八
     |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/   ああ、自分の頑張りで、
     八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/
       }: |!  八                 八    あのコが美味しい美味しいって笑顔になる。
       レ个ーf }|丶    ヽ  ア     '
         / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、._     イ-――- 、
.        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、     どうだい?
        /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!
     /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\   幸せじゃないかい?
    /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ
  /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
.  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }




                    -─……─―-- ..、
                  ´.:::::-―.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       ……。
             /.:::::/.:::::::::::::::::::::::::.\::::::::::::::::::::::::::.
         .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::.     なるほど。
.        /.::::::::::::/.::::/.:::::::::::::::::::i::::::::::::::::. ::::::::::::::::::::::
       /.::::::::::::/.::::::| ::::::::::::::::::: |::::l::::::::::::i::::::::::::::::::::::   
        ,′:::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::::: |:: | ::: |::::|::::::::::i:::::::::::     それがVTuberや
.      :::::::::::::::: | :|:::::|:::::::::::::::::::::::l:: | ::: |::::|::::::::::|:::::::::::    
       |:::::::::::::::: | :|:::::| :::::::::::::::::::-|:::|─:|ハ::::::::::::|:::::::::::     ソシャゲや風俗などに
       |::::::::: i:::: |-l─|!‐ :::::::::::::::: |::」L:⊥:|:::::::::::|:::::::::::
       |:::::/:::|:::: |八__jL.::: -─‐‐ 孑云气|:::::::::::|:::::::::::      貢いだ言い訳ですか。
       |::::::::: |:::: |r孑う庁ト     弋●ノ |:::::::::::|:::::::::::
       |::::::::: l::::小 弋●ノ         |:::::::::::|:::::::::::
       |::: !:::::|::::::ト、     、        |:::::::::::|:::::::::::    
      ∨|/|::::::iヽ:.             |:::::::::::|:::::::::::
            |::::::::::人       __ _      ′::::::::|:::::::::::     あなたのお金ですから、     
            |::::::::::V介::....        / i:::::::::::|:::::::::::
            |::::::::::::::i:::::::::::>‐r-<ヘ.   l:::::::::::ト、:::::::     やいやい言いませんが、 
            |:: |:::::::::|::::::::〈\_,|/  ,、\.l:::::::::::| ヽ
            |:八::::::::ヽ;;__>r"´  ̄ ̄ ̄} :::::::: |        自分の月給の額を
.         / ̄ \:::::::\\|.  ` ー─〈|:::::::::::|
.       ∧      \::::::::ヽ|    、___,ノ|:::::::::::|        もうちょっと考慮に入れなさいね?
.       {        \::::: |       .}|:::::::::::|
            丶       \:|    /し′:::::::::::|
.       |    \        |    }   .|:::::::::::|        アカジ ツヅキ ジャナイカ
.       |     \    リ     /    |:::::::::::|

七里香雪亭 148 「バーチャルユーチューバーにやってほしいこと」 2018-10-14 10:49

October 14 [Sun], 2018, 10:50

                . ´ ̄ __  レ'  二ニ=-
              イ    /  ヽ /\  \
            / .:'   /     ハ! /\`    ト __,
.             /  .イ       トヘ==≧──‐く ̄
          〃  '      l |/‐‐   . -< ̄__ ヽr‐、  ,‐‐、
          /  /   / l ∧l    /  __ .,´ `i/ Vヾ二´ /`‐-‐イ\
.         /  /   , / 〃    '  ,ィ´ ∨_ j    {   l    /  人
       -彳 /  イ  /l.イl   /     フ、/  /       i   ノ   |/
.        i l ′l !  / 介1  /   / ./ /   ,  -‐‐ -、   `ヽ |
         | {   |  / !        7/ /  , ィ ´       /   ヽ.!
       -彳 /  イ  /l.イl  {      / /  /     ,,,,, -‐ /    ',
        i l ′l !  / 介1 {  ‖ /_ -―'''' _, 7   /      ',  アイキャッチ
         |∧ :l ! i レハリ, ヽ{  l ` |/.:∧    -=彡イ/ /}       |
          レ|∧リ _,イ i / {   |   l  ハ '乍芹ミX / ∠z7    /}  |
             レハリl  i/  ∧   l   | :Yイハ Vノ   // ,イリヾ.:| / ,' /
             |∧', |  .  ∧ |   l   レレハ`¨   /  {-' / リ!/'/
              -彳/ イ/l.イl∧i l i l',|:Yイ ハ       ∨厶イ
               レハリ l∧l i 〉 | ! l l レ ハ 、 __   イ  .|
                  l∧/ l i / ,´! ト、| l l  Y ハ   , '.i ! | リ
                   ´   レリ/ `  、}.|.l ハ ヽ ハイ   !/ 八
                    /     l/∨\i :Yイiハ  l/\j
                     〉、         :|ヽ
                    ,':::::`ヽ、       :|ヾヽ
                      i::::::::, -‐==、-- 、 :|ハ_ゝ
                        !:::::/      \ ヽ!乂ミ=ー、
                    _.   l::::/        `、:::::::ヽ `ヽ::\       -、
               / \ |::/         ! `、::::: ヽ _ >  ヘ.ィ/ /
       ,、        |    l/        !   |  }::::::::::´::::::|    }/ /7 ヽ
      /.   `ヽ、.   !    /           !.  } ,' ::::::::::::::::::i    | {.イ/ /
  .    {::::..     ヽ   l  /            ! / /:::::::::::::::::::::l.    l  ∨/ `ヽ
      ',:::::..      `ヽ、/             !/ /:::::::::::::::::::::::ト、   {   〈__/ /!
       ',::::::..        /               ! /::::::::::::::::::::::::! \ 乂   ー'/
         ',:::::::::...      ∨              !:::::::::::::::::::::::::,' ./. , '    /
          ',::::::::::::::、..    ∨          !:::::::::::::::::::::::',/,  , '   /
  .       ',::::::::::::::`ヽ、....  \____ __」::::::::::::::::::::::::',  V     ./
        ',:::::::::::::::::::::::::::.  /    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',/    /
        〈::::::      ....../    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',    /




      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__     どーもども。私だ。
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>    VTuberのゲーム実況は、ゲーム画面じゃなくて、
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< 
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |      VTuberの顔に注目すると、
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/         可愛い子と一緒にゲームやってる気分になるぞ!
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│         
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |     
   _(,,)    始まるよ   (,,)_
  /  |             .|  \
/    |_________|   \








        ゞ_{ー- 、∧ノ{
       r _ ゞ ≦    ̄ ヽ
        |/r ′ − > -―  ̄`ーー     ふーむ。いいねぇ。VTuber。
      / / .|/  /    ヽ     ヽ
      ム./  /  /   i ヽ  i iヽ     新しい世界が広がった気分だよ。
.        / /lムl   |⌒i八 \jヽ  i i      __________
      ノ川|l .|   /7:::::T \}r:::‐rV| |     /〉------------------ヘ 晩酌相手にピッタリだ。
     ノ リノ川   | .、::::ノ   、::ノ リi |.    //  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
.        } 人Y|  .i         ( |   //                   /
      ノ   iト|  .|、         ノ |.  //                  /
           八  V> ,__.. イ .jノ  //                  /
          /\乙 ニE7::\厶イ  //                   /
            /:::::::`⌒>‐く::::::::j>r- 、//                   /
        ../:::: ̄`7‐ヘ._)))>ヘ人ノ/〈_________________ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


       .  ' "´ ̄ ` : 、
      /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、   最近はそればっかりですね。
     /:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
.    l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|   お気に入りの子とかいるんですか?
    |:::|::::|(●) (●)|::::::|:::::|
    ´ |::::|   、     |_:::::|:::::|
      ´ iヽ、_ ‐-  _,.|:`:|:::::|
.        |:::::|:::7 l/'  ゙1::::|:::::|
      |:::::|::イ./  ,ィ |:::::|:::::|
      |:::::|::i┴─:|  |::::|::|i:|
       |;'i/:j|___|  l'i,:|::||:|
         / |┴─ |__,'ヾ| ||


            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__   お気に入りを言い出したらキリがないので、
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>   ここはひとつ、
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))   私が見たい物を語ろうじゃないか。
    (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
      '、 `|   ヽ    「)'/|/ /      γ´ ̄`ヽ
         \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/       l えっ
        < l 7Eニ::ィ1    〉        ヽ、__ノ
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       <
         /    ヽ  \

              _   _,
           ___,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    
         /        ヽ `Y′之>
   (⌒'Z   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< r-^)  団体でやることが前提になるが、
    ',  '(   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ /::::/
    \:::\ |ハ |(●) (●) / / ,/レ′:/   「昭和のTVが見たい」
     \:::\ `|   ヽ    「)'/|//::,.イ
       ヽ:::ヽヽ、_  ―  _,.ィT::::::/
        ヘ:::`l 7Eニ::ィ1::|::::::/
         `ヽ:::'イ/ヽ::::'::::::/
           ` i´ ̄ `ヽ:::|
            j|      Y


 ____. : "´  ̄ ` : 、______
 | __ .,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、____  |    昭和のTV?
 | |:::::::://:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.:::::::::::| |
 | |:::::: l,f:::i|_:::::|:::::::||:::::_|i::::i::|::::::::::| |     γ´ ̄`ヽ
 | |::::::|:|:::::|(●)  (●)|::::::|:|::::::::::| |      l そう。
 | |::::::|:|::::_|    、   |_::::|::|:::::::::| |      ヽ、__ノ
 | |::::::|:|:´:|゙:、_ ‐‐ _,.ィ|:`::|::|:::::::::| |
 | |::::::|:|::::|:::::/ ヽ//ヽ:::1, - 、:::::::::| |     ……ん? どゆこと?
 |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄しi .l ll ̄   .|
 | ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄川リ ̄| ̄|
 |_|                    |_|


          _   _,
       ___,> Y´'ー-、
      _>z二_ ___`ー≧__   そのまんまの意味さ。
      >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
     /        ヽ `Y′之>  クイズダービーとか、そゆのを、
.    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
    l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    VTuberでやってほしい。
    |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′
      `|   ヽ    「)'/|/
      ヽ、_ へ _,.ィT/
        /|| ̄ || 丶
.      / .,_|L_,」|__,  ',
.      |  !     i  |
       i └ 、 , -┘ |
      ゝ-― ' ー― '
       /  ^`   ヘ
        /         \


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,:::人::':::::::::::::::::::::::::\
        .::::{:;o),::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.     ……。
       .|:::::i゛´:|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(≡) (≡)|::::|::|    ただでさえ「TVの真似事をしてるだけ」って
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `     言われているのに、いいんですか?
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|      
       |:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|
       |:||:|::,i'l  .|.__||,、i'|
       || |ッ',__|:┴─イヽ.
      | |:{ lェrl|     |ィ´
         ゝ  /|     |
          |V |    |


      __≧ー\ソ<_
       >    x=ュ-──´─ - _
    _≦   ,ュ彡"´           `丶       TVの真似事で何が悪い。
    `フ   //               \
    /                        ヽ    視聴者が求めているものを出したら、
   ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '
     / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :   TVの真似事でしたっていうだけやろ。
      /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    |
     }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|
     jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八   視聴者が求めるならば、
     |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/
     八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/      ガンガンやったれ。
       }: |!  八                 八
       レ个ーf }|丶      _    . '        
         / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、.._´    イ-――- 、    それがエンターティナーってやつだ。
.        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、
        /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!
     /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\
    /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ
  /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
.  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }



                             __    /{      
                            ⌒ァ 二_ー:′└- 、   ……。あ。
                           ,ィ彡ィ __  V ⌒ヽ.  \  
                      ヽ. __ 才,ィ /厶-‐;`‐rチ:、 ‘,  番組構成に著作権とかあったら、
                        ーァ /^{/  "⌒ `ヾ}/ ハ ヽ
      .. -―… ‐- ..     ー=彡 ′   /     _ノハi  ', {  いろいろ改造しなきゃかな?
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ     / / ‐大  /rt、  l  Y ト廴
    /:::::〃::i::::i::::::::::i:::::ハ::::::::::::::.   /ィ  //-ハ / -v \j  i |/  7   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ 
  /::::://::Ll::::|_l::_l::」::i|::::::::::::::i   { ∧ !T;:;T、 { T;::;:Ti ィトぐ i ′   l どうなんでしょうね? 
  i:::::从「ToT   ToTi|::::::::i:::::|  ヽハ {,, ー  \ ー,,/ ィノ ノ ∧{    l 
  |::::::::::},, ー    ー,, |::::::/: : |   八「`  (__,   , u厶ク_夭 { ヾ    l そのへん?
  レ1::〈     ′  u  i/:l:::::::|     ヽ>  _ ̄__ ..ィ7 ト>ミx      ヽ、________ノ
    |:::::j>  _^__ ..イ::::::l:::::::|       /L____/ ∧ `ヘ〉   
    |:::::川  ∨/  `l:::::::l:::::::|      /:::√⌒⌒く::::ヽ      まあ、それはオイトイテ



             _   _,
          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__    さっきも言ったけど、
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>   クイズダービーとかクイズ番組はもちろん、
.       /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    風雲たけし城とかもいいね。
       |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′
         `|  ヽ     「)'/|/       難関はゲームでやるとして。
         ヽ、_ ― _,.ィT/
.            /|| ̄ || 丶        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            / .,_|L_,」|__,  ',        l TVゲームの風雲たけし城?
            |  !     i  |        ヽ、____________ノ
            i  l     |  l
           l  l      |  l       あ、いや、普通のビデオゲーム。
           l  l  ,,.  l  l
          ∧_j  ,,,,_,,  l_.丿      番組用に新しく作ってもいいけど。
         /            \

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__    クイズとゲームをかけあわせるならば、
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>    東京フレンドパークなんかも、
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |     できそうね。
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
     `|   ヽ    「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/        昭和じゃないけど、おもしろそう。
       / Eニ::ィ -、 |
      /::::;/ ヽ:::/:::/'::
     /:::/へ ヘ/::::/:::
     /:::::\ ヾミ::::/|:::
    (;;;;/| \;;;;ノ/:::
       /    〈:::


        _   _,
     ___,> Y´'ー-、
    _>z二_ ___`ー≧__
    >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    8時だよ全員集合なんかも、できないかなあ。
   /        ヽ `Y′之>
  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<    身体の動きが難しそうだけども。
  l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
  |ハ .ハ( ●) (●) / / ,/レ′
  '/(|.ハ    ヽ     「)'/|/
.      ヽ、  ― _,.ィT/
        r-l   l= 、i
     r‐'  `ヽ、 l つ
     'v――-、¨ r'' ヽ
    /     l l i .l
    i   /   .! l ヽ
    /   i      l /

                          `ー--≧   V レ´{     ガッツリ人数が取れるならば、
                      _,フ'         __`ヽ.
                   _  -‐≦==、、_, -、   \`ヽ   野球なんてどうだろうか。
                 、__-'´     `丶. `ヽ.、 }     `フ
                    /  ,イ ./{    Y `| |     `ヽ   25人vs25人の本格野球。
                   フ   /ン/   !  ,i   l  }人{ヽ. \ヾ
                   ̄乂-‐-   ‐ト‐-|  /  リ:|  ノ ヽ._
                     i 代歹  弋歹l:i:.:トl.ィ.|:|   {´ ̄   事務所ごとにチームを分けて、
                ! |    ,      l:.l:.:レ1:レ'/ ,イ人
                  i l、   _ __    l:.lil{ミィ|:|´ /ノ'      ペナントレースするの。
                 レ  \   , イ|;.|;;|lY.L!从
                     `i゛  , /L!L!ゝ
                         l  /i/-‐‐丶       キャラクリできるゲームで、
                      ,,,,r'" 7i/: : : : i
                 r'": : : :〆: : : : : :i:       それぞれのキャラ作ってさ。
                  /::ヾ==v-─ 、: r─=-、〉
              /:::::::::\.:.:.:7  //   :l
                 /:::::::::::::::/:.:./ 〈   .:  l      スポンサーとかつけば面白いなぁ。
              /:::::::::::::::/ヽr'   }       !
                /:::::::::::::::/|: : |   /   ,. '"l
           ハ/7::::::::/ !: :.l.  イ   <.   !     って、スポンサーついたら、
          〈  〈 \/i  l: : l.  l       }
             ',.  Y:| i  レ'   i       /    ゲームの上手い子がスカウトされるかな?
           i、 l:.l l       〉     i 
           l:ヽ.ノ:〉 l       !     :l     VTuberとか関係なく。
          ∧/ : i i    /l      :.l
                                そういうe-スポーツもいいかもね。



         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\   あ、個人的にキャラクリできるプロ野球ゲームで、
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l   e-スポーツのペナントレースとか見たいですね。
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `
      |:::::|:´:|、_   /,\ :::i `    e-スポーツ専用のプロ野球ゲーム作ったりして?
      |:::::|:::::{´ ヽ.V,   ヽ|
       |:::::|:::::| ヽ /| 、   ゙.
       |:i|:|:::::|   |┴l ゝ 、_ ノ    γ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
       |:||:|::,i'l  .|._k   ヽ.     l そだねぇ
       || |ッ',__|:┴ ヽ、 ,/     ヽ、____ノ
      | |:{ lェrl|     |´



             、___ ,≧`ヽ∧,ィ
            _,>   . . .  '¨ ̄\    VTuberとしての特徴を生かすならば、
.             ,>-<__:.:)〃    <二 _,
       __,ィ' ´ ̄ ̄`` マ¨`ヽYW: . : . . . /   団体で行うTV番組系でさ、
    -=彡' ,ィ  ,ィ    Y′}} } : : : : : : `ゝ
.       イ/Aハ/‐ト、j    /||,j/|/): : :i`ゞ
       レ●´ ●)Y / / / j}|:|: ://:弋_   全体を見れる番組を主軸として、
       }丶     j/ノく イ| |:|  : : {`ー一
         −     ´そイ|:|:U:.| ,イ:人     VTuberそれぞれの自分のチャンネルで、
        \_     xケ|:!|:|ラ彳/ j/
           卞-イY´:.x≪ >イ从        個人VTuber視点の動画もアップすることで、
        r'r'゚ x≪し' ⌒\
       r'川/し'⌒,イし'⌒7         何倍も楽しめそう。
       ///ん'゚//}  W´
     xく/|」ノ/,イし'゚  |
    レ'/_」「/ /´}}    |           γ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
.     { / /《  |     |           l なるほど
      i / /  \.|   .{           ヽ、____ノ
      { /   、 |   i
      i      ヘ|   |
      |      :|   l:


                          _
                      / ̄:::::::::`ヽ     んー。姫路さんが、
                      /::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    //::::://!::::::::::::::::::lハ   これ見たいなーって
                      i:|::::::_LL!___!ii::::::l::i
                      /:::l::::::!●)  (●`!_::|:i    番組あります?
                  /:::::::i:::i    '    ,'::`::|
                     /:::::::::;i::!,゙:..、_ ^ .イ::::j::::i
                 /:/ ̄.|::! ヽv/´ 〉ヽ/:::::::.
                  _,-'"´ヽ ! .!::|V У /  |.ヽ:::ハ
           _,.. -<_    ゙:..| |::| .ヤ/  /   !/ V:ハ
〈\   _,.. -‐ '"     ` ‐-、_ ゙.!|::|,/  ,/!  |' ,/ ヾ、!
 \`ヽ.|             ,.ィ≦::|イ`゙='-ェ、._j/ ___\
  `ヽ-‐|      _,.   ,..:ィ´::::! /:/  ̄ ̄ ̄ ̄.〉.\     \
     ゝ  _,.-‐"    ,/:::;::::j/'"       !:::゙ト、`ヽ、    \
     く ヽイ      /::,イ/"ト、.__      ,!::::::|, ヽ、_ `ヽ    `メ__, -‐ァ
     ヽ      _,./:///゙ヽ、/_  ̄`゙¨¨¨´ヤ::::/     `ー、.  ,..イ._ っ
      `ー‐ ' "´ レ'"   /  /   ̄`゙¨¨¨¨´イ:/       ,.ィ'"


                    ,_   _
               、-ー'`Y <,___
            r-、 __≦ー`___ _二z<_      そだねぇ。
        /て ) > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
       ( _ノ  <之′Y´/        \    まずは「世界ふしぎ発見!」かな。
        ゝ、 〈 >{  ,' | 、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
       ./ ハ::::ヽ|.!.、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l   世界の「ゲーム」を紹介しつつ、
       /〃 ヘ::::ヽJ゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
        i !   \::::::゙i|゙i'(1 ,,,   ,  ,,, |     クイズ番組にするの。
       丶丶   _ >゙iTィ.,_   ―   _ノ
          ゝ'´-::、_::::::y-、::::::/ヽ7:::::::\     ミステリーハンターはミライアカリがいいなぁ。
        〈::::::::::::::::: ̄  う ´  ̄ ̄`i、::::::ヽ   
          `ー― ¬、__ノ      j >:::::/
               /      r'^ヽ'´:::/  
              ,′     `く__ノ
                        ショウカイ スル ゲーム ハ ケッシテ ケナサナイ コト ガ ダイジ


          _   _,
       ___,> Y´'ー-、
      _>z二_ ___`ー≧__      そうだ!
      >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
     /        ヽ `Y′之' ⌒ ヽ   電脳少女シロの「笑っていいとも!」が見たい。
.    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<つ イ
    l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |て_!,
    |ハ |(●) (●) / / ,/レ′'   /    お友達紹介で知らないVTuberが
      `|.xx ヽ  xxx 「)'/|//  /  i
      ヽ、_  ―  _,.ィT/   /   l   どんどん紹介されそう。
      , < ̄ヾヲ´  ̄  <´ 丶 ノノ
    ./ -ヽ |  `  ( ̄`ヽl ̄  )ノ ノ
    {  /⌒i ,r―て__ ィノ   ,彡      もちろん初回はキズナアイだね!
      ヽi__i  ノ)/    \ ヾ ̄
        ̄ /      ヽ ヽ         あ、ちょー見てえ!

            __    __
            \ ヽ/ ∠_
          <⌒\ /ヘ ≧    ……キズナアイが「お友達紹介」で
.        -=ニ¨ 匸>=<二}、`ー 、
        >'"´ ̄ ̄`\ \\  >  誰を紹介するかで、業界に激震が走りそうだけども。
.       /          ヽ. ヽ}i ハ
       /,  / /_|   \__ヽ.  ハ!  }|
      ,イ/  |:/|:∧ :|\{\ ! } i|  i|!    
    ノ八 .{ ---\l --- |厶ノ  八
        \| (●)  (●).ノr'}! /
          人''  __   '' ィT´!∨
          ` ァ┬=≦:ノj |! |
           〈xく矢¨¨ヽ|ノL!
          /Y ̄ ̄Y´|
          ,′}  ...::::| |
          / ノ   ::| │
           //  .::::::::| │

                 /⌒)}
                ,: :/
                 |: |   ___
                 |: |   「⌒ヽ
                 人  |:|  /⌒\
       厂~"''〜、、    ヽ\ |:|/:::/          ……おっと。残念ですが、
      ,「      `丶、_、‐''"~ ̄ ̄~"''〜、、}
       ||  ___   ):::/: : : : :/: : : )}: : : : : : `丶、     お時間です。
       ||   \_}  / : : : : : /: : : : /\ : \: : : : :\
       |l      /: : : : : : : /: : : /:i: : : : : : \: : : : :ヽ
       人 _人. : : : : : : : : : :_、‐''゛: : :|: : :i :|i : : : : : : : : : :.     お友達のご紹介。
        ) X (: : : : : : : : /: : : : : : :/|: : :| 八: : : :∨: : : : :∨
        rくヽ厂ー=''"~: : /i :(⌒\:/. |イ: :!(  \ : : : : : : |\,      \エーーーーー/
        K }}廻: : : {: : :/: |: :\_)  l: /  ⌒ ∨:|: : : : |
        ∨⌒ヽ: : 八::/: : |: : /___  j/  ,x=ミ、::|: : : /|   }          \ヤダーーーーー/
     /::/ゞnソ : : : \: :.| ,xf芹⌒     r(;;ハ )} : /: | ‖
.    /,ノ |/\: :{: : | : ヽ|{r:(;;;ハ       乂ツ ノ: /: /| ,′  
         〈_/{__ノ八 : | : :八.乂rツ       xxxxイ: :/:ノ /   気持ちはわかるよー。
      /   }::}}::}: : \: : : : \_xxx     ′   /777
     (__ }::}}::}: : : : \_: : (⌒    r  つ  ./ // /    
           }::}}::}: : \: : : : : :\        /..// /     
           }::}}::}\: : ): : :\ : : >=──‐r ´}/ // /
      へ _ }::}}::}  ): : : : : : \'⌒>(\  /   /
    {_r‐┐\^⌒  __)``〜、、: : : :\/ ̄~"''〜、 /__
   /  ヽ「\、/⌒丶 ゚*。 \( ̄ .{       \} /⌒)
  /      く人   ノ7   ゚ *o。。八__    ///}
            ⌒\__ 人_    〈 ̄ ̄ ̄ ̄⌒7 ./厂\
     rv-v-v-v-vヽ⌒)}⌒ヽ_   \      丶/
      ̄ ̄ ̄~"''〜、、 )_\_/⌒\(__\      ∨\_
     :: :: :: :: :: :: :: :: ::\ )_⌒ヽ < {{ {{.\     ∨⌒\)}
       :: :: :: :: :: :: :: :: \ )  }   ヽ   丶     ∨ :: :: \



                      , -―- 、        ,  ― 、
                       f      > 、    ,〃     ヽ   みんなありがとー♡
                      {           ヽ    /       }
                      人   ::::::ヽ   ヘ /   ,...:::    ;
                        ゝ       ヽ. ∨ , '"     ノ 
                           `, > ミ ヽ 〃 ,  -彡'    えっと、LINEでもOK?
                        ,..<:::, ィ<   _ `ミ 、:ヽ、
                        /::::,ィ 彡'"::::::::::::j:::::::::`:::<ヾ:::.、   γ´ ̄ ̄`ヽ
                         〃:::∠,ィ'::::::::::::::::::::::,'::::::::::::::::::::`ヾ.、ヘ   l はい♡
                      /:::::://':::::::::::::::::::::::::::j::::::::::::::゛::::::::::::ヽ::ヘ  ヽ、___ノ
                   /::::::/,'::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::}ハ:::::::::::::ヘ::ヘ
                  .::::::::{/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::;:::::::::::; }∨::::::::::::ヘ:ハ
                   ノ:::::::,'::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::/::::ノ:::ノ/ }::ハ:::::::::ヘ:::ト  いるかなー。
                 /,':::::::l:::::::::::::::::::::::::/::::ノ::://∠= Lハ::::::::::l::::} `
                    / ,'::::::::{::::::::::::/l >'ー彡 'ー" _ノ   /' ` }:::::::::}:::l ゛  
               / ,'::::::::::l::::::::::}゙l、,ィf芋ミ、       ,z=ミ、 }ハ::::::::l:::l ゛  
                / .,':::/:::::{::::::::{゛.イf ん:::ハ `       'ん:ハ ヾ' };:::::: }::ハ ゛
               ; /:::,':::::::{l::::ト::ヽ ゛弋_Z:ノ      い:::リ ノ`/::::::::}:l:::i ゛
              ,' /:: /::::::::{l:::::ト、ミゝ            `¨´  ノノ:::::::l}゛:ハ i
               {/::::/::::::::::{l:::::l:::`ヘ        '       7:::::::::::::l}:゛:::ヘ l
                 /l;::::,'::::::::::: {l:::::l:::::::::ヽ     r‐  、     ,イ:::::::::::::::l}::ヘ::::ヘ}
              〃{:::/::::::::::::::{l:::::l:,':::::::::::ヽ、   ー     ,.ィ::::::::::::::::l::::l}::::ヘ::ヘ.ト、
           ,ィ',イ::{/::::::::::::::::::{l::::l::::::::::::ノ } >    <ヽ::::::::l::::::::::}::::j::::::トヾ::トミ 、
          ,,'"/::::∧::::::::::::::::,_ヘ:::lィ≦´  {'   ` ´  `i   ` ¬ }:: ,':::::ハ ゙;ヾ::ヾヽ
            / /::::,イハ::::::::::,斗 { {l::{      l         }.      } ;::;' >ミ{ ,' ヾ::ハ ゛
         / /::::/ ,'::::::::;>'´  { { .ハヘ.     l        j.      j j:,'j     ヽ  ヾ、::. ゛
         ; /::: / ,':::::::/    ヘ‘,‘,ヽヘ   ‘,       ;       }':/.l     ヽ、゛ :::. }
          {'::: / ,':::::ノ      ヘ‘,ヘ ヾ、  ヘ         ,'       ,'ノ /       ヽ゛:::::}
         j::: /  ;::, '         ヽ゛゛   ゛.  ヘ____;     /'/ イ            ,_>、
       {::::;  l '         }ヽヾ 、    ヘ ニニニ./      /// l、         ,」::::::>へ
       {:::l /=:、       /} ヽヾ 、   ヘ    /     ,イ.ノ/ .l:::::>.. 、  (:::::::, '   \
       {::l,イ゙<::::゙=:::、  /l:::::l   ヽヾ、、  ヘ  ノ   ,. '/イ   l::::::::: } l><:::,/       \




/ ̄ー―‐ 、           
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ       
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___      ゴクリ……。
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'













::::::::::::::::::| |<,___   ただ、どの番組も、
::::::::::::::::::| |_二z<_
::::::::::::::::::| |~`'┴<   番組を構成するスタッフや司会者の技量に左右されそうね。
::::::::::::::::::| |     \
::::::::::::::::::| |.  ,.l  ,  ゙i       
::::::::::::::::::| |T ハT7} ィ,l 初期はVTuber以外から優秀な人を司会者に起用した方がいいかもね。
::::::::::::::::::| |)  (●)|ハ|
::::::::::::::::::| |  '   '''.ノ川 トラブルに慣れててスタッフがグダってもなんとかできちゃう人。
::::::::::::::::::| | - _, イ lレ゛
::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽ  杉田智和とかさ。  
::::::::::::::::::L,.!、! !_/     〉
:::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、ン ソッ
::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7
::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!
::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉
::::::::::::::::::| |ヽ、  /.::\                              それではまた。


.ノ(どっとはらい)

--------------------------------------------------------------------------------
姫路鹿之助 2018年10月14日

七里香雪亭 147 2018-09-22 09:35

September 22 [Sat], 2018, 9:36

                    _」ヽ   /|.
                >  ゙V´∠イz‐、_
               ../            <
.             /    ,ヘ  ´ ̄  ` ∨マ´
.            //    /  ´        `丶、
.           _,//    /             \
.          _,//   〃   /    {         ヽ
.          ,ノイ|   l′ .i  /   ∧   ヽ\ .     ハ
.           小  !  T ´厂 「`メ   \    }ヽ i   |
         从  |   |r坏テミリiイ/ / 「ノ `メ、  | | |      アイキャッチ
        ノハ  小  ! トr:::リ     rテi{∨/  / |/リ
            从 ヾ  '、. `ー'      ハr:リイ/__ノ/
.          /=イ| ゝ   ヽxx   __ ' `'´ ./  /
.           lニ:ハ小∧   \ 〈  ノ xx /_ ,ハ
.           lニニニニマ`\  ヽ  _ . イ/ニニヽリ
.           |二二二二ニニゞヽ<f ニニ/ニニニニヽ
.           {二ニニニニニ/∨二ニ/二二ニニ∨_____
         { /二二ニニ/   \ニ/二二二二∧二二二ニニヽ
           />'"´〃 ̄    //\二二二二二l二二二二ニニ∧
        /   //  /    //   ヽニ/二二二}二二二二二二}
        .   _//  /    //     [二二二/二二二二ニニ/
        { /:::::::\ :/  /:: \    }二二二/ニ二二二二二:
       八:::::::::::::: : .: /::::::::::::::ヽ   i二二:/二二二二二ニ{
         入::::::::::::::::l/::::::::::::::::::::::: ゚。 /二ニ/ \二二二二ニニ゚.
          ゝ:::::::::八:::::::::::::::::::::::::: ノニニ/二二ヽ二二二二二{
          | ¨¨≧o。:::::::::::::::::::イ二二/\二ニ=≧o。、二ニニ\
          |ニニ=ゝ<≧ 7二二二/   `寸二ニニニ=<二二}
              {二二二l   /二二二/二二二=\ニ=/ニニ゚,ニニ\_
          /}二二二|:  /二二 /ニニ{ニ{二ニニ/二二二ハ二二二}
        /二!二二二! :/二二ニ/\ニiニ/ニニ/二二ニニニ}二二二i
        /二二|二ニニニ| /二二二{ >‐=≦><二二二二ニ /二ニニ/
         ̄ ̄ ̄|二ニニ|/二二二/   /二二二二ニニニ////〈二/
   /       |二ニニ|二ニニ/   /               //////\
.  /       :!二ニニ{二ニ=/  /               /////////へ
  {        /二ニニ{二ニ/                 /////////////ヽ
  ヽ.     /二ニニ/ニニ/  /           ////><////////}
    ¨¨≦二\二二ニ/ニニ/  :/          /// /   `寸////,ノ
   乙二二  \二/二ニ/  :/            /// /       ¨¨¨¨
    / ――‐=  / ̄ ̄ i   ,′          /// /
    ¨¨  ゝ―/ __    | /         /////
           ゝ< |    ゝ        /////}
              | | | | /∧     ///////
              i_j|!/  ヽ     :{/,'///
.                し'     ¨¨¨¨¨¨  ̄



      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__    どーもども。私だ。
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>   
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    とある作品で気に入ったセリフ。
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/        「主観で私は今、最悪だ。 
     ヽ、_  ―  _,.ィT/       
       l 7Eニ::ィ1│          しかし客観で見ると私より下がいるらしい。」
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |     
   _(,,)    始まるよ   (,,)_
  /  |             .|  \      まぁー。そんなもんだろうね。
/    |_________|   \  




         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__     物語の悪役とかでさ、
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<     あの手この手を使って人間の内面を暴いて、
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ   「ほら見たことか。所詮人間なんて〜〜」って 
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l  
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|    言うやついるよね。
      ヾi∨|     ,   |´  
       ヽT、,_   σ _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`


       .  ' "´ ̄ ` : 、    あー。いますね。
      /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
     /:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.   「人間の本性なんてこんなもん。
.    l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|
    |:::|::::|(●) (●)|::::::|:::::|    だから人間に絶望した!」
    ´ |::::|   、     |_:::::|:::::|
      ´ iヽ、_ ‐-  _,.|:`:|:::::|   とか言ってるやつ。
.        |:::::|:::7 l/'  ゙1::::|:::::|
      |:::::|::イ./  ,ィ |:::::|:::::|
      |:::::|::i┴─:|  |::::|::|i:|    だいたい主人公あたりにほだされますけど。
       |;'i/:j|___|  l'i,:|::||:|
         / |┴─ |__,'ヾ| ||

          _   _,
       ___,> Y´'ー-、
      _>z二_ ___`ー≧__    私はさー。
      >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
     /        ヽ `Y′之>   人間って生き物は
.    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
    l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    「本性」+「うわべの仮面」で人間なんだと思う。
    |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′
      `|   ヽ    「)'/|/
      ヽ、_ へ _,.ィT/        本性だけみて「人間はこんなもん」って言ってるのは、
        /|| ̄ || 丶
.      / .,_|L_,」|__,  ',        ちょーっと違うかなって。
.      |  !     i  |
       i └ 、 , -┘ |        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      ゝ-― ' ー― '         l ほうほう?
       /  ^`   ヘ         ヽ、_____ノ
        /         \


            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__    天丼って食べ物はさ、
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>   天ぷらとごはんを合わせて「天丼」って
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))   呼ばれるわけさ。
    (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
      '、 `|   ヽ    「)'/|/ /
         \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/   
        < l 7Eニ::ィ1    〉
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /    
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       <         
         /    ヽ  \


              _   _,
           ___,> Y´'ー-、    「本性」だけ見て「所詮人間なんてー」って言うのはさ、
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    天丼から天ぷら取り除いて、
         /        ヽ `Y′之>
   (⌒'Z   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< r-^)  「天丼なんて正体はごはんの味しかしない」って
    ',  '(   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ /::::/
    \:::\ |ハ |(●) (●) / / ,/レ′:/    言ってるようなもん。
     \:::\ `|   ヽ    「)'/|//::,.イ
       ヽ:::ヽヽ、_  ―  _,.ィT::::::/    
        ヘ:::`l 7Eニ::ィ1::|::::::/     天丼から天ぷらとったらそれは天丼ではない。
         `ヽ:::'イ/ヽ::::'::::::/
           ` i´ ̄ `ヽ:::|        人間からうわべの仮面とったらそれは人間ではない。
            j|      Y  


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\     まあ、人間の本性を心が幼い時に知ってしまうと、
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l    「騙された!!」「裏切られた!!」って気分になって、
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `    拗らせてしまうんでしょうね。
      |:::::|:´:|、_   /,\ :::i `
      |:::::|:::::{´ ヽ.V,   ヽ|     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       |:::::|:::::| ヽ /| 、   ゙.     l 人間の本性を知って生き方を変える奴は、
       |:i|:|:::::|   |┴l ゝ 、_ ノ     l
       |:||:|::,i'l  .|._k   ヽ.     l 心が幼いってことだろうねぇ。
       || |ッ',__|:┴ ヽ、 ,/     ヽ、_________________ノ
      | |:{ lェrl|     |´


         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__   誰かの外面と全然違う内面を知っても、
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>  「まあ、それが人間だから」って受け入れられてこそ。
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    そして、それを知った上で楽しめてこそ大人よね。
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
     `|   ヽ    「)'/|/   .. γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     ヽ、_  ―  _,.ィT/      l 妙に受け入れられてもちょっと微妙な気分になりますが。
       / Eニ::ィ -、 |       ヽ、________________________ノ
      /::::;/ ヽ:::/:::/'::
     /:::/へ ヘ/::::/:::
     /:::::\ ヾミ::::/|:::        まあまあ。
    (;;;;/| \;;;;ノ/:::
       /    〈:::




      __≧ー\ソ<_
       >    x=ュ-──´─ - _       人間の本性なんて汚いものなんだよ。
    _≦   ,ュ彡"´           `丶   
    `フ   //               \ 
    /                        ヽ   それでも必死に外面作っているのは、
   ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '  
     / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :   穏便に仲良く暮らしたいっていう
      /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    |
     }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|   願いがあるからだ。
     jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八
     |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/ 
     八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/    それをわざわざ暴いて
       }: |!  八                 八
       レ个ーf }|丶      _    . '       勝手に絶望するのは無粋じゃないかね?
         / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、.._´    イ-――- 、
.        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、
        /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!     内外を受け入れて
     /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\
    /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ  楽しんだもん勝ちだと思わないかね?
  /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
.  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }





                             __    /{  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                            ⌒ァ 二_ー:′└- l 自分は内面外面あってOKだけど、
                           ,ィ彡ィ __  V ⌒ヽ.  l 
                      ヽ. __ 才,ィ /厶-‐;`‐rチ:、 ‘, l 他人は許さんとかとか。
                        ーァ /^{/  "⌒ `ヾ}/ ハ ヽ、_____________ノ
      .. -―… ‐- ..     ー=彡 ′   /     _ノハi  ', {  
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ     / / ‐大  /rt、  l  Y ト廴  そんなこと言ってると、
    /:::::〃::i::::i::::::::::i:::::ハ::::::::::::::.   /ィ  //-ハ / -v \j  i |/  7  
  /::::://::Ll::::|_l::_l::」::i|::::::::::::::i   { ∧ !T;:;T、 { T;::;:Ti ィトぐ i ′ マスコミになっちゃうぞ?
  i:::::从「ToT   ToTi|::::::::i:::::|  ヽハ {,, ー  \ ー,,/ ィノ ノ ∧{   
  |::::::::::},, ー    ー,, |::::::/: : |   八「`  (__,   , u厶ク_夭 { ヾ  
  レ1::〈     ′     i/:l:::::::|     ヽ>  _ ̄__ ..ィ7 ト>ミx
    |:::::j>  _^__ ..イ::::::l:::::::|       /L____/ ∧ `ヘ〉    `
    |:::::川  ∨/  `l:::::::l:::::::|      /:::√⌒⌒く::::ヽ





::::::::::::::::::| |<,___
::::::::::::::::::| |_二z<_      本性は欲望だらけの自分。
::::::::::::::::::| |~`'┴<
::::::::::::::::::| |     \    一日の終わりにすべての欲望を耐えきった自分を褒めてやろう。
::::::::::::::::::| |.  ,.l  ,  ゙i
::::::::::::::::::| |T ハT7} ィ,l    自己啓発本みたいな事かもしれないが、
::::::::::::::::::| |)  (●)|ハ|
::::::::::::::::::| |  '   '''.ノ川    そゆの大事だとおもう。
::::::::::::::::::| | - _, イ lレ゛
::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽ
::::::::::::::::::L,.!、! !_/     〉
:::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、ン ソッ
::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7
::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!
::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉 
::::::::::::::::::| |ヽ、  /.::\                               それではまた。




.ノ(どっとはらい)

--------------------------------------------------------------------------------
姫路鹿之助 2018年9月22日

七里香雪亭 146 2018-09-15 09:18

September 15 [Sat], 2018, 9:21

                         _ ‐'"´  ¨¨  ミミ_
                       /            ミ=-
                     / ィ              \
                    / イ/   /    l        \ ミ=-
                      / //  /  l  l   l    \ヘ
                     / / l  //   l l  l  l l  l ヘ 丶ミ
                       l レlフヘ lハ lヘ 7-=l_ l l ム l
                    l ハ ヽィf刋气 リ l .lイ斤気 l l  l   .l    アイキャッチ
                    | lヽヽ 从 込ツ   l/ 込ツソ  /ハ  l
                    liヽlヘ\\,,,,   、  ,,,, // / l ./l
                       ヘ ヘヘ   、‐-,  ///l/ .l/
                        l\.≧ .、_  _ .ィ ≦/l
                       /⌒'ll' ―'}    ヽ  |「 ̄ ヽ
                        ||   ̄\  /  ||    ',
                 |   \||            |:V   |
                 |   |> ''¨¨ニニl    /⌒ヽ.  |
                 |  /     ニ⊇ ./:::::::::::::::: |
                 | :/  _.::::―‐< /:::::::::::::::::::::::} |
                 / 〃   |:::::::::::::::::/{\::::::::::::::::::/  |
                      /   八_:::::::::: イ_厂 ≧=-‐ ' |  |
                |/    '.∧ ̄            l:   |
                |    / .∧          /   {
                |  /   .}         l,    ,
                   >彡   /          ||     '
                      /      }     ',、
                     ∠_                 `、  ,
                 / \`丶、           i〉  ′
                  /      \::::`::.、          |∧   ,
                  /        ∨ /:\           | ∧  ′
            /             ∨::/::::`::=-....,,_____j |  ,
             /                 ∨::::::::,>  '''¨¨¨ ̄', |   ′
                          /> ´        l |   ,
          /            //            | |
.         /             , ´ /              ∧ | n ヽ\
        /          /  /             / | |ノ \\l
         {          /¨ ̄/                  / ノ      ̄



      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <     どもどもどーも。私だ。
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<     キャベツのドロソースがけがおいしいこの頃です。
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/        鰹節けずりに塩をかけるだけとか、
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│          酒のツマミがどんどん質素に。
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   _(,,)    始まるよ   (,,)_
  /  |             .|  \  
/    |_________|   \




      __≧ー\ソ<_     
       >    x=ュ-──´─ -         昔の物語やら記録から見るに、
    _≦   ,ュ彡"´           `丶  
    `フ   //               \    「貴方が居てくれて本当に幸せ」
    /                        ヽ 
   ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '   「貴方が居れば本当に楽しい」
     / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :
      /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!     
     }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|
     jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八    そう言ってくれる女性を男性が 
     |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/
     八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/       欲しがっていたように見える。
       }: |!  八                 八   
       レ个ーf }|丶      _    . '        
         / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、.._´    イ-――- 、   
.        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、    今の男性が欲しがっているものって、
        /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!  
     /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\  昔と同じなのかな?
    /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ   
  /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
.  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }  
                                    



                    -─……─―-- ..、
                  ´.:::::-―.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   「※ただし自分好みの美女に限る」って
             /.:::::/.:::::::::::::::::::::::::.\::::::::::::::::::::::::::.
         .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::.   付くと思いますけどね。
.        /.::::::::::::/.::::/.:::::::::::::::::::i::::::::::::::::. ::::::::::::::::::::::
       /.::::::::::::/.::::::| ::::::::::::::::::: |::::l::::::::::::i::::::::::::::::::::::
        ,′:::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::::: |:: | ::: |::::|::::::::::i:::::::::::
.      :::::::::::::::: | :|:::::|:::::::::::::::::::::::l:: | ::: |::::|::::::::::|:::::::::::   今の男性が欲しがっているのも
       |:::::::::::::::: | :|:::::| :::::::::::::::::::-|:::|─:|ハ::::::::::::|:::::::::::
       |::::::::: i:::: |-l─|!‐ :::::::::::::::: |::」L:⊥:|:::::::::::|:::::::::::   同じでしょうね。タブン。
       |:::::/:::|:::: |八__jL.::: -─‐‐ 孑云气|:::::::::::|::::::::::: 
       |::::::::: |:::: |r孑う庁ト     弋●ノ |:::::::::::|:::::::::::
       |::::::::: l::::小 弋●ノ         |:::::::::::|:::::::::::    社会や男女間の関係の複雑さが 
       |::: !:::::|::::::ト、     、        |:::::::::::|:::::::::::
      ∨|/|::::::iヽ:.             |:::::::::::|:::::::::::    面倒になっているだけで。   
            |::::::::::人       __ _      ′::::::::|:::::::::::     
            |::::::::::V介::....        / i:::::::::::|:::::::::::     
            |::::::::::::::i:::::::::::>‐r-<ヘ.   l:::::::::::ト、:::::::   
            |:: |:::::::::|::::::::〈\_,|/  ,、\.l:::::::::::| ヽ
            |:八::::::::ヽ;;__>r"´  ̄ ̄ ̄} :::::::: |  
.         / ̄ \:::::::\\|.  ` ー─〈|:::::::::::|    
.       ∧      \::::::::ヽ|    、___,ノ|:::::::::::|        
.       {        \::::: |       .}|:::::::::::|
            丶       \:|    /し′:::::::::::|
.       |    \        |    }   .|:::::::::::|
.       |     \    リ     /    |:::::::::::|





                             __    /{      まあ、幸せにしたくとも、
                            ⌒ァ 二_ー:′└- 、     
                           ,ィ彡ィ __  V ⌒ヽ.  \   幸せにできる自信が
                      ヽ. __ 才,ィ /厶-‐;`‐rチ:、 ‘, ト 、  
                        ーァ /^{/  "⌒ `ヾ}/ ハ ヽ 無いってのもありそーですね。
      .. -―… ‐- ..     ー=彡 ′   /     _ノハi  ', {  
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ     / / ‐大  /rt、  l  Y ト廴`_γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    /:::::〃::i::::i::::::::::i:::::ハ::::::::::::::.   /ィ  //-ハ / -v \j  i |/  7 l 幸せの難易度も昔より
  /::::://::Ll::::|_l::_l::」::i|::::::::::::::i   { ∧ !T;:;T、 { T;::;:Ti ィトぐ i ′l  
  i:::::从「ToT   ToTi|::::::::i:::::|  ヽハ {,, ー  \ ー,,/ ィノ ノ ∧{  l 上がっているので、
  |::::::::::},, ー    ー,, |::::::/: : |   八「`  (__,   , u厶ク_夭 { ヾ l    
  レ1::〈     ′  u  i/:l:::::::|     ヽ>  _ ̄__ ..ィ7 ト>ミx   l 許してあげなさいな。
    |:::::j>  _^__ ..イ::::::l:::::::|       /L____/ ∧ `ヘ〉    ` ヽ、___________ノ
    |:::::川  ∨/  `l:::::::l:::::::|      /:::√⌒⌒く::::ヽ      
                                         そだね。





  |     . -‐=..:..::.:.:.- . 、
  |   / .:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:..\
  |  / . /: ..:. ..:.:.:. .:.: : .:.:.:.:.:.:.ヽ   あ、とある人が言ってましたが、
  | ′/.::′:/:.i:.:.:.:.:..:..  :.:... :. :. :∧
  |/..:.:′|.:.:/ .:.|:..i:.:.:.:.. :. :i:.:.:. :.:.:.. ハ   「俺は絶対に結婚しない!!」って決めた考え方と、
  | ..:.:|:.:.:i:./|:../|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.i:. :.i
  | :r┤:.:N丁:ト|_i|:.:.:.:.:.:.:.i|:.:.:}:.:.:.|:.:.:.:| 
  | :{ il .:.ir示ミ<廴___リ|: イ :.:.:|:.:i:|   「現実では絶対に無理と思うようなものすごい条件を
  |八.|..:.{ .゚●タ`   ,.≦zミ'{:.i:.:.:|:.:i:|
  |川.|..:.{ ゙¨´    '゚●..タ' :.i:.:.:.|:.ハ }     作って、その条件に達するならば結婚しようかな」
  | .:.イ .:l     '  ゙゜¨´ /,':.:._.:|:.:.:|′
  l ̄i!:. |\   _     人|:.:|:.:.:.|     っていう考え方では、気分が全然違うらしいですよ。
  |  |!:.:|ヾ、>  ,--r<:: ノ!:.: |´ `      
  l 小 :{ ヾ、 //  /.i ヽ|:..|
__j__ |:.:.:.i  lイ /   / ,'  / |:..|
 ̄ ̄| |:.:.:.! .У  / ' / i} :. |         後者の方が楽らしいです。   
    | |:.:.:.|/  ./  { ノ  j|:.:.:.|
    | j:.:.:.|   /´   爪  ||:.:.:.|
__|´:.:.:.:! /     ′ ,メ ||:.:.:|          後者の場合、
  |、 :.:.:.:|'/.    / / !.|:.:.:|
七二`Y:.:.:.|'_   _,イ/   j |:.:.:|          その条件を他人には言わない方が 
.とニ }:.:.:.:| ゙フ´/     j! |:.:.:.|
‘ーf 人``ー‐、/     /i :.:.:.:|          いいですけどね。
  「 ||    `ヽ    / | :.:.:.:!
  | ヽ||     ヽ  / ,' |:.:.:.|


            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__    まあ、今の時代の女性からしたら、
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>   男性に幸せにしてもらうじゃなくて、
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))   自分で幸せを掴むって考えが
    (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
      '、 `|   ヽ    「)'/|/ /      主流なんだろうけどね、
         \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/
        < l 7Eニ::ィ1    〉
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       <
         /    ヽ  \


              _   _,
           ___,> Y´'ー-、      男性も男性で、
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    「幸せになるために俺を利用するな!」って
         /        ヽ `Y′之>
   (⌒'Z   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< r-^)  女性に対して思っているのが主流なのかな?
    ',  '(   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ /::::/
    \:::\ |ハ |(●) (●) / / ,/レ′:/
     \:::\ `|   ヽ    「)'/|//::,.イ  それとも女性が自分で幸せを作ろうとしてるから、
       ヽ:::ヽヽ、_  ―  _,.ィT::::::/
        ヘ:::`l 7Eニ::ィ1::|::::::/      「じゃあ俺は要らないね。頑張ってね」って
         `ヽ:::'イ/ヽ::::'::::::/
           ` i´ ̄ `ヽ:::|         感じなのかな?
            j|      Y


          _   _,
       ___,> Y´'ー-、
      _>z二_ ___`ー≧__
      >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    いずれにしろ、
     /        ヽ `Y′之>
.    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<    どこかで考え方の大改革をしないと、
    l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
    |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′    結婚率の低下は止められないと思うね。
      `|   ヽ    「)'/|/
      ヽ、_ へ _,.ィT/
        /|| ̄ || 丶
.      / .,_|L_,」|__,  ',
.      |  !     i  |
       i └ 、 , -┘ |
      ゝ-― ' ー― '
       /  ^`   ヘ
        /         \





::::::::::::::::::| |<,___       
::::::::::::::::::| |_二z<_        ……反出生主義者の私からすれば、
::::::::::::::::::| |~`'┴<      
::::::::::::::::::| |     \      このまま結婚率や出産率はどんどん下がって欲しいけどね。
::::::::::::::::::| |.  ,.l  ,  ゙i   
::::::::::::::::::| |T ハT7} ィ,l  
::::::::::::::::::| |)  (●)|ハ|    
::::::::::::::::::| |  '   '''.ノ川    
::::::::::::::::::| | - _, イ lレ゛
::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽ
::::::::::::::::::L,.!、! !_/     〉
:::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、ン ソッ
::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7
::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!
::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉                              それではまた。
::::::::::::::::::| |ヽ、  /.::\


.ノ(どっとはらい)

--------------------------------------------------------------------------------
姫路鹿之助 2018年9月15日

七里香雪亭 145 2018-09-08 08:29

September 08 [Sat], 2018, 8:29

               .:-'", ̄:::::::´ ̄`ヽ、
             ./::::::/::::::l::、::::::::::::::::::::ヽ
            ,イ::::::::::/:::::l::l!、ヽ:::゙、:::::::ヽ::ヽ
           //:/:::::l::j!::::::|:::l!:|iヽ:::l:::::::i:::',:::゙i
          /::/,j:::::::|::||:::::::|:::|ヽハ|、:|::::::|:::i:|:::|
           /:::j'::|::::::::リ| !::_,.jト',,ィ'r_ミ::::::|:::|::l::|!       アイキャッチ
           メ、/::::|::::::ィr゙示   '弋ー'ノ|::::::||::|!:|:||
         /::::i!:レl´:.弋ト'ノ    ゙゙゛ j_::::」ー':Yリl
         l,-‐'L:」:::゙、 ゙゛ 、      |::::::|::::::::ヽ              ,-、
             j::::::::、  , 、    /!:::::|、:::::::::_:、       _,/   }
            /::::::/ ヽ、    .  ,〃!:::::|゙>'"´ `ヽ,-、_  _,/  _/
            /:::::/   !:::::`}、´  // !:::::| i   / .// ̄  _,<´
            /:::,:'   j:::_,.イ|!ヽ,/./   〉::::i !  / ./' , f、`ーイ 、ー、
          /:/   /'´ ,i! | V ./  / ゙、::l|  | / < ! `ゞ{  ゙、 !゙!.
        ..:'.::/    j  i !. V./   ,'   ゙、ヤ _y'   i  | /` ノ i |
       /:::/     ./ヽ .| ! У   /    ヽ,>'  ),ィ_,.ィ.ー"´-イィ' ヽ.
      ./::::/     /::::::V  l./    ,'    \_ノ<   \  ̄´   ヽ. ヽ
     /:::/     /:::::::::::::f  У   メ      |:::、     `ゝ-‐ュ、  ヽヽ
    /::::/    /::::::::::::::::|  」    |       ヽ::、        `ヽ、| ヽ
    /://   /::::::,、_r‐、::::〉イ `─-┴‐-------‐ヽ\:ヽ         ヽヽ
    '::://  /:::::/ ,ィヾ、 ト、_メミ─ニニ二二_二ニ─ニヤ::::::ヽ          ヽ
  /:ノ|::| /:::::::::::7 ´ ,イ、X´{7`「`==───="´  i:::i!::::\          ∧
  ://ル/:::::::::::::::::::7_ /`!ノ | ヽ__,、        _,..ィ|:::||:::|、〉 |\        ∧
    /::::::::::::::::::::::::::::`ー-'イ-/  ミー-モ、=ニニニニニ二-‐'" |::| !:|/ヽ| ヽ        ∧
   /::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::||/   |             j:l/ヽ ヽ  ヽ        ∧
  /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|/   /`ー-、__   _,-‐'"´  _/  |  \       ∧
  /::::::::::::::::::::::::::/ |::::::::::::::|'   ヽ_       ̄     _,.-‐" ヽ_!   \       \
 /-─=‐ヽ:::/ j::::::::::::::::|    /|`ー-ニ、___,-ァ'"     ゙|     \        \
          /::::::::::::::::|  / |          /        |      \        |
           ⌒   |/  l        /        |        \       |
              /   |       /          |         `ヽー──"
             /     |      /           |
           /       |    /             |
          /        |   /             |
         /         |  /              {
         /          |                  ヽ
        /          ゙、                  ゙l
       /           メ、                 ',



      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__    やあやあ。どーも。私だ。
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <   
    /        ヽ `Y′之>    士農工商の心構えとか、思いついた。
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |     士 己の精神と肉体を育てる
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′     農 己の愛情と資産を育てる
     `|    ヽ   「)'/|/        工 己の感性と技術を育てる
     ヽ、_  ―  _,.ィT/         商 己の胆力と生活を育てる
       l 7Eニ::ィ1│
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |        具体的な内容を考え始めたら、
   _(,,)    始まるよ   (,,)_
  /  |             .|  \     わちゃわちゃーっとしたので止めた。
/    |_________|   \





         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__     なんかさ。
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<     虫か魚か忘れたけど、
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ    群れ全体のオスやメスの数がどっちかに偏ると、
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|    性転換する生き物いたよね。
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`


       .  ' "´ ̄ ` : 、
      /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、     へあ?
     /:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
.    l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|     ……まあ、いたような気がします。
    |:::|::::|(●) (●)|::::::|:::::|
    ´ |::::|   、     |_:::::|:::::|
      ´ iヽ、_ ‐/ト、. _,.|:`:|:::::|     詳しくは知りませんが。
.        |:::::|:::7  \1::::|:::::|
      |:::::|::,〈    ヽ_::|:::::|
      |:::::|::i |∨    ゙〉::|i:|
       |;'i/:j|_.| ゝ-ニ、 ,/:|::||:|
         / |‐l  __,/イ:::| ||

       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<      あれってさ。
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i    どうやって群れ全体のオスメスの数を把握してるんだろ?
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|    虫だか魚だか忘れたけど、
     ゙i|゙i'(1    ,    |
     ゙iTィ.,_ ∩ /777ノ       数を数えられるほどの知性は無いとおもうし。
      │「(丶_//// l
      └l´::ヽ  / ¨

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__   それに知覚できる範囲がかなり狭いと思うのよね。
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>   虫でも魚でも。
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′     それが自分が住んでいる森だか湖だかの
     `|   ヽ    「)'/|/
     ヽ、_  ロ  _,.ィT/         全体数が把握できるってどういうことなんじゃろな。
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,:::人::':::::::::::::::::::::::::\    まあ、その虫だか魚だかがなんなのか分かりませんから、
        .::::{:;o),::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i゛´:|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l   なんとも言えませんが。
      |:::::|::::::|(≡) (≡)|::::|::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `     l 知りたいならネットで調べるけど
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|      ヽ、______________ノ
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|
       |:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|      ……あー。分かっても、なんとも言えませんね。
       |:||:|::,i'l  .|.__||,、i'|
       || |ッ',__|:┴─イヽ.


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\    虫とかなら、ホルモンとか
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l   特殊な臭いや波長とか
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `   そんなのがあるような気がしますけども。
      |:::::|:´:|、_  /ヤ:.ノ:::i `
      |:::::|:::::{´,/ .∧:|:::::|      γ´ ̄`ヽ
       |:::::|:::::|イ    ,/:|:::::|      l んー
       |:i|:|:::::|    /l'i:|:::::|      ヽ、__ノ
       |:||:|::,i'l、_,. ィ" j__||,、i'| 
       || |ッ'゙\   /‐イヽ.
      | |:::||  `iー   |ィ´


            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__    人間にもそういうのあるのかなぁ?
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <   
       /        ヽ `Y′之>    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<      l はー? 人間ですか?
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))    ヽ、__________ノ
    (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
      '、 `|   ヽ    「)'/|/ /
         \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/
        < l 7Eニ::ィ1    〉
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       <
         /    ヽ  \


      __≧ー\ソ<_
       >    x=ュ-──´─ - _        性別だけにかかわらず、
    _≦   ,ュ彡"´           `丶    
    `フ   //               \     
    /                        ヽ    地球全体の人間の状態を
   ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    ' 
     / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :   感じ取れるとしたら
      /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    | 
     }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|   どうなろうだろうかなって。
     jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八   
     |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/     
     八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/      人口が多すぎるって感じていたら、 
       }: |!  八                 八      
       レ个ーf }|丶      _    . '        精神や感情が減らすよう動いたりして。
         / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、.._´    イ-――- 、    
.        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、
        /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!
     /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\
    /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ
  /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
.  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }


                    -─……─―-- ..、
                  ´.:::::-―.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    感じ取れたら面白いですねぇ。
             /.:::::/.:::::::::::::::::::::::::.\::::::::::::::::::::::::::.    
         .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::.   
.        /.::::::::::::/.::::/.:::::::::::::::::::i::::::::::::::::. ::::::::::::::::::::::   まー。人間の場合は、  
       /.::::::::::::/.::::::| ::::::::::::::::::: |::::l::::::::::::i::::::::::::::::::::::
        ,′:::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::::: |:: | ::: |::::|::::::::::i:::::::::::   ネットや報道機関で  
.      :::::::::::::::: | :|:::::|:::::::::::::::::::::::l:: | ::: |::::|::::::::::|:::::::::::
       |:::::::::::::::: | :|:::::| :::::::::::::::::::-|:::|─:|ハ::::::::::::|:::::::::::   他国を知る程度ですからねぇ。
       |::::::::: i:::: |-l─|!‐ :::::::::::::::: |::」L:⊥:|:::::::::::|:::::::::::
       |:::::/:::|:::: |八__jL.::: -─‐‐ 孑云气|:::::::::::|:::::::::::
       |::::::::: |:::: |r孑う庁ト     弋●ノ |:::::::::::|:::::::::::
       |::::::::: l::::小 弋●ノ         |:::::::::::|:::::::::::   人口が多すぎるってのも、
       |::: !:::::|::::::ト、     、        |:::::::::::|:::::::::::
      ∨|/|::::::iヽ:.             |:::::::::::|:::::::::::   情報で知ってるくらいで、
            |::::::::::人       __ _      ′::::::::|:::::::::::
            |::::::::::V介::....        / i:::::::::::|:::::::::::   実感はあまり。。。。
            |::::::::::::::i:::::::::::>‐r-<ヘ.   l:::::::::::ト、:::::::
            |:: |:::::::::|::::::::〈\_,|/  ,、\.l:::::::::::| ヽ
            |:八::::::::ヽ;;__>r"´  ̄ ̄ ̄} :::::::: |
.         / ̄ \:::::::\\|.  ` ー─〈|:::::::::::|
.       ∧      \::::::::ヽ|    、___,ノ|:::::::::::|
.       {        \::::: |       .}|:::::::::::|
            丶       \:|    /し′:::::::::::|
.       |    \        |    }   .|:::::::::::|
.       |     \    リ     /    |:::::::::::|


             _   _,
          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__   東京で働いてごらん。
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>   人が多すぎるって思うぜよ。
.       /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ )    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       |ハ | (●)  (●)/ / ,/レ′      l そりゃ、感じ取ってるんじゃなくて、
         `|   ヽ    「)'/|/        l 
         ヽ、_  ‐-  _,.ィT/         l 現地での実体験でしょうに
           l 7Eニ::ィ::/ /:::ー...、∩     ヽ、______________ノ
          /     ヽレ:::::::::::::::::::| |- /}、
           /      `、;;;..-.,,_ 丿},ノ / ノ    ああ。そうか。
            /        l:::/⊂ニ  '"  ニ⊃
        /        ノ′   `' ='''"´
         /         {

             _   _,
          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    感じ取れるとしたら、
        /        ヽ `Y′之>
.       /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<    暴力的には戦争で。
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
       |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′    非暴力的には、出生率を下げる行動で、
         `|  ヽ     「)'/|/
         ヽ、_ ― _,.ィT/        数を減らすとは思わないかね?
.            /|| ̄ || 丶
            / .,_|L_,」|__,  ',
            |  !     i  |
            i  l     |  l
           l  l      |  l
           l  l  ,,.  l  l
          ∧_j  ,,,,_,,  l_.丿
         /            \

         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\    ん〜〜〜〜〜。
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|:::|   戦争や少子高齢化が
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `    人口の多さを感じ取った結果とは、
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|
       |:::::|:::::| ヽ. // r─┐    ちょっと思えないですねぇ。
       |:i|:|:::::|  ̄ ̄7~ア茶_}、
       |:||:|::,i'l    /三゙一メ;}|
     !| |.゙::j ト-、/┴─イ、~ /



                             __    /{       感じ取れると考えた方が、
                            ⌒ァ 二_ー:′└- 、     
                           ,ィ彡ィ __  V ⌒ヽ.  \    ロマンがあって良いと
                      ヽ. __ 才,ィ /厶-‐;`‐rチ:、 ‘, ト 、  
                        ーァ /^{/  "⌒ `ヾ}/ ハ ヽ \ 思わないかね?
      .. -―… ‐- ..     ー=彡 ′   /     _ノハi  ', {  
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ     / / ‐大  /rt、  l  Y ト廴`_フ  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    /:::::〃::i::::i::::::::::i:::::ハ::::::::::::::.   /ィ  //-ハ / -v \j  i |/  7    l またロマンか
  /::::://::Ll::::|_l::_l::」::i|::::::::::::::i   { ∧ !T;:;T、 { T;::;:Ti ィトぐ i ′    ヽ、_____ノ
  i:::::从「ToT   ToTi|::::::::i:::::|  ヽハ {,, ー  \ ー,,/ ィノ ノ ∧{   
  |::::::::::},, ー    ー,, |::::::/: : |   八「`  (__,   ,  厶ク_夭 { ヾ   戦争も少子高齢化も
  レ1::〈     ′  u  i/:l:::::::|     ヽ>  _ ̄__ ..ィ7 ト>ミx
    |:::::j>  _^__ ..イ::::::l:::::::|       /L____/ ∧ `ヘ〉    `   「実は!!」みたいな。
    |:::::川  ∨/  `l:::::::l:::::::|      /:::√⌒⌒く::::ヽ
                                           γ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                           l はいはい
                                           ヽ、____ノ



::::::::::::::::::| |<,___
::::::::::::::::::| |_二z<_       っは! 感じ取れる力の誤作動が
::::::::::::::::::| |~`'┴<
::::::::::::::::::| |     \     幽霊や怪奇現象の正体なのでは!
::::::::::::::::::| |.  ,.l  ,  ゙i
::::::::::::::::::| |T ハT7} ィ,l    オカルト成分も発生!!
::::::::::::::::::| |)  (●)|ハ|
::::::::::::::::::| |  '   '''.ノ川
::::::::::::::::::| | - _, イ lレ゛
::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽ
::::::::::::::::::L,.!、! !_/     〉
:::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、ン ソッ
::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7
::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!
::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉                              それではまた。
::::::::::::::::::| |ヽ、  /.::\


.ノ(どっとはらい)

--------------------------------------------------------------------------------
姫路鹿之助 2018年9月8日

うりゃうりゃ録 83 2018-09-01 06:53

September 01 [Sat], 2018, 6:54

      __≧ー\ソ<_         登録しているとある派遣会社から、
       >    x=ュ-──´─ - _
    _≦   ,ュ彡"´           `丶   アンケートメールが来た。
    `フ   //               \
    /                        ヽ 
   ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '   時間もあったので、
     / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :
      /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!       適当に答えようかなーって思ったが、 
     }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|
     jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八  「抽選で●名様に●●プレゼント!」 
     |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/
     八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/     というキャンペーン付きだった。
       }: |!  八                 八 
       レ个ーf }|丶      _    . '        
         / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、.._´    イ-――- 、    当たってしまったら面倒なので、
.        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、
        /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!    アンケートには答えないことにした。
     /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\
    /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ   
  /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、   
.  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }  
                                    
P R
2018年11月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:姫路鹿之助
読者になる
もう、あれだ。 万物の価値観なんて萌えるか萌えないかで判断すればいいんだ。
最新コメント