元気です♪

November 26 [Mon], 2018, 22:50
更新もされず
みなさんには、心配もかけておりましたが
めっちゃ元気ですよ〜

添乗員さんに飛んでくれと頼まれれば
水たまりでズボンを濡らしながら、何度も飛ぶ50半ばのおっちゃん
急こう配の狭い山道
バスで登れと言われれば登ります(笑)
海辺の狭い道も走ります
超有名店、三連休で長い行列にも並びます
店内は動けないほどの人込みです(汗)
仕事の合間に、添乗乗務員しか入れない場所でのひと時
頑張って一日が終わって
たまに、何とも言えないような景色に出会えたりおんちゃんは、頑張っております
昨夜、長崎から帰ってきましたが
明日も大渋滞覚悟で京都に))突撃ですwww
龍馬と、ちゃうでぇ〜って感じですwww

そろそろ平野部か・・・

October 12 [Fri], 2018, 14:37
2018 10月8日 さめうら
水位(329.37〜329.36)

前日は、深夜2時過ぎに起きて大阪に出張
会社に帰りバスの洗車清掃を終わらせ、帰宅したのは23時前だった

この日、8日は一般的には3連休の最後の日になる
昼の間は、多数のバスボートが入っているので
夕マズメ狙いに的を絞って釣りに出る事にした
しかし、この日と言うか・・・
正確には日が変わるのので9日になるのだが
深夜0時過ぎには、日帰りの福井の仕事があるので
釣りが出来る時間は、ほんの僅か・・・
日帰りの大阪と、日帰りの福井の間の休日・・・
休日とは言わん(笑)

そんな感じで、8日の昼間は家でゴロゴロして
夕方16時からの釣り
しかも、楽なポイントで
お気楽な短時間の釣り
そこまで無理して行くような状況でも無いんだが
それでも満水は満水だし、その間に竿を出したかった釣り始めると、直ぐに浮子に反応はあったが・・・
いかにもイダって感じのサワリ・・・
案の定、直ぐに正体を現したイダ(笑)
その後も、タナを上から順に探っていくが
ジャミの反応しか出ない・・・
暗くなって、ちょっとだけナイター浮子を使ってみた
やっぱり、ジャミ(小イダ)の反応しか出ない・・・ほんとは、もっとやりたかったが・・・
この後、深夜0時過ぎに出勤なので20時で諦める事にした
帰って、少しでも仮眠をしなければ・・・
なんとも中途半端な釣りでした

たった4時間ほどの釣りでしたが
早明浦は、もう終わったと実感できた釣りでもあった(笑)
いえ、まだ粘れば、一枚が出る日もあるとは思いますが・・・
かなり厳しいでしょうね
そろそろワタシも、平野部の川に降りて遊ぶ時期が来たかな(笑)

『あぁ〜勿体ない』

October 06 [Sat], 2018, 15:15
さすがは、早明浦ダム
ダム湖上流では、かなりの雨量だが
完璧に、水位をコントロールされてます

ライトアップされた、全問放流は綺麗ですでもね・・・
でもね・・・
落ちる大量の水を見てると
『あぁ〜勿体ない』と、ついつい思ってしまうのが釣り人ですよねwww
『あぁ〜勿体ない』www

何の為に・・・

October 02 [Tue], 2018, 10:49
2018 9月28日〜10月2日 さめうら下見
(水位326台〜333台〜331台)

はい、釣りには行ってません
9月28日
またもや、台風が来てると不謹慎なヤツは草刈りに出動
30日に台風は来る予想だが、29日から降り始めるとの事
大増水しても、もはや突っ込んで来るような時期でも無いし
何より、台風後には仕事が続くので釣りには行けないのである

ならば何の為に草刈りをする・・・
ワタシも、そう思うのだが
ひょっとしたら、ちょっとだけでも釣りが出来るかも?
何の根拠も無くそう思って見たり・・・
増水するかもと思えば、何故だか草刈りをしなければ・・・と思ってしまうのである
水が増えれば、寄って来る魚と同じように
増えるかもと思ったら、草刈りにでる、これはもはや本能とも言うべきでしょう(笑)

そんな感じで
草刈りの用意をして、遊歩道を降りようとした時である
知り合いの、同世代に近い議員さんが軽トラでやってきた
ワタシの恰好を見て
「ありゃ?武内君、草刈りするがぁ?」と聞く
ワタシは「釣りをするのに、遊歩道の辺りを刈りに」と答える
この答え方が悪かった
真面目な議員さん
「僕も、遊歩道を刈りに来たがよ
そりゃ〜良かった、二人で刈ったら、ちょっこり済まぁ〜」
と喜んで言ってきた・・・
あぁ〜不味い事になりました
ワタシは、自分が釣りをする周辺だけを刈るつもりだったのに・・・
議員さんの喜んでる顔を見たら、今更そんな事は言えなくなり
仕方なく二手に分かれて、増水しても浸かる事も無い遊歩道の草刈りを
この画像では、左に階段があり、右奥に遊歩道が続くが・・・
いえいえ、居の位置まで既に100メートル以上草刈りをして進んで来てます草刈り機に燃料が無くなれば、追加をし
竹が邪魔になれば、竹用のノコギリで竹を切り
階段は、丁寧に手鎌を使って刈って行く・・・
この日は、もちろん仕事で、休憩時間での作業
運が良いのか?悪いのか?この日に限って6時間も間に時間がある

増水すれば、ここでと思うポイントは他よりも丁寧に仕上げていく
地面を這うように張り付いた葛も、剥がすように手鎌で刈り込む
これが、けっこうキツイ仕事だ・・・
ほんと本職が何だが分からんぞ(笑)この後、数ヵ所、急こう配のポイントに穴を開けたが
それまでの作業で体力を消耗し過ぎたので、肝心のポイント作りが雑になったのが残念だった・・・
そりゃ〜5時間ブッ続けで草刈り機を振り回してたら、体力も底を尽きますよね(笑)

お陰様で30日は、大雨となり順調に増水した
30日は、休みだったが
さすがに台風真っただ中では、ワタシでも無理(笑)
次の日が休みだったらねぇ〜
なかなか、思い道理にいかないのが人生か(爆)

先にも書いたように10月1日は仕事でした
仕事なのに、居ても立っても居られないので
出勤前の5時半からダム湖に偵察に・・・
春から初夏ならば、増水したら突っ込んで来るスロープ
ん〜やっぱ、この季節は厳しいですね
見事にもぬけの殻でした
ある意味、これで安心して仕事が出来ますがwww

本日10月2日も、もちろん仕事
しかし、釣りをやろうと思えば、2時間位は出来る・・・
そこで、さっき行ってみたんですが・・・
水位が微妙な高さになって、しかも風向きで浮きオダが作ったポイントを埋め尽くしていた
これは、これで良い状況なのだが・・・
これから釣りが出来る状態にするには、かなり時間が必要だ
それをやってると、釣りをする時間がない・・・
諦めるしかない・・・
あちこちと見て回るが、どこともすんなりと釣りが出来るような感じじゃない
キレイに刈り込んでた遊歩道も、オダで埋め尽くされていた
これをキレイにしてあげる・・・そんな優しさは、私には無い(爆)草刈りに、偵察・・・
釣りもできないのに・・・ほんと何をやってるんだか(笑)
草刈り機に3回の燃料補給・・・慈善事業にもほどがある(爆)

プロのお姉さん続編

September 27 [Thu], 2018, 21:37
2018 9月15日〜16日 さめうら
水位(329.32〜329.05)

またまた記事を書くのが遅れました
すんません

この前の釣りの続きです
前回の釣りで、さんざんプロのお姉さんに弄ばれ(もてあさばれ)ましたが・・・
アホですから、また挑戦してみたんですよね
前回は、7時頃〜22時半までやってダメでした
今回は、16時前に釣り始めて徹夜で挑む覚悟((

15時過ぎにポイントに着いて
それから様子を見ていると、まだ群れは居た
が・・・どうも美べらの群れは少なくなってるような・・・
ほとんど浮いてるのは、尺前後の古代魚タイプ・・・
まっ、数居れば、喰うって事でも無い
少なくても居るのは居る
それを狙って釣ってみましょう

春先から初夏ならば、絶対に喰って来そうな水色
が、この時期になると、ヘラブナは赤潮の下に入って来ない場合が多い
で、やっぱり赤潮の下に入らないんですよねぇ〜条件としては、最高の部類だと思うんですけどねぇ〜
寄りません
ほんと寄って来ません
釣れません
ほんと釣れません
アタリません
ほんと、全くサワリません(笑)

夕方までに、たまにイダが釣れる程度
イダを釣り上げると、浮子に反応が全くでなくなる・・・
とにかく浮子が動かない・・・
小さなイダが釣れて、それをエサにブラックバスが釣れる(笑)
ガリベラならぬ、ガリバスですwww
ガリバスの尺半上www
アタリが無い時間帯が続く中
辛抱強く、粘ってみる
そして浮子は、ナイター浮子に
20時ごろだったかな
モジリが出始めた
ほとんどが、それほど良いサイズでは無いように感じたが
時折、これはって感じのモジリもあった
そして、やっと釣れるのは、やっぱり古代魚タイプのガリベラ
しかも、サイズは尺前後・・・
そして1枚釣るとアタリもモジリも消える
暫くすると、突然に釣れたりする
もちろん尺前後のガリベラ
釣り上げると、また静寂が続くのである
全般的に、とにかく浮子に反応が少なすぎる
深夜0時前後、その頃に数枚釣れた・・・ガリベラが
はぁ〜良いモジリも、さっぱり消えたなぁ〜
それでも、もしやもしやを思い
ひたすら、湖面にエサを打ち込む
気が付けば、なんとなく周りが明るくなってきたように感じる・・・
釣れもしないのに、朝までやり通した

夜はダメだったが・・・
朝の地合いは、どうだ
やはりダメだった
それでも11時前後の地合いは・・・
やはりダメ
もう身も心もズタズタ(笑)
結局、粘りに粘って昼の13時・・・もう限界))

お凸だったけど
納得しました
やっぱり、どう頑張ってもプロのお姉さんには敵いません(笑)
今回も、ほんの約21時間ほど弄ばれました(笑)

増水して・・・(釣行3回分)

September 14 [Fri], 2018, 0:16
2018 9月5日 さめうら
水位(325.50〜325.42)

前日は台風21号を警戒し、仕事は午前中は待機となった
が・・・こちらは何も影響が無く
雨も小雨程度だった・・・

前回の釣行から、水位は1m程下がっていて
それが、1m戻ったという程度の小雨だった
もちろん、魚が突っ込んで来るような状況では無いな・・・

それでも、増水が無くても
可能性がありそうなポイントに入って5時過ぎから釣り開始
一発狙いのポイント
まっ、お凸は覚悟の上でやったんだが・・・恐ろしい程アタリが出ない
たまにサワリは出るが、明らかにジャミの弱弱しいサワリのみ・・・

やっと力強いアタリが出たのは、17時半前
あ〜あ、である(笑)この日、結局19時前、見えなくなるまでやって
釣れたのは、画像の1本だけ(爆)
毎年の事だが、秋の早明浦は、まっこと釣れんwww


9月6日〜7日まで
色んな国の外人さん達と、一泊二日で県内を回る仕事だった

9月8日の土曜日は
郡部から、市内の方に送り迎えの仕事

9月9日は、日帰りの京都
仕事的には、あいにくの大雨で高速道路も一部が通行止め
徳島の池田までは往復曲がりくねった一般道を使っての890キロの運転
早朝4時に起きて、家に帰ったのは23時頃
寝たのは0時を回っていた


2018 9月10日 さめうら
水位(329.05〜329.20)

朝起きるのがツライ
長距離運転の疲れで、腰は痛いし、とってもダルダル
それでも・・・それでも、起き上がるでしょ((
根性で、4時半にベッドから這い出る))

4メートルの増水
ほんとは、もっと一気に7〜8メートルは上がって欲しかったが・・・
流入量は、多い時で750m3/s(りっぽうメートルまいびょう)を超えていたが
さすが、早明浦、これ位の流入量は何とも無い
ダムを、やってる人には分かると思うけど
この流入量は、そこそこ凄い値なんですが・・・

疲れてボロボロになってるが5時前に起き
浅場に突っ込んで来てる魚を探しに出たが・・・
先にも書いたが、さすが早明浦
あれだけ水が入ったのに、上流でもこの透明度スロープなども、見て回るが魚は皆無
何も居ないのが丸見え
水深3メートル以上下まで、魚が寄ってないのが見えます
スロープは諦めて、魚が突っ込んできた場合
良く通りそして止まる、沈んだ木の周辺で待ちの釣りをすることに
まずは、午前中のゴールデンタイム11時前後に突っ込んで来る魚を待ち伏せする作戦そして
待ち合わせの時間になっても彼女は現れず・・・見事にフラれる
仕方なく、作戦を変えて竿を伸ばしてみたり
タナを深くしてみたり・・・
深くすると、お決まりのニゴイは釣れる
そして、小さい小さい「若イダ」がイレパクになる
大きな泡付けは、ニゴイ
そして、小さなプツプツとした泡付けはイダ・・・
泡付けが止みません
ヘラブナが寄って来たら、それも止まるだろうと我慢してやったが・・・
浮子見えなくなる19時前で、小さなプツプツが止まる事はなかったが・・・
そんな中、原始時代からシーラカンスと共に生きてきたようなヤツが2枚釣れたこれが限界でした
自分的には、これでも釣れたのは奇跡だと感じた日でした(笑)

9月11日、ほんとは連休だったのだが
急な貸し切りが入って
県道から、10キロちょっと山奥に入った所を走る仕事
行ったり来たりの仕事内容だったが、夕方18時過ぎには終わった
山の中、久々にハンドルを切りまわった気がする(笑)

2018 9月12日 さめうら
水位(329.43〜329.40)

前日に母上から、また水が出なくなったと泣きの電話があった
そんなの、ほっといて早く釣りに行きたかったが・・・
まぁ〜仕方無い
何度も、書くが、ワタシは疲れているんですよ
それでも、早く釣りに行きたいので6時前に起きて、母上の家の水を見に行く
最近の大雨で、パイプが外れたか谷が埋まったか
山の谷に入り、元を見てみるが異常無し
パイプを追いかけて見るが、どこも異常がない
母上の家に行って、寝てる母上を起こし様子を聞いてみると・・・
なんと、前日に義理の兄が来て、直してくれたそうだ
それなら、それではよ言え(笑)

用事も終わったので、速攻で気になってるポイントに向かう
ポイントに着くと
おぉ〜〜〜
めっちゃ居る〜
画像を編集して、見えるようにはしたが、分かり辛いですねワンドの下流から上流に、いくつものへら玉が浮いてます
かなりの数が入っています

さて、ここからが問題です
最近は、ここでやってないし
通常の水位より、かなり高いので
木々が生い茂り、普通には入れません

慎重に、入るポイントを選びます
そして、獣のようにヤブを切り進みます
そして入ったポイントは、ここですが・・・
足場の悪い急こう配を、大きな雑木や、バラを切って降りてきてます
おかげさまで、両腕は切り傷すり傷だらけ
釣りを始める前から、血だらけになりました(爆)釣り出して1時間ほどした時だったでしょうか
下流側から一個隊の群れが、浮子の方に泳いで来て一瞬だけ止まった
直ぐに、通過して行きましたが
これは、脈ありだと思いました
この時期になると、浮いて漂ってるヘラブナは釣れない時が多いけど
これなら釣れると思った
さめうらでは、浮いてる釣れない群れを『プロのお姉さん』と呼んでますが
これは、素人さんだと思った

その内に、浮子の下が真っ黒くなるほどの魚影が溜まる事を想像しながら釣り込む
この日、ブラックバスの大会もあったようで
このワンドにも、何艇ものボートが入ってきたが
本湖から入って来た場合
ボートからワタシが釣ってるのが見えない
おかげで、目の前をボートが走ったり
しまいには、浮子をルアーで釣られる始末
イライラする状況だが、負けてたまるかと我慢、我慢で釣りに集中する

時間を掛けて
じっくりやってれば、いつかは喰って来るだろうと高をくくっていたが・・・
一向に、魚が寄って来ない
何度か、高い位置に登って確認してみたが
群れは、少し離れて浮いてはいる・・・
ん〜やっぱり『プロのお姉さん』でしょうか
よその釣り場でも、この状況はあるようで
こうなると、諦めて帰る釣り人も多いと聞きます
たぶん、それは正しい選択でしょうね
アホなワタシは、7時頃から釣りを始め
ナイターなら釣れるかもと思い22時半まで・・・
はぁ〜ほんと疲れた(笑)
なんか、情けない大人ですね
疲れた、疲れたばかり言って・・・
なら、家でゆっくり寝てろって話しですよね(笑)

今回も、全身ボロボロになって釣りしてましたが
体の傷は、飯食って寝たら治りますが
増水に期待して、それほどでも無かった事にガッカリし
浮いたヘラブナを見つけ、イレパクを期待し、お凸だったショック
心へのダメージが大きすぎる(爆)

と、こんな具合に仕事と釣りが重なってたので
ブログを書く余裕がありませんでした
かなり充実した日々を送ってます(爆)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:やっちん
  • 現住所:高知県
  • 趣味:
    ・アウトドア-とくに釣り
    ・旅行-趣味というか仕事かな(笑)
    ・自動車-これも仕事かな(笑)
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

■やっちんのHP■
サーカス・ハート
2018年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新コメント
やっちん
» 元気です♪ (2018年12月11日)
やっちん
» 元気です♪ (2018年12月11日)
やっちん
» 元気です♪ (2018年12月11日)
へらの一本釣り
» 元気です♪ (2018年12月11日)
古天峰
» 元気です♪ (2018年12月02日)
うどんの尻尾
» 元気です♪ (2018年11月29日)
やっちん
» 元気です♪ (2018年11月27日)
やっちん
» 元気です♪ (2018年11月27日)
やっちん
» 元気です♪ (2018年11月27日)
へらの一本釣り
» 元気です♪ (2018年11月27日)
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/yacchinlog/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる